瞑想中に思考が逸れるのを防ぐ方法

· 2018年12月17日

瞑想は、自分とつながりを持ち、感じているものに意識して、思考を探索する素晴らしい機会を与えてくれます。しかし、瞑想中に思考がふらついてしまうことを防ぐのは簡単ではありません。鍛錬と正しい技術を必要とします。

多くの人は、瞑想が自分には合わない、何をしても思考を止めることはできない、と思っています。自分はリラックスできない人間なんだ、とまで思っている人もいます。だから、瞑想は考えることを止めさせるわけでも、頭を真っ白にするわけでもない、ということを理解しておく必要があります。

瞑想中に思考がとめどなく流れてきても、心配ご無用です!人間の精神は活発な機械のように動いているため、それは全く当たり前の反応です。人間は、一日に6万~8万個の異なる考えを持つと言われています。だから、この数字を見れば思考プロセスを無効化するのは簡単ではないと考えるのは理にかなっています。

瞑想が教えてくれるのは、思考に固執しないこと、そしてその思考と逃避しないようにすることです。瞑想によって、思考と共にあらわれる物語や感情には流されずに、思考が現れたり消えたりするのを可能にします。こういった理由で、瞑想中に精神が思考でいっぱいにならないようにする方法を学ぶことはこの鍛錬のカギとなります。

「瞑想は、失われた部分を改めて知ることだ。」

-ラッセル・シモンズ-

 

瞑想中に精神がさまよってしまわないための使えるコツをご紹介します。

1.呼吸する

集中するという課題は、精神にとってかなりのものです。呼吸エクササイズは、精神を集中させるのに適した方法です。体がリラックスするのを手伝ってくれます。

深呼吸

このテクニックを使うためには、息を吐いて吸う間にただ数を数えればいいだけです。例えば、1から100まで数えてみてください。もし気が散ってきて、カウントを忘れてしまったら、落ちきましょう。問題ありません。自分に厳しくなりすぎず、もう一度始めから行えばいいだけです。

2.形を書いたり想像する

呼吸エクササイズ(吸って、吐いて、息を止める)を行う間に、想像の中で三角形を書いてみてください。三角でなくてはいけないこともないので、四角でも構いません。好きな形を選んでください。

自分の近くにある物体に注目することも役立ちます。そうすることで、集中しやすくなります。ろうそくをつけて、火の形に集中してみてください。

3.ガイド付き瞑想を実践

瞑想に関しては、正解も不正解もありません。静かな瞑想もいいですが、ガイド付きの瞑想でも構いません。誰かに思い浮かべるべきことを指示してもらうと、聞こえる言葉に精神が集中します。言われたものを心に思い描くことに気が集中するため、気が散ることがありません。

ガイド付き瞑想用の教材にはたくさんの種類があります。様々なビデオやオーディオを試して、一番気に入ったものを使いましょう。多くはネット上で無料で見つけられます。色々見てみて、楽しめるものを選んでください。

4.自分の思考を受け入れる

静かな瞑想を行うとき、思考を押しやろうとすることなくそれを受け入れてください。何も考えないように頑張りすぎてしまうと、より考えてしまうようになります。思考を受け入れることで、より自由を感じます。自分が持っている思考が気に入らなければ、それを精神の中で心地よいイメージに変えてしまいましょう。

「反抗すれば、しつこく残る。」

-カール・グスタフ・ユング-

例えば、自分の精神は青い空で、思考は空にかかる雲だとイメージします。あるいは、精神が川で思考は川を流れる木の枝です。こうすると、思考が自由に行き来することを許して、それに固執することがなくなります。思考がフワフワ流れるのをただ見届けてください。

5.思考を書き出す

精神にたくさんのことが浮かんでいるなら、瞑想する前にそれを書き出すと良いかもしれません。そうすることで、思考を自分の中に押しとどめずに、固執することを避けられます。

書き物

すべての思考を分析や非難をせずに書き出します。考えすぎないでください。重要なことは、書くことで自分を表現することです。思考を紙に書き出すことで、瞑想中にもっとリラックスできます。

6.定期的に瞑想する

毎日同じ時間に同じ場所で瞑想すると、それが習慣化します。脳が次に起こることを予想して、それに向けて準備をするのです。こうすれば、瞑想を行う時にもっと快適に感じるはずです。精神は静かにすることにあまり慣れていません。散発的にだけ瞑想を行っていると、思考が介入してくるようになってしまいます。これが自然の流れです。

だから、思考から自分を解放することを習慣化することが重要です。そうすることで、瞑想中に思考がフラフラすることがなくなります。

瞑想の力を甘く見ない

瞑想はシンプルですが簡単ではありません。しかし、日々の習慣の中に取り入れる価値があります。このテクニックを実行することで、感情的な健康と肉体的な健康にメリットがあることが研究で証明されています。

さらに、うつ、不安症、心臓病、高血圧、睡眠障害、慢性的な痛みなどの深刻な病気を改善してくれます。この記事のアドバイスに従えば、瞑想が簡単にできるはずです。さぁ、次はあなたの番です。瞑想してみてください。きっと結果に驚くはずです!

「瞑想をすると、もっともっと自分らしくなる。」

-デヴィッド・リンチ-