アーロン・ベック

アーロン・ベックと鬱の新しい統合モデル

鬱とその治療について革命的な理解をすることで知られる有名な認知心理学者のアーロン・ベックは最近、「クリニカル・サイコロジカル・サイエンス」にて記事を発表し、「A Unified Model of Depression: Integrating Clinical, Cognitive, Biological, and Evolutionary Perspectives(鬱の統一モデル:臨床的、認知的、生物的、進化的観点の統合)」と呼ばれる彼の理論を更新しました。この記事で、彼は臨床的、認知的、生物学的、進化的観点に基づいた鬱の統合的モデルを提案しています。 (さらに…)

海辺でスマホを使う女性

SNSにみる私たちの人生

ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)で友達の写真やコメントを見ると、自分の人生はつまらないな、人に話すようなことがないなと思うかもしれません。それで自分も同じように何かと思い、日々の出来事の写真をバンバンアップしたり… でも、他人の人生って、本当にSNSにあるように素晴らしいものなのでしょうか。見た目に大忙しのSNSライフを送ることに意味があるのでしょうか。 (さらに…)

鳥と二人の女性

先祖からの感情的遺産

わたしたちの感情的な遺産は、非妥協的で力強いだけでなく、決定的でもあります。時に、わたしたちのストーリーはわたしたちが生まれたときから始まっていると勘違いしがちです。このように考えるのは間違いです。人間は精子と卵子の実りの成果であって、わたしたちも混合の産物なのです。わたしたちは、欲望、空想、恐怖の混ざり合いであり、感情と認識の星座です。人間は、新しい命を生み出すためにともに混ざり合います。 (さらに…)

孔子

孔子の思想:人類の遺産

孔子は戦争と混乱が巻き起こった時代を生きた中国の思想家です。孔子は、知識で困難を乗り切るための道を求めて、決してあきらめませんでした。 孔子は50歳の時、中国中を旅し始めました。旅の中で、特に格言の形で自分の思想を広めました。彼の影響は大きく、広場にはすぐに人が集まりました。政治家や権力者も彼の思想を受け入れ、実行しました。 (さらに…)