馬とウサギ

犬儒哲学がかつてすばらしかった理由 

ディオゲネスは、犬儒哲学(cynicism、この単語には「皮肉」の意味もある)の父です。紀元前4世紀の古代ギリシャ時代を生きました。 このような犬儒哲学の信者は、現代の皮肉屋とはだいぶ異なっていました。彼らの皮肉は純粋な批判です。多くの社会の偽善には同意しておらず、もっと純粋な生き方をしたいだけでした。 (さらに…)

手と光

不確かなものと向き合い、豊かな人生を

生きる上で唯一言えるのは、確かなものは何もない、または、ごくわずかに限られるということです。欧米社会では、どんなことも自分でコントロールできるという考えが蔓延しています。さらに、何事にもすぐに効果的な解決法を見つける必要があります。私達の社会は適応することの重要性を忘れているようです:不確かなものへの対応法を学びましょう。 (さらに…)

マリア・モンテッソーリと子供たち

マリア・モンテッソーリが残した10の名言

マリア・モンテッソーリは20世紀に名を残す偉人のうちの一人です。彼女は医師であり、心理学者、精神科医、哲学者、人類学者、生物学者、教育者、そして科学者でもありました。彼女が抱えていた負担というのも計り知れないものだったでしょう。実は彼女はイタリア女性で初めて医学博士号を取得した人です。彼女の残した言葉は記憶に残るものであり今日の教育に影響を与え続けています。 (さらに…)