イヌと子ども

犬の共感力にある治癒の力

科学はわたしたちの多くが知っていることをやっと証明してくれました。犬は共感することができるということです。犬は、人間の感情的な状況とすぐに繋がることができます。しかし実は、この興味深いコネクション以上の能力を犬は持ってます。慰めたい、感情的な不安や悲しみを和らげてあげたいという利他的な願望です。 (さらに…)

鬱の女性の顔

5分間でうつの症状を改善する方法

うつ病の症状は明らかな場合もあれば、そうでない場合もあります。 時には、個人も周囲の人も、その人がうつ病を患っていることを知らない場合もあります。 これは、特に子供と高齢者に起こります。 また、 誰もが必ずしも真実ではないとしても、一時的に悲しい、落ち込んだ人に鬱だというラベルを付けるという、逆の状況もあります。 (さらに…)

依存関係

不安は有害な人間関係の源

私たちが有毒な人間関係について話すとき、心に浮かぶかもしれない最初のことは、感情管理が乏しいということです。これらの種類の関係は、友人や家族だけにとどまらず、あらゆる社会環境で起こるのです。 これらは不安に惑わされてしまった人間関係です。誘惑と欺瞞をする人、そしてそこから抜け出すのは非常に難しい毒性の人間関係に閉じ込められてしまうのです。 (さらに…)

喫煙する女性

喫煙習慣の裏に隠されていること

喫煙は私達の五感を喜ばせるものではありません。誰かが初めて喫煙した時は、大抵良くなかったという経験を語るでしょう。 タバコは強く刺激的な臭いを放ちます。その煙を吸い込むと、燃えているような窒息感を感じてしまいます。しかし、今も多くの人がこの習慣を持っており、辞めることが出来なくなっているのです。 (さらに…)

女性のアップ

鬱を患い学んだ3つのこと

鬱によってわたしは縮められたようでした。最終的に、わたしは自分が冷たい暗い穴にいるようでした。孤独の底から、世界のざわつきが聞こえました。わたしの「弱さ」を非難した人、人生は一瞬で過ぎ去っていくから元気を出せと言った人のささやきも聞こえました。でも、わたしの鬱は5年にも渡り、そこから学べることすべてを学びました。 ここでは、鬱におけるすべきこと・すべきでないことのわたしの個人的な意見をご紹介します。 (さらに…)

縞模様のパジャマの少年

縞模様のパジャマの少年:格子を超えた友情

「縞模様のパジャマの少年」は、2006年に出版されたジョン・ボインの本です。後にマーク・ハーマンによって映画化されました。 映画と本は非常に異なっていますが、それはこの記事には関係しませんので、ここでは取り上げません。代わりに、この記事では、この本が記してくれる仕事の主な価値観や考え方に焦点を当てます。 映画と本の両方が基準点として同等に機能するのはこのためです。 (さらに…)