カラフルな女性

自分のこころの支配者は自分自身

あなたのこころには所有者がいるべきではありません。貸しに出された土地ではありません。あなたのこころはあなたのものです。支配者は一人、つまり自分自身です。こころのお陰で自治権を得ます。自尊心のために十分な自己愛と酸素を生み出します。これによって、制限なく求めることができます。自分の道の支配者、尊厳ある人生の建築家になれます。 (さらに…)

女性の髪に花

脳は役に立たない不要な情報を消去する

学ぶために学んだことを捨て去る。便利で有意義なスペースを確保するために不要な情報を消去する。私たちの脳は、奇妙に聞こえるかもしれませんが、私たちが眠ったり瞑想している間にリサイクルという実に繊細な作業をしています。 「雑草」を取り除くことで、より強固なつながり、新しい考え、もっと有用で貴重な教訓を生み出すことができます。 (さらに…)

感情について話すことは治療的な効果を持つ

自分の気持ちについて話すことは治癒的

私達は他人といると自分の気持ちを隠そうとします。ネガティブな気持ちを認めるのを恥ずかしく思っており、誤った捉え方をされると他人に弱い人間だと思われると考えているのです。私達は感情的に強くなりたいので、感じていることを話そうとしません。そして、多くのケースで、「成熟した合理的な人間」というイメージを求めているのです。 (さらに…)

悲しむ女性

悲しみを認めることは勇敢なこと

今まであなたは何回悲しみにフタをしようとしましたか?幼少期から、社会は悲しみを乗り越え勇敢になるよう教えてきました。いつも強くあり、恐れていてはいけない、そして悲しみからは何も学べないと言われてきたのです。また、幸せは望まれる健康的な感情のみだけだという考えもあるでしょう。しかし、それは幸せではないように思えます。 (さらに…)

女性が山道を1人で歩く

ありがとう、そしてさようなら。

「ありがとう」と「さようなら」の2つは、言うのが最も難しい言葉です。感謝は4つの可能な態度に影響を受けることがあります。感謝したいと思っているのに、どのように伝えたらいいのか分からない人(もしくは恥ずかしいのか)や、社会常識として求められたときにだけ感謝する人がいます。一方で、感謝したいと思ってもいない人もいます。そして、感謝しなければならないことを知らない人もいます。 (さらに…)

猫と犬

ペットの死:友達だった動物を亡くした悲しみ

ペットを亡くした時、どう向き合うか教えてくれる人はいません。家族の一員のような存在に、お別れを言う方法を誰も教えてはくれません。その犬はただの犬ではありませんでした。その猫の代わりは他の猫にはできません。生活で、特別な位置を占める動物、思い出の詰まった、温かい日常、その見た目を忘れることはないでしょう。 (さらに…)