鏡

鏡に映る自分の姿の先を見よう

鏡に映った自分と話すために鏡の前に座りました。自分は完璧ではないと受け入れ、そのままの自分を愛するためです。物理的な見た目を超えて初めて自分自身を見て、自分が誰かを理解するためです。わたしは経験してきたことのすべての積み上げです。 今日、人生が肌に映し出されていることに気づきました。目は魂の鏡だと言います。それは、希望へのドアでもあります。しかし、時に鏡を見て自分の見た目以上を見るのは難しいことです。血と骨だけでできているのではなく、経験、希望、夢でもできているということを理解することは難しいのです。 (さらに…)

心理学者カール・ロジャースによる7つの名言:共感や寛容などについて

心理学者カール・ロジャースによる7つの名言:共感や寛容などについて

カール・ロジャースは人間関係の価値と同様に、経験と個人の成長が運命を上回るものだと述べました。 カール・ロジャースは1950年からヒューマニスト(人道主義)心理学の分野で有名になった人物で、彼の最もよく知られている著書には、「クライアント中心療法」(1951)と「自己実現の道」(1961)などがあります。 (さらに…)

蝶

行動が言葉を映し出すとき信頼が生まれる

言ったことを行動にうつすとき、人はあなたを信頼します。マハトマ・ガンディーが言ったように、「行動は優先順位を表します」。行動は、真実と信ぴょう性をあらわします。何もしないことですらです。 行動はあなたの言葉をサポートしたり、言葉と矛盾したりします。行動が伴えばあなたの言葉はもっと信用できます。行動があなたの言うことをサポートするとき、表現しようとする欲望、願い、謝罪、意図が本当のことであるとわかります。これによって信頼が生まれ、いつも注意していなくてもいいためリラックスできます。 (さらに…)

自惚れを象徴する女性

自己中心的な人は頂点まで上り詰められない

「昇り詰める」とは、表面的な理由で他のものよりも先に進むことを意味するわけではありません。それはあなたが最も魅力的な人であるということでもありません。また、私たちはあなたがプロとして最も成功していると言っているわけでもないのです。 「昇り詰める」とはそれ以上のことを意味します。深い、本物の精神的健康を意味します。幸せになるには、頂上まで上り詰めるることです。人生を心から楽しむことが、私たちが望む最も貴重なものです。 (さらに…)