本は薬だと教えてくれた少年

· 2018年5月3日

これは、組織球症と呼ばれる珍しい症状の病気を患い、パラグアイ人でわずか12歳でセビリヤで亡くなったルーベン・ダリオ・アバロスくんを称えた記事です。この小さな天使は物語を書き、プラトンの本を読み、病気のことを忘れ闘いました。小児がん病棟にいる子ども達と家族を支援するスペインのがん患者支援団体ボランティアや健康に従事する専門家の間で、ルーベンくんの存在は奇跡的だといつも話題になっていました。

ルーベンくんは、物語4冊と歴史小説1冊を出版しました。ルーベンの体験 (2015)、純粋な感覚(2015)、手紙と意外な物語(2016)、医学マスター(2016)、ティアラ(2017)です。ルーベン・ダリオ・アバロスくんは、体を防衛する力には欠けていましたが、本の中に隠れ家を見つけたのです

ルーベンくんが亡くなった今、彼と同じような子ども達だけでなく、同じような経験をしている若い人や大人にも、ぜひ、彼の素晴らしい作品を読んでもらいたいと思います。ルーベンくんは、本を読み、書くことで自分を元気づけ、熱心に学び、多くの苦しくつらい状態と闘いました。