みんな心の中で戦っている

· 2018年7月7日

私たちは皆心の中で戦っています。それは第三次世界大戦のようなものです。しかし、いつも周りの人々の内なる戦いの詳細を知っているわけではありません。本当にそれらを理解する唯一の人々は、戦っている本人たちです。

私たちの心というのは特急列車のようなもので、私たちは一つ一つを気にすることはあまりありません。それは次々に思考を生み出します。それは何度も何度も変わります。私たちの周りに何が起こっているのかという仮説を立てます。

心は仮説を生み出し、新しいアイデアやコンセプトを生み出し、考え、再考し、最悪を予期し、他人に対して、そしてもちろん自分自身にも判断を下します。

この絶え間なく動く機械が私たちを拷問します。そして、それは「精神的なごみ」として残っています。科学者たちによれば、私たちは1日に6万以上の考えを持つとされています。また、ほとんどの人にとって、その考えのほとんど(約80%)がネガティブで、有害で、崩壊する気持ちであると推定しています。

私たちはほとんどの場合、自動操縦に任せています。そのため、私たちの信念の影響を強く受けています。私たちの信念は子供時代に形成され、経験を通して私たちの中に満たされてきたものです。。

これらの信念のいくつかは私たちの潜在意識にあります。私たちの最も直接的な考えや判断は、これらの信念から生まれたものです。

マインドとそのコツ

あなたの信念の一部が間違っているか不健全であった場合、あなたの思考と判断もまた、そうなります。私たちは常に判断しています。私たちは自分自身と他人を判断します。そして、その判断からもたらされた結果は、大抵の場合、苦しみです。

私たちの心は、私たち自身の防衛本能で、私たちを守るために判断を下しています。実際、その判断はその目的に役立っています。

女性と雲

私たちは、相手が自分の視点を共有していると思う傾向があり、それはまた、私たちが苦しんでいる理由の一部でもあります。私たちは皆、異なるレンズを通して世界を見ています。私にとっての「あること」は、あなたにとっては「何か別のこと」を意味します。私たちは誰もが私たちが見るように物事を見ていると信じているので、他の人を判断することを敢えてしています。

私たちは自分自身でさえ判断しています。現在の視点から過去を判断することはできないことを忘れています。私たちは今は結果を知っていますが、当時は、他の多くの選択肢がそうであったように、結果を知ることは不可能でした。

どちらの場合においても、他人があなたを苦しませているわけではありません。最初のケースでは、人々の期待があなたを苦しませています。他の人が私たちの望んだ通りの人であるように期待しています。それは、真の彼らを受け入れることができなくしています。これが内なる闘いの仕組みです。

逆説的に、あなたが他の人の判断をやめると、あなたは自分自身の判断をやめるでしょう。私たちが他の人を判断する方法は、私たちが自分自身を判断する方法になる傾向があります。

受容と愛は、内なる闘争さえもすべて癒す

あなたが本当に(欠点を含めて)あなたを受け入れると、他人の欠点をより優しく見ることができます。誰かが私たちを攻撃していると思うなら、その人は内なる戦いの真っ最中の可能性があります。彼らは無意識のうちに攻撃しています。

根本的な原因は、子供の頃に学んだ感情的な傷や生存戦術です。彼らは愛と受容だけを探していたときに、傷つきました。非常に頻繁に、こういったことが人々をこのように行動させるものです。

そういうわけで、誰かがあなたを攻撃していると信じていても、意図的ではないかもしれないことを忘れないでください。彼らが投影している欠点、またはあなたが想像している欠点です。

判断をしなくなるにつれて、愛が増えます。

ハートが手の中にある

私たちは、他の人々がいつも私たちが望むように行動するとは限らないという事実を受け入れる必要があります。また、彼らは私たちが望むように私たちを扱ってもくれません。彼らは、自分のしたいように行動します。

判断する前に、愛し合ってその理由を求めずにただ感じてください。だから、誰かがあなたを外すために円を縮めているなら、あなたのものを広げて彼らを入れてあげるようにしてください。

私たちの考えをより柔軟にし、思いやりを持たせ、慈悲深くすると、愛が増えることを忘れないでください。愛は幸福をもたらし、厳しい判断は苦しみをもたらすのです。

愛を報酬として与えるもの、または罰として奪うことのできるものとして考えないでください。無条件の愛はそんなことではありません。

被害者またはファイター?

私たちが判断することをやめ、心で見るようになると、私たちの苦しみは消えてなくなるでしょう。あなたは自らの戦いの犠牲者になるか、またはファイターになるかを選ぶことができます。被害者は、正当化し、嘘をついて、責め、不平を言って、あきらめます。

しかしファイターは、人生で持っているものに対して責任を負います。ファイターは他の人をそのことで責めることができないことを知っていて、自らが作り出したものであることを知っています。そして、ファイターは自分の状況を変えることができる唯一の人が自分であることを知っています。

人生はあなたに挑戦的な教訓をたくさん与えるでしょうが、犠牲者になるか、ファイターになるかはあなたが決めることです。

真実は、間違いから何も学ばない人は、それらを繰り返すと非難されるということです。表面上で異なる経験のように見えるものでも、深いところでは同じ問題を繰り返しているのです。