父親が子育てを放棄する時

· 2018年2月15日

悲しいことに、多くの子供たちは父親の存在なしに育つ必要があります。 家族を放棄した父親に関する統計は、特にラテンアメリカ諸国では依然として非常に高いのが現状です。 これは、失業や貧困などの社会問題が原因です。最も大きな要因のもう一つは文化です。父親の失踪が比較的普通に見られているような状況もあるのです。

家族を捨てる父親は、計画されていない妊娠や10代の子供といった要素と強く結びつけられます。 これを「典型的な男らしさ」と組み合わせた結果が、男性が自分の子供を放棄することがあまり否定的に取られないという悲しい状況です。

 

人間が、自分の側に父親がいなくても成長し成熟することは事実ですが、父親がいれば人生においてより良い機会を得ることができるのも事実です。 また、父親の不在が彼らに著しく負担になるケースもあります。

父と母の違い

精神分析は、母性愛は激しく、すべてを包括していることを示唆しています。 母親は赤ちゃんの人生に完全な影響を与えます。 母親はすべてです。 彼女は大きなものと小さいもの、些細なものと重要なものを全て支配します。 彼女は赤ちゃんの世界そのものであり、子供の人生が進む宇宙のようなものなのです。子供の人生は始まりから母親に完全に依存しています。

母親と娘

母親と子供の間の強い結び付きは、時間の経過と共に続く傾向があります。 子供はすべてが彼女に依存していることを知っており、彼女に屈服します。 子供のための母親の愛は無条件で、母親の存在は小さな子供に安全を与えます。

私たちの多くに父親がいるのは幸いなことです。 ありがたいことに、父親は母親とは違う世界を担います。 父親は、母親が完全に支配していない世界です。 彼は子供の現実のもう一つの側面です。 母親と子供の絶対的な依存関係を規制するために入る第三者です。 彼は母と子の間の相互依存の境界を表しています。 象徴的に言うと彼は法律のようなものです。 そして、彼はまた、世界が私たちに適応するのではなく、私たちが適応しなければいけないことを学ぶためのプラットフォームです。

放棄のさまざまな方法

子供のそばにいる方法がたくさんあるのと同じように、子供を放棄する方法にも種類があります。 不在の父親は、母親を子供を育てるにあたって身体的、心理的に孤独にします。 彼はしばしば子供のための金銭的貢献から抜け出そうとしたり、家事を避けたり、子供に何が起こるか気にしなかったりします。

子供たちを肉体的にではなく感情的に去る父親もあります。 彼らは子供たちを育てることが母親の事業だと感じています。 父親はそこにいても、彼らは子供を育てる責任があるとは思わないのです。 彼らは子供と話をしたり時間を過ごすことはなく、子供の生活がどのように進んでいるか分かっていません。 単に請求書を払い、都合のいいときだけ時々意思決定をするだけです。 子供たちと全くやりとりしません。

悲しい子供

その反対に、感情的ではなく物理的に放棄する父親もいます。彼らは別の家族を持ち始めたかもしれないし、単に離れていただけかもしれません。 しかし、彼らは子供たちがどのように成長しているかを見守っています。 彼らは彼らが思うよりも一緒に時間を過ごすことはできませんが、子供たちはいつも彼らの心の中にいます。

放棄の異なる結果

放棄のそれぞれのタイプは、それぞれの結果をもたらします。 完全に父親がいない場合、その結果は非常に深刻なものにまで及びます。 新しい父親が来た場合、部分的ではありますが、否定的な影響は少なくなります。そうでなければ、父親不在の記憶は恐らく壊滅的なものになるでしょう。

母親と子供の関係に第三者がいないと、子供が適応することが非常に困難になります。 彼らの地平を広げ、自分の能力に頼って渡っていくのが難しいと感じるでしょう。 除外されたり、感情的に欠乏しているという感覚に悩まされます。 母親が同時に「父と母」であろうとするのは良いことではありません。 多くの努力をしていても、母親の存在が父親の存在と置き換わることはありません。

父親と子供

父親に放棄された子供たちは、世界と現実に適応するのが難しいと感じています。 また、人々と深くかかわることに恐れを抱く可能性があります。 そして自分自身が父親になったとき、「放棄者」にしてしまうかもしれません。 女の子なら、男の人を信じない、また逆に信用し過ぎて、彼女が乗り越えようとしている放棄を自ら繰り返すことがあります。

放棄が部分的である場合、その結果はあまり明らかではありません。 同じような特徴はありますが、それほど明確ではなく、認識できない部分もあります。 いずれにせよ、父親がいないことは、特に子供たちの人生の初期には、深い感情的傷口を開くことになるでしょう。 それは決して満たされず、父親が不在であることの印は消すことが非常に困難になるでしょう。