成長し生きる機会があなたに訪れますように

2018年1月3日

あらゆる良き事があなたに訪れ、続き、あなたを包み共にありますように。そして、残りの負の部分があなたの元を通り過ぎて行きますように。たとえ教訓以外に何も得るものがなかったとしても、試練の時があなたの人生に起こりますように。

教訓一つ一つをしっかりと物にし、その一つ一つがあなたが進む道の敷石となりますように。細部にまで注意深く注意を払いますように。そしてつまづき転びますように。悪い時が訪れる時には新たな始まりと共に符号を描きますように。成長し生きる機会を手にすることができますように。

あらゆる善と悪を自覚できますように。経験を通じて、人生の良いことはめちゃくちゃに成り得るということを学びますように。地平線を望み、興奮とともに生きる方が良いということを学びますように。安全を確保するための最良の方法は、平凡を恐れることだということを学びますように。

たとえあなたが時に時間に脅されることがあっても、全てがスムーズに流れますように。なんらかの形で、常に出発点に戻り再スタートすることができますように。業績は祝われるべきでありますように。そして失敗は再概念化されるべきでありますように。

指先に留まる白い蝶

覚えていて下さい、影や悪魔だって包み込まれることもあるということを。悲しみも、あなたの願望を表現しありがたく思わせてくれるから、良いことであるということを。あなたが怒りを抱くこともあり得るということを。

あなたが繊細だからという理由であなたに罰を与えたりするのを、誰にも許さないで下さい。そして、泣くことは弱さと同義ではないということを覚えていて下さい。感受性豊かなコミュニケーションには率直さを必要とします。自分の感情を表現するのではなく糾弾してしまうことは、高価な代償を払うことになる可能性のある過ちです。そのことを踏まえた上で、感受性の豊かさは天賦であることを認識すべきです。なぜなら、心から生きるということは、あなたを特別でまぎれもない存在にするからです。

絶対を拒否し、カテゴリを宣言するために「いつも」、「決して~ない」「全て」または「何もない」という言葉を使うことを避けましょう。人生は虹であり、白黒で見ることは誰にとっても良い事ではないということを理解するようにしましょう。

愛は乞うものではないということを忘れないで下さい。そして、万が一乞わなければいけないのであれば、それは愛ではないということを。今日、虐待関係が標準になっていること、そして、あなたの関係があなたに何を捧げているかを考えてみるべきだ、ということを念頭に置きましょう。

Singerミシン

誰があなたの人生に貢献しているかを気に留めるべきだということ、そして、現実には、時間が全くないという人はいないということを知りましょう。もし興味をそそられなければ、あなたは自由に相手と距離を取っていいということをよくよく頭に置いて下さい。そうしたいと思うことに罪悪感を感じないで下さい。

精神的回復力、自己制御、そしてアサーティブネスは、あなたが発達させることのできる最も重要な心理的能力3つであるということを忘れないで下さい。諦めないで下さい。自分にいくらか空間を与えましょう。そして、必要な時には「ノー」と言いましょう

忘れないで下さい、時間は永遠でもあり束の間のものでもあるということを。魂の悲しみを癒すのに魔法のような解決方法や万能レシピなどないということを。なぜなら、結局人生とは、人生が自分に試練をもたらそうと主張する時こそ、負を正に変換していく時なのですから。

一人になりたいのなら恐れないで下さい。もし話したり、社交したい気分でなくても罪悪感を感じないで下さい。私達はみな自分自身に魂の一部を取っておくものであり、それは悪いことではないこと、そうすることは実は多大に必要であり、励みになるということを受け入れましょう。そして、他人がそうする時には理解し尊重しましょう。

花の映った女性の体

あなたの愛する人があなたを抱きしめた時に、恐怖を全て破壊できるように彼らの肩にもたれかかりましょう。同じ場所は2か所として地図上には存在しない、ということを覚えていて下さい。その場所は私達の家に、私達が愛する人、そして私達を愛してくれる人の腕の中にあります。私達が歴史の各章を書くのを手伝ってくれるのと同じ人達です。

あなたの元を去って行くことを決めた人を思い出して悲しくならないで下さい。彼らの事を覚えているということは、あなたに記憶と命があるという印です。あなたの記憶、特性、そして健康に感謝しましょう。ただ数年後、こうしたことは実に重要になるのだと考えて下さい。

あなたらしさから、あなたの願望から、そしてあなたの大志からあなたを奪っていく人は、誰も信用してはいけません。あなたの人生を時計のリズムへと織り込んでいきましょう。そして、人生は過ぎていくという事実を、他に計画を立てるよりもその人生を生きることのほうがもっと大切だという事実を見失わないで下さい。

しかし何よりも、中途半端にはせず、こなしてしまうのではなく、持てる力を全て持ってして愛しましょう。他人を愛し、人生を愛し、あなた自身を愛しましょう。どうか、取るに足らないことで自分を見失わないで下さい。あなたの人生に形と意味を与えましょう。一分一分が大切であること、全ては積み重なっていくこと、そして今飛んでいるよりもずっと高いところを飛ぶ能力があなたにはあるということを覚えていて下さい。

窓の外に見える木々