怒りが私たちを病気にする時

2018年4月4日

怒りは、人間が経験する最も強力な感情の1つです。憤り、憎しみ、不寛容、煩さなど、多くの形があります。これらの共通点は、不快感と他者に立ち向かう欲求です。 そして、信じられないかもしれませんが、怒りは私たちを病気にするのです。

怒りは私たち皆が経験する気持ちです。また、最初は肯定的なものです。結局のところ、怒りは私たちが脅威だと解釈するものに対する反応だからです。それは、私たちのアイデンティティを再確認し、それが私たちのニーズと欲望を表現することにつながります。それはまた、自己防衛の感情でもあります。 時には、攻撃に対抗するために強い決意が必要なのです。

「怒りの最大の治療法は遅れです。」
– セネカ –

しかし、私たちは皆、怒りにも非常に否定的な側面があることを知っています。私たちにとっても、私たちの周りの人々にとってもそれは否定的なものです。 私たちが怒りを経験するかどうかよりも、なぜ怒っているのか、怒りがどれほど激しいのか、その結果がどういうものなのかが重要です。

この感覚は私たちにとても深く浸透し、永遠に負の状態にすることがあります。それは本当に私たちの人生を妨げるのです。

怒りの最悪の部分の1つは、それが私たちの体に一連の反応を引き起こすことです。 私たちがそれを頻繁に経験すると、怒りは肉体的にも感情的にも病的な反応を起こすのです。

両こぶし

なぜ怒りは私たちを病気にするのか

怒りは私たちの体に驚くべき影響を与えます。その反応には、身体的、認知的、行動的反応の3つのタイプがあります。私たちが脅威を感じて攻撃の準備をしているとき、これらが活性化されます。それには、以下のような生理的反応が含まれます。

・心拍数が増加する。
・呼吸が加速する。
・血圧が急上昇する。
・筋肉が緊張する。
・アドレナリン、ノルアドレナリン、コルチゾールのレベルが上がる。

次に起こるのは、内的および外的情報を処理する能力(認知的反応)が低下することです。最終的に、これはすべて、言葉や物理的な攻撃を含む行動に変換されます。つまり、暴力の可能性です。

言及すべき3つのタイプの怒りがあります:

・私たちが攻撃を受けたり罠にはまったと感じた時の急な、または突然の怒り。
・安定した意図的な怒り。これは呪文のように出てきて、長期間持続する。
・人の人格の一部になってしまう頻繁で繰り返し起きる怒り。

怒りがどのようにして私たちを病気にするのか

多くの研究は、怒りが私たちの健康に与える有害な影響を実証しています。アトランタのアメリカ疾病管理予防センターの研究では、頻繁に怒りを経験する人々は脳卒中のリスクが高いことを示しています。 14,000人以上を調査し、怒っている時間を過ごす人々は最終的に脳卒中を発症しやすくなると結論づけました。

神経のつながり

彼らはまた、怒りっぽい人は免疫力が弱く、したがって感染症に罹りやすいことも示しました。アドレナリンのようなホルモンの急増が血栓を引き起こし、血管壁を弱めることも発見しました。

ジョン・ホプキンス・メディカル・スクールでも、16年間にわたり1,100人の学生を対象にした調査を行い、その結果を今後数十年間の医療結果と比較する計画を立てています。 最終的に、彼らは怒りっぽい人は心臓発作に苦しむ可能性が3倍高いと結論づけました。 別の研究では、怒りが体の脂肪量を増やすこと、そして痛みに対する感受性を劇的に高めることも示されています。

有毒な感情

怒りが実質的に身体を毒におかしてしまうことは簡単に分かります。すぐに身体的な影響を感じないかもしれませんが、そのような状態が長く続けば、いずれはその結果が現れます。

必ずしも怒りは悪いことではありません。それは、自己防衛という肯定的で適応的な機能を持った本能です。しかし、怒りの感情を野放しにし、コントロールを失ってしまうと、ネガティブな側面が現れます。怒りの問題は、私たちが管理できないことにあるのです。

怒りを無視することに加えて、それ以外にもネガティブな方法もあります。あなたの怒りをため込んでしまうことです。この場合は圧力鍋のようなもので、いつでも爆発する準備ができているのです。

煙

怒りを感じるとき私たちができる最善のことは、自発的にその状況から離れることです。10まで数えることや、時には15または20まで数えることが助けになります。一歩下がって深呼吸するのです。あなたが再び落ち着いていると感じたら、怒ったことについて落ち着いて話します。

最後に、これの状況では、現在の状況とは関係なくとも、怒りの根源となっている要因が自分の中にないか観察することが大切です。