偽りの愛:真の愛でないことを見極める方法

2018年4月24日

愛のように見えるが本当は愛ではないものがたくさんあります。とても親密になって長く続く友人関係がありますが、心の奥では本当の愛情はなく、関係を持続させる制限と問題があるだけの場合があります。悲しいことに、今日の世界では偽りの愛はよくあることです。

本能の愛は、共に成長したいと願う2人の人によって形成されます。寛大さと自由を意味します。もっとリアルで、関係する個性を尊重します。これは様々な種類の愛を含みます:親子間、カップルなどです。

 

「真の愛を長い間隠し通せる、あるいはそこに愛がない時に愛を偽ることができるごまかしはない。」
-フランソワ・ド・ラ・ロシュフコー-

本当の愛情が、愛のように思えるが愛ではない他のものと混同されることがあります。これらの人間関係では、かなり激しい感情が伴います。

こころで経験されるものですが、時に相手への尊敬や本当の愛情がない場合があります。自己中心的な欲望やニーズから生まれ、維持され続けます。そこにはメリットがあるからです。そういったメリットのいくつかを紹介します:

カップルハグ

偽りの愛: 過保護

過保護は愛のように見えるもののひとつです。しかし、愛ではありません。相手の人がどれだけ気にしているように見えてもです。親と子どもの間でよく見られる姿勢です。しかし、カップルでも、友人間でも、他のタイプの人間関係でも見られます。

過保護は、わたしたちが影響を受けやすいまたは無防備だと思っている人に起こることをすべて取り去ってあげたいという異常な欲求です。誰かを愛するとき、その人にとってベストを望むのは当たり前のことです。

 

しかし、異常に過保護な人はそこに危険がないにもかかわらず危険を感じます。あるいは危険が存在するにしても、その深刻度を誇張しています。過保護な人は、わたしたちが経験から学ぶという事実を無視してしまいがちです。

このような関係にあるのは愛情ではなく苦しみです。相手を異常に守る人は自分の恐怖を相手に投影しています。

愛する人に悪いことが起こることをいつも阻止することはできません。むしろ逆です。相手の人を不安で圧倒してしまい、成長することを邪魔してしまいます。

偽りの愛:相手をコントロールする

他の人をコントロールしたいという異常な欲求は、過保護に似ていますが同じではありません。このケースでは、その人は相手をけなそうとしています。

最終的には、彼らは「愛する人」が自分自身を信頼するのをやめ、結果完全に依存することを期待しています。

 

悪い関係

このような姿勢は愛としてい見られますが、決して愛などではありません。時に、相手に重荷に次ぐ重荷を負わせ、別の時には大事にします。

相手の人がつらい時を経験することを阻止するためには、できることは何でもします。しかし、その保護はただではありません。相手は自分の自治権と自由を放棄することを代償として支払います。

彼らの本当の意図は、あなたを彼らに完全に依存させることです。外からは相手の人があなたを幸せにしようとしているような印象を与えますが、あなたが自分の人生を生きることを阻止しているだけです。

あなたをコントロールし、彼らの元を離れないようにします。これは偽りの愛です。自己中心的なコントロールです。

ハートにチェーン

依存の偽りの愛

外からコントロールし、中から依存させる — これは偽りの愛の人間関係の特徴です。これはもっと変わった関係です。一人の人が自分のニーズといらだちのすべてを相手に押し付けているからです。

こうすることで、この人は相手に彼自身の幸せの責任を押し付けています。どんな願いも満たすためにそばにいてくれる、代理父や母のようです。

自分が見つけたこの「チューター」を必要とするようになります。結局彼らは人生の問題に対する盾のような存在なのです。コントロールする人は自分の問題、決断、失敗のリスクを避けているのです。

依存的な人は、相手の人を深く愛しているかのように感じるかもしれませんが、現実的にはお互いを搾取する関係です。

偽りの愛のこれらの形は非常に害があります。他の方法で処理されるべきシチュエーションを隠します。愛のように見えますが、もっと神経症のようなものです。そして、うまくいくことがありません。

痛みを引き起こし、お互いの成長を阻みます。残念なことに、偽りの愛は非常に強く、普通の人間関係以上にいる人たちを傷つけてしまいます。