ホアキン・フェニックスのスピーチ

2020年7月2日
平等、人権、公平な環境、菜食主義について語られています。また、お兄さんの名前も出されます。オスカーを受賞した時のホアキン・フェニックスの言葉は、多くの人を感動させました。ここでは、この言葉の力強さについて考えます。

オスカーを手にした時の彼は、そのことにはあまり関心がないようでした。人見知りの性格と感情に動かされた言葉の間を揺れる表現や姿勢とは違い、声は落ち着いており、確信を持ったスピーチでした。ホアキン・フェニックスのスピーチはわずか3分ほどです。しかし、その声が世界中の人に届き、ニュースになり、人の心を動かすのにはそれで十分だったのです。

彼のメッセージの影響が、他のバイラルニュースのように長く続くかは分かりません。この種の要約文は、多くの人に共有されますがすぐに忘れられがちです。興味深いのは、彼はゴールデングローブ賞でも同様の考えを示していたことです。誠実で正直な言葉で、一人一人に変化を生むことを強く訴えました。ホアキンは、持続可能で公正な世界を作るため、環境保護のために変化を呼びかけたのです。

以前の授賞式でも、彼は同様の問題に触れていますが、メインテーマではありませんでした。しかし、2020年のオスカーにおいて、彼の主張は明確でした。それは他の受賞者のスピーチとは明らかに異なるものだったのです。政治に関するものではなく、彼の言葉には感情の魔法がかかっており、人間の力がこめられ、人々の意識を高めたいという彼の感性がこもっていました。

「ある国、ある人、ある人種、ある性別、ある動物が、他を支配、管理、利用、搾取したとしても罰を受けないという考え方は問題です。私達は、自然界と距離を作っています。そして多くの人が責任をもつべきは、私達が世界の中心であるという信条、利己的な世界観です。我々は自然界に侵入して資源を略奪しているのです」

-ホアキン・フェニックス-

ホアキン・フェニックス

誰もが聞くべき、オスカー授賞式でのスピーチ

映画俳優が何か問題を喚起するときは、聞きやすいもので必ずニュースになります。最近では、女性の権利や性差別への動きがほとんどの式典で見られます。私達は前へ進んでおり、その変化は希望にあふれたポジティブなものだと言うことができます。

さらに、このような社会活動に関して言えば、マーロン・ブロンドがアカデミー賞受賞を拒否し、抗議の姿勢を示したことがありました。

そして彼はサチーン・リトルフェザーを代わりに登壇させ、ネイティブアメリカンの不公平な扱いを抗議しました。これは歴史的な瞬間であり、それはこの式典が非常に有名であったためだけでなく、ジャーナリストがマーロン・ブロンドの元に、何を非難しているか尋ねに行ったことにもあります。

ホアキン・フェニックスのスピーチがここまでの影響をもたらすかは分かりません。メッセージを聴き、環境保護のために、行動したり、食を変化させる人がいるかを知ることはできません。

どちらにせよ、数日間は多くの人の心に彼のメッセージが響いていることは間違いありません。

では、彼の言葉を詳しく見ていきましょう。

感謝と責任

ホアキン・フェニックスのスピーチは、シンプルな感謝の言葉から始まります。映画に出ていた人より自分の方が優れているとは感じないと言います。皆が同じ情熱を持っており、その情熱により、彼は突き動かされています。

ジョーカーの役は、彼の素晴らしいキャリアの頂点だったのかもしれません。しかし、バットマンの昔からの敵という形で、彼は別の面でも活躍することになりました。ホアキンの描写は天才的でした。漫画のキャラクターがこんなに人間的に見えたことはないでしょう。

フェニックスにとって成功は、声のない人に声を与える機会でした

他を搾取することに慣れきった自己中心的な世界を作ってしまった

「他を搾取する権利は、誰にも、どの国にもない」とフェニックスは言っています。しかし実際にはこれが行われています。明白な例を挙げるのであれば、性差別、人種差別、LGBTQコミュニティに対する攻撃、動物の搾取や環境問題があります。

自己中心的な社会で、私達は不平等なものに目をつぶっています。また、見ようとしないだけでなく、それを無視しながら、無意識に日常的にこれを促してしまっているのです。

ホアキン・フェニックス

環境保護、菜食主義、人間性

「私達は、自然界と距離を置いてしまったと思う…自然界に足を入れ、資源を略奪しています。」ホアキン・フェニックスの有名な特徴に、かたくなな環境保全と菜食主義があります。そして兄リバー・フェニックスも、この考えとライフスタイルを実行していました。動物の権利運動やPETAでの活動が有名です。

ホアキン・フェニックスは、動物への愛を訴えました。動物の苦しみについて考えるよう促し、愛と創造性という人間らしさを提示しました。動物や環境を大切にする持続可能な新し仕組みができれば、それは皆にとっていいものです。

ホアキン・フェニックスのスピーチと兄弟の思い出

知っている方も多いと思いますが、リバー・フェニックスはホアキンの兄です。映画界で認められ、称賛された素晴らしい俳優でした。しかし残念なことに、1993年10月31日彼は薬物の過剰摂取により23歳で亡くなりました。オスカーのスピーチで、ホアキンがお兄さんのことに触れたのも当然です。

ホアキンはある一つの文で彼を登場させました。強力な彼のスピーチに合った言葉です。「愛をもって、救うために走ろう。平和はそこについてくる」

彼は、人間の強力なエンジンとなる愛の本質、愛に対する考え方を教えてくれています。変化を起こし、すべての生き物が大切にされる持続可能な世界を作ことは可能なのです。

ホアキン・フェニックスのスピーチがすぐに忘れられることがないよう、願っています。