感情的妨害を経験したらどうすべきか

· 2017年10月13日

皆、一度は感情的妨害に悩まされたことがあります。それは新しい挑戦からあなたを妨げる壁があるように感じさせます。不安は感情的妨害が最も具現化された形の一つで、目標を達成しようとするあなたを引き留めてしまいます。

交通渋滞を考えてみて下さい。あなたは急いでいます。しかし、突然、どれだけ前に進みたくてもこれ以上前には進めないことに気づきます。それが感情的妨害というものなのです。

しかし、感情的妨害がいつも人生の全てに影響を及ぼすわけではありません。つまり、仕事に関連した妨害に悩むことはあっても、プライベートや感情面での生活では悩まなかったりします。もしくは、その逆かもしれません。感情的に安定した人間関係を築こうとしている時に行き詰って、その時に不安が顔を覗かせ、自分を本当に幸せにするはずの仕事を手に入れることを妨げたりするのです。自分は屈服する者になってしまったのかもしれません。もしその妨害が人間関係で起こると、不安が自分を自分でない誰かのフリをさせます。安定した気分にさせてくれるマスクをかぶりますが、それは自分を守ってくれるのではなく、ただ本当の問題を隠蔽してしまうだけなのです。

なぜ自分は感情的妨害を経験しているのか

多くの感情的妨害は自尊心と関係があります。または、ある行動をさせてきた経験と関係があります。例えば、あなたは今までに嵐のような恋愛関係をいくつか経験してきたとします。この経験があなたが好きな人に対して取る特定の一連の態度を引き起こしてきました。今となっては、あなたにとって人を信じることが難しく、不安に感じ、また傷つくことを恐れているのです。

恐怖と不安が自分ではどう脱すればいいのか分からない感情的妨害を引き起こすことがあります。そうすると、公で話す時に恥ずかしく感じるようになったり、拒否されることが怖くなったり、悲観に侵されたり、嫉妬を感じたり、他人を批判したりし始めます。

惑星を手に取る男性

感情的妨害は、自分を更に妨害し前に進むことを阻むようなネガティブな感情にしたり、気落ちさせます。しかし、それらは全て環境に影響されるところがあり、障害そして触発物として同時に作用し得るのです。これは一体どういうことなのでしょうか?

自分を行き詰まらせ、自分の快適域から脱することを阻む感情や気持ちを授かってきた。

仕事でとても不安になるところを想像してみて下さい。感情的妨害は目標を達成することを阻みますが、自分の環境にある何かがこれを好んでもいるのです。おそらく同僚同士の競争がその原因の一つでもあるでしょう。常に評価されたり、注目をたくさん集めることも妨害を大きくしてしまいます。

妨害を解くために動き出そう

たった今感情的妨害から自由になることは難しい、または不可能だと思っているかもしれませんが、それは全く違います。ただ動き出し、行動すればよいのです。あなたに付きまとう全ての不安な思考があなたを留まらせているのです。そうした思考を押し返し、前へ進み始めることができるのです。

日々自分の頭を駆け巡るこうした質問について考えてみて下さい。「雇われないかもしれないのなら、なぜ行くべきなんだろうか?」「私は失敗作だ。欲しくてたまらない事なんて達成できっこない」「きっと好きにはならないだろうな」「自分らしく振舞ったら、バカだと思われる」「きっと間違えて、みんなに笑われる」「みんなの方が私よりもっとずっとマシだ・・・」

肩を組む色とりどりの人々

一度はこのような考えがあなたの頭を駆け巡ったのではありませんか?唯一の選択肢は「ノー」の言葉を聞くことが恐い時に行動することです。答えが「ノー」かもしれないことを受け入れ、それでも「イエス」の答えを得られるかどうか試してみることです。それで何を失うというのでしょうか。

感情が生み出した惰性に抗ってみましょう。自分をさらすことでからかわれるのが怖いですか?もし惰性に抗わなければ、間違っていることを証明することもできません。時には自分はなりたい人物に既になれていると自分を説得することも良いでしょう。例えば、「公で話すことが好きだ」とか「ばかにされることなんて怖くない」と言いきかせることです。

感情的妨害は物事に対してよりよく考えさせ、時間をとらせる。しかし、それが長く続き過ぎると、治療しなければいけない。

感情的妨害が人間関係に関連していたらどうでしょうか?もし拒否されることに悩んでいるとしたら、きっとそれはその人があなたにとってふさわしくないからだと考えましょう。または、冒険し、自分の気持ちを表現することが自分の恐怖を乗り越えるためにはうってつけの方法だと考えましょう。起きた物事の良い面を常に見るようにしましょう。信じて下さい、良い面というのは常にあるのです。

感情的妨害を経験することは普通です。そして、それは自分を試させてくれ、感情が拒否していることをする手助けになります。しかし、もし感情にもっと耳を傾けるならば、感情が本当にあなたに伝えていることは自分の不安と恐怖を乗り越えるこだと気づくでしょう。

願わくば、感情はあなたの背中を押してくれるでしょう。時に、いい気分になったり心地よくなったりすることがいつも良いことだとは限りません。たとえ怖くて、鳥肌が立つようなことでも、時々、快適域を出て、リスクを負わなければいけないのです。