ケルテース・イムレ:ホロコーストの生存者

2019年7月18日
ケルテース・イムレの著書の多くは、アウシュビッツ強制収容所で過ごした10代と、母国ハンガリーでの全体主義体制におけるの彼の経験に基づいています。

ケルテース・イムレはハンガリー出身の著名人です。彼はノーベル賞を受賞した唯一のハンガリー人として知られています。しかし、彼の国は彼の才能を認識も支持もしていませんでした。実際、不幸を文学的傑作に変えたこの印象的な作家にとって、ハンガリーは大きな負担だったのです

ナチスのホロコーストについての最も重要な文学作品と考えられている彼の著書「運命ではなく」によってイムレは一躍有名人となりました。少なくとも20の言語に翻訳され、2005年にハンガリー出身のディレクターであるコルタイ・ラヨシュによって映画化されました。その際ケルテース自身が脚本を手がけています。ケルテースがこの大虐殺をホロコーストと呼ぶことを望まなかったことは言及しなくてはなりません。なぜならホロコーストと呼ぶことで、彼は非難する代わりに大虐殺を美化してしまうと考えたからです。

ケルテース・イムレの作品は、残虐行為を非難するだけではありません。彼の作品は、第二次世界大戦が予見できる出来事であったことを示しています。そして、面白く皮肉で感動的な散文でこれを完成したのです。そして、彼の実生活は、小説と同じくらい、もしかしたらそれ以上に衝撃的なものでした。

ケルテース・イムレの幼少期

ケルテース・イムレは多くの苦しい経験をしてきました。彼は、1929年11月9日、ハンガリーのブダペストで、ユダヤ系の裕福な家庭に生まれました。ユダヤ系ではあるものの、ユダヤ教信者ではありませんでした。両親は離婚し、5歳の時に寄宿学校に送られました。

第二次世界大戦が勃発してすぐの1940年、イムレは高校に通い始めました。ヨーロッパでは、アンチエミズムが勢力を伸ばしていました。若いケルテースはユダヤ人だけのクラスに入れられ、多くの差別を受けることとなりました。

1944年に、彼はアウシュビッツ強制収容所に送られました。当時わずか14歳でした。ナチスは彼らを分類する前に若いユダヤ人を長い列に並ばせました。 ケルテースはドイツ語が理解できたので、兵士たちがケルテースは16歳であるかもしれないと言っていることが理解できました。そこで、兵士に年齢を尋ねられたとき、16歳だと答えたのです。その小さな嘘、兵士に嘘をついたことが、彼の命を救うこととなったのです。なぜなら、16歳未満の子供たちは全員ガス室送りにされたからです。

こちらもご参考に:
戦争が心に与える影響

アウシュビッツ ケルテース・イムレ ホロコースト

作家として

1944年から1945年の間、ケルテースはアウシュビッツとブッヘンヴァルトの両方の強制収容所で過ごしました。連合軍の勝利の後に解放されましたが、非常に厄介だったのはユダヤ教を信仰していなかったにもかかわらず強制収容所の囚人になったということです。釈放された後、彼は故郷に戻りましたが、家族や親戚を誰一人見つけることはできませんでした。

しばらくして、彼はジャーナリストとして働き始め、高校を卒業しました。しかし、仕事を失い、数年間工場で働かなければなりませんでした。当時はスターリニズムがハンガリーを支配し、今回もまた、ケルテースは差別されることとなりました。豊かな家出身のため「ブルジョア」とされ、政権は彼を疑って警戒したのです。その後、ケルテースは翻訳者として働き始めました。

ケルテースはまた、コメディ、コマーシャル、その他のどんな些細なもののためにも脚本を書きました。 そして1975年に、名作「運命ではなく」を発表したのです。 20年間、彼はわずか13畳ほどのアパートに住んで台所の小さな隅で書き続けました。時おり頻繁に通ったカフェでも執筆活動を行いました。

ご存知でしたか?:
イサベル・アジェンデ:素晴らしい作家の人生

晩年

90年代前後、ドイツの出版社は彼の作品を高く評価するようになりました。そして、いくつかの国際的な賞を受賞しケルテースは有名になりました。ハンガリーで共産主義体制が崩壊した後、ケルテースは裕福で快適な生活を送ることが可能になりました。 2002年には、ノーベル文学賞を受賞したのです。そして数年後の2016年3月31日、彼はブダペストで亡くなりました。

ケルテース・イムレ ホロコースト

小さな嘘はケルテース・イムレの命を救い、運命を変えました。これは、ほんの少しの間に、誰でも人生がまったく予想外の転換を迎える可能性があることを示しています。

ケルテースがどうやってホロコーストを生き残ったのかというストーリーは皆を驚かせました。ケルテースはそれを乗り切っただけでなく、その後の、異なる政権下での困難にも直面しました。誰が権力を握っていたかにかかわらず、彼の生まれや家柄のために常に差別され困難に遭ってきたのです。また作家としても、初期の辛い時代を乗り切らなくてはなりませんでした。しかし、ケルテースは彼が持っていた最も強力な武器、彼の言葉を決してあきらめずに使い続けたのです。

  • Larrosa, J. (2009). Veinte minutos en la fila. Sobre experiencia, relato y subjetividad en Imre Kertész. Actualidades pedagógicas, (54), 55-68.