子供に携帯電話を持たせるべきではない3つの理由

· 2018年5月5日

子どもに携帯電話を買い与えることをお考えですか?それはいいことでしょうか、悪いことでしょうか?疑問が浮かんでくるのはわかります。

テクノロジーは生活の一部で、子どもたちは常にこのテクノロジーの使い方がうまくなっています。しかし、その子どもの膨大な学びの能力、好奇心、デバイスが持つ無限の可能性で、子どもたちは我慢することができません。

新しいテクノロジーは、子供時代に侵食してきます。携帯電話を与えないことで癇癪を起すまでそんなに時間はかかりません。

 

良識ある決断のために、子どもに携帯電話を与えるべきではない3つの理由をこの記事でご紹介します。あるいは、保護者の監視下の元や制限された時間内での使用を行うための理由です。

1. 神経の成長に影響:脳をコンスタントな刺激で機能するようにするデバイス

常に刺激される環境で機能することはいいことに思えるかもしれません。子どもの成長における多くの専門家が、幼少時代に刺激を受けることの重要性を唱えています。そうすることで、知的ポテンシャルに最大限届くことができます。

でも、携帯電話が起こす刺激は、健康的とは言えない刺激です。

携帯を使う子供

なぜ健康的ではないのでしょうか?携帯電話はコンスタントに脳に刺激を与えすぎてしまい、変わりやすい、揺れ動く 、千変万化の環境を導いてしまします。

過剰な刺激は健康的ではありません。現実の生活で直面するような刺激ではないからです。

これに加え、かなり人工的ということで過剰な刺激は良くないとする人がいます。現実世界に子どもが面と向かって直面した時、たくさんのいら立ちを生み出すことになるかもしれません。(現実のものがつまらなく刺激にかけるように感じます。)

10歳以下の子供がモバイルデバイスを使うこととADHDの関連を調べた研究がなされているのはそのためです。 (10歳は脳の白質形成が最も盛んな年)

「現実世界のための準備をしてくれるわけではないため、過剰な刺激は健康ではありません。後になって、現実世界に面と向かって直面した際、かなりのいら立ちの感情を生み出します。(現実のものがつまらなく刺激にかけるように感じます。)」

2. インターネットとソーシャルメディアの危険に子どもをさらす

子どもに携帯電話を与えることは、大人がコントロールできない世界、インターネットへのアクセスを与えることです。比喩を使うなら、子どもたちが誰に話しかけ、遊んで、コミュニケーションしているのをチェックせず、子供をモールに一人にしないなら、なぜ携帯電話は与えても大丈夫なんですか?

子どもが責任をもってデバイスを使えるとどんなに確信していても、あまり現実的ではありません。試してみたら、子どもが携帯電話で何をするか最初の数日は確認ことができるかと思います。

しかし、子どもを信頼してガードを下げてしまう可能性が高いです。そうすれば、子どもたちを親がコントロールできない刺激にさらしてしまうかもしれません。

子どもに携帯電話を与えた際、面と向かったリアルタイムではない「オンライン」の人間関係を選ぶことを容易にしてしまいます。

通常のソーシャルスキルを学ぶことに関して、それはさらに大きな問題です。大人になって仕事や社会生活を送る際の障害になりかねません。

3. いい習慣や必要なスキルの発達を妨げる

幼少期に携帯電話を使用することは、重要なスキルの発達を妨げます。集中力です。モバイルデバイスは一つの刺激から別の刺激に簡単に移動できるようデザインされているため、このような問題が起こります。

しかし、集中力は逆です。集中力というのは、意識を一度に安定して一定の長さ一つの刺激に集中させることです。

子どもたちはスクリーンに集中しやすいというのは本当のようです。しかし、簡単なタイプの集中力です。コンスタントな変化によってガイドされているため、子どもたちのために携帯電話が勝手に集中作業を行ってくれます。

子どもにとっても親にとっても幸いなことに、脳は柔軟で大人になってからでも集中する方法は学べます。しかし、もし可能であれば小さい時に学ぶほうが理想的です。

寝そべる子供

子どもに携帯電話を与えることは、自分で暇をどう過ごすか学ぶ機会を奪っているということです。つまらなくなることはとても重要なんです。

しかし、子どもに携帯を与えるとき、いつも子供が飽きないようにそうするかと思います。だから、退屈に直面しなくて済んでしまいます。またけんかを生み出します。子供が「落ち着きがなく」「活発」だから、携帯電話を与えます。でも、忍耐のテストは子供にとってはいいことなんです。

「子どもに携帯電話を与えるとき、子どもが退屈でいることを学ぶ機会を妨げます。でもこれは、日々の生活の中で基本的なスキルです。」

 

この記事では子どもに携帯電話を与えない理由にフォーカスしました。しかし、考えるべきポジティブでニュートラルな理由もあります。

重要なのは、起こっていることのコントロールが取れていることです。携帯電話を子どもに与えるなら、保護者が監視しているべきです。

休憩のためだったり、ガードを下げすぎるために携帯電話を利用するべきではありません。子どもが利用できる時間を構造化するべきです。祖父母や他の人が子どもに携帯電話を使わせたら、どのように子どもに利用してほしいかを伝えてください。

このようなケースの場合、最も良い方法は携帯電話を与えないことかもしれません。子どもが「意地悪」と言おうが、このテクノロジーに子どもがさらされる時間を増やすことを妨げます。