子供の注意を保つ3つのトリック

· 2017年11月6日

小児期は前頭皮質が発達している途中なので、衝動を制御することは子供にとって困難な仕事です。 彼ら自身の意識よりも外部の刺激によって注意がコントロールされます。 このため、私たちが小児と話すときには、気が散って時には私たちの話を聞かないのが普通です。

思春期が終わる前に前頭皮質が発達するというような魔法の治療法はないかもしれませんが、簡単なトリックがあります。これらを用いて彼らが注意を払い、理解し、自分の発言に責任を持つように仕向けるのです。

子供の注意を引いて保つ

小さな子供たちとコミュニケーションを取ろうとする時、気が散るということは最悪のことでしょう。どうすればそれをクリアできるでしょうか? まず、気を散らす原因となる刺激を取り除いてください。 論理的には、私たちがそれらをすべて取り除くことは非常に困難です。 私たちは家の壁から写真を取ったり、廊下からすべてのぬいぐるみを取り除いたり、子供と話したいときには家具や壁の色を塗り替えたりはしないでしょう。 では、私たちは何をすることができますか?

可能であれば、彼らを刺激するものを含まない空間を家庭内に持つことは良いことです。 そうすれば、空間が彼らが集中するように強制します。 これは、子供を正すとき、あるいは褒めるとき、または課題を与えるときに役立ちます。 いずれにせよ、私たちが望むのは、彼らに何らかのメッセージが伝わることです。

注意すること:テレビを見たり、遊んで引っ張っりあったり、読んだりしている間に話さない。 彼らが何かに集中している間に、何か重要なことを教えてはいけません。

子供と遊ぶ母親

注目すべき点として、最も重要なものは視線です。したがって、視線を最も確かなものにする必要があります。 子供が私たちを見ていることを確認する必要があります。 子供たちは大人のように、通常、彼らが見ているものに注意を払うでしょう。 私たちは彼らの小さな顔に手を当てて、彼らが私たちを見ていることを確認することができます。

 

短い文章で話す

彼らの記憶が完全に開発されきっていない場合、 わたしたちは何かをするように指示するとき、可能な限り短く正確な注文をすることが最善です。 以下がその例です。

  • 何をしなければならないのか。
  • どこでどのようにしなければならないのか。 これは、子供が初めて何かをする場合、もしくは他にやり方があることを教える場合にのみ使うべき方法です。そうすることで、子供たちが、自分のやっていることを大人が信用していないと思わないからです。
  • いつやらなければいけないか。特に小さい子供には、直ちにやるべきことをタスクとして与えることをお勧めします。映画が終わったときに何かをやらせたければ、それが終わるまで待ってから教えてください。あなたが忘れてしまう可能性が非常に高いという理由で終わる前にやってはいけません。それでは、忘れていたのか不服従なのか分かりません。

もう1つの側面は時間に関することです。 遊び終了時に何かをするように指示した場合は、5分ごとにそれを繰り返さないでください。 彼らの遊びを終わらさせましょう。 子供たちができる良いことの1つは、現在に完全に集中することです。 彼らにそれを最大限楽しんでもらいましょう!

別の仕掛けとしては、一度に1つずつ注文し、一度に1つ訂正し、特定の誉め言葉を与えることです。 「・・・という理由であなたがこれをこのようにしたのが好き」「・・・という理由であなたがこうしたのが好きでないの」という具合です。彼らが塗り絵をしているときに色をうまく選んだら、それを褒め、再びそれを行うまで褒めるのを待ってください。訂正をするときも同じです。 子供たちは多くのことを改善できますが、この改善は小さな目標に基づいて徐々に行われなければなりません。

もう一つ、私たちが子供を称賛したいときに注意を向けさせる仕掛けは、私たちに分かち合う秘密があることを伝えることです。

子供に秘密を耳打ちする

適切な時間を選ぶ

子供の行いを訂正または処罰しようとするならば、その行為と結果は短い方がよく、できるだけ早く実行することが最善です。考えてみてください。子供にとっては、一日が非常に長く、彼らにとって、夜明けには朝の出来事はずいぶん前の出来事になっているでしょう。

腕がリラックスしている子供と、自分の腕を防衛的に交差している子供とはまったく異なります。そのため、子供とコミュニケーションを取る前に、時にはリラックスしてコミュニケーションをとるために正しい精神状態に入るのに数秒かけることをお勧めします。

 

最後に、彼らが私たちを理解していることを確認するために、私たちが言ったことを確認することは賢明な考えであり、場合によっては、今話したことについて彼らが何を考えているか聞くことは悪い考えではありません。

彼らは小さいかもしれませんが、自分たちのやり方に理由があることを忘れてはいません。その理由が分からなければ、私たちの介入がより効果的になるようにその理由を探し出すべきです。 コミュニケーションの枠を開いたままにして質問すると、物事を伝えることがより簡単になり、わたしたちの方法と彼らの要求を適合させるのがより簡単になります。

いずれにせよ、私たちは子供たちとコミュニケーションをとる必要があります。 彼らはスマートで時には物事を困難にすることがありますが、子供を育てることは美しい責任であり、私たちの努力に価値があることを忘れないでください。