感情のコミュニケーション

· 2017年10月26日

ちらっと見ただけはその人の本質はわかりません。人というのは、その輝く目を通して正しい言葉を私たちに感じさせてくれるものであり、守られていると感じさせてくれる抱擁でもあります。ヒーリング・生命の感情的な力を抽出してくれる存在です。悲しみの溝から救い出してくれる存在です。

同じような感覚をどこかで感じたことがあるはずです。初めて見たときはその見た目と無関心さから冷たい印象を受けた人がいるとします。明らかに内向的であるために、大胆さや自発性の欠如があるとみなされます。しかし、少し経つと微妙な違いが見えてきます。 その人の色鮮やかで魔法のような部分が見えてきて、私たちは別の幸せを感じ始めます。

 

「指を揺れずに誰かが何かを感じさせてくれたら、それはすごいことだ。」
-マリオ・ベネデッティ-

人としての私たちの存在は、顔の特徴、体を覆う服以上のものがあります。人間は、心臓を動かし酸素を肺に送ってくれる力を超える例外的でユニークなエネルギーです。有機的な機能を超えたこのような感情が、私たちを私たちたらしめ、世界とのつながり方を形どります。

他人へ感情を伝えることは強力な手段です。重要であるがために、繊細さと賢明な自己認識をもってきちんとケアする必要があります。それでは次に、 より良い対人関係を築く方法を見てみましょう。

バイオリンを弾く女性

他人に感じさせるもの: 感情の認識

私たちは気づかずして様々なメッセージを発しています。見た目、ジェスチャー、動き方、他人の見方などは、私たちの感情の小宇宙を形どります。その小さな宇宙の中では、明確な情報を伝えるために言葉は必要ありません。歴史的な事実を見てみましょう。言葉が発達するずっと前に、人は感情をコミュニケーションのツールとして使っていました。

 

「いい気分にさせてくれるから君が好き。誰とでもいい気分になれるわけじゃないんだ。」

例えば、恐怖を顔に浮かべると、人々に脅威の存在を知らせます。涙や内向的な姿勢は、悲しみや苦しみの存在、満たされる必要のあるニーズの存在を表します。しかし、洗練された言語が発達してくると、こういった明らかなジェスチャーが減少し、ゆるされなくなります。文明化した世界は、感情の抑圧を必要とします。本能的な表現は原始的と思われているからです。それは、「コントロールされなければならない」もので、プライベートな部分に隠しておく必要があるとされています。

ハート型リーフ

感情はグループとしての生き残りを保証する

一方で、社会認識の分野で行われた研究によると、感情を心にとめておくのはいいことです。感情は、単なる緩和や個人の表現のメカニズムではありません。それ以上に、感情は生き残りのメカニズムです。なぜなら、感情は他人に「感染」します。幸福で他人を包み込み、彼らも私たちの幸せを感じることができます。あるいは、介抱してもらうために、魂の悲しみや悲痛を他人に見せます。

こうすることで、助け合いのエンジンがかかります。感情と助け合いがあるからこそ、私たちは種として生き延びてこれました。それは、ミラーニューロンが異質な感情を学び、真似、特定を行う大脳組織の連携に似ています。

しかし、感情を抑圧し、目を見て話さず、同僚が無言で悲しんでいるときに見えないふりをするとしたら、私たちは自分たちの進化のコンセプトに反して行動していることになります。プライドで固められた孤独な島に留まり続けると、不幸だけが花咲く感情の生態を作り出します。

気分をよくさせて、ポジティブな感情を

面白いことに、感情の伝染を形どるこの素晴らしいメカニズムがどのように機能するかを伝える研究はあまりありません。 いまのところ、ネガティブ・ポジティブに関わらず、他人が私たちに感じさせることは「ミラーリングシステム」によって支配されているということがわかっています。この複雑な仕組みの中で、神経学者は島皮質に注目しています。島皮質は、周りにいる人の感情の状況の処理・内面化を司る構造です。

「ありがたみを感じて表現しないことは、プレゼントを包んであげないようなものだ。」
-ウィリアム・アーサー・ワード-

これらの構造は退化性のダメージに強い耐性があります。例えば、アルツハイマーを患っている人が感情的な世界に反応を示し続けるのはこのためです。安らぎと愛情を伝える、愛撫、ハグ、優しい行動、存在が、最終的には理解し反応できる唯一の言葉となります。 

子供をハグする母親

一方で、ポジティブな感情は教育にも大きく関係してきます。生まれたばかりの赤ん坊は、親が感じさせてくれることをもとに世界を理解し始めます。涙、恐怖、その他のニーズに応じてくれる、肉体的な接触、愛情、ケアに、感情は基づいています。 これによって、日々神経システムの適切な発達が促進されます。

結論として、ポジティブな感情は、育成し、絆を形成し、恐怖を癒し、安定した幸せな人間関係を強化します。利他的な 感情性の創造者、仲介者になる方法を身につけてみましょう。思いやりの気持ちは、共感と相互関係に基づいています。そこから、ニーズを感じ取り、優しさを与え、敬意を示すことができます。日々の小さなシチュエーションに刻まれた幸せこそがカギです。