幸せのためにリスクを負いますか?

· 2019年1月31日

テレビで放送されるネガティブなニュースの数とポジティブなニュースの数を比較したことがありますか?ラジオの最初のニュースが何であるか注目したことがありますか?ニュースにはならないたくさんのポジティブなことが周りでは起こっています。世界のすべてが悪いわけではありません。たくさんの素晴らしいことも起こっているんですよ!この世界の中で幸せを見つけるのにこれがどう関係しているかを見てみましょう。

ネガティブなニュースに囲まれてわたしたちは過ごしています。死、殺人、事故、裏切りに苦しめられています。世界は常に成長しています。科学と技術は急速に進化しています。しかし、私たちは最も重要である「人間」を育成することを忘れてしまっています。

木は成長します。毎日、何千もの子供が生まれます。人は他人に手を貸して助けます。中には、私たちの生活を便利にするためのものを生み出してくれる人もいます。しかし、木が倒れる時には、成長している木よりも大きな音を立てるものなのです。

良い人間も存在します。慈善心に富んだ人もいます。見返りに何も求めないような人です。より良い世界を教え、育て、望む人、努力して進み続ける人もいます。しかし、これらの人がメディアに取り上げられることはあまりありません。

病気になるリスク要因、人生を続けられなくなるリスク要因、健康への害のリスク要因はたくさんあります。それでは、幸福へのリスク要因はあるでしょうか?読み進めて、幸福で成長していくことへのリスク要因を見ていきましょう。それを背負ったとき、喜びの「危険な」世界へ導いてくれる要因です。

カラフルな風船
幸福への「リスク要因」

他人へ感謝して、手にしているものをありがたく思う「リスク」に気をつけましょう。愛する人に囲まれて過ごすことを幸運だと感じることに注意しましょう。みんなに感謝したら、あなたはお返しに笑顔を受け取る「リスクを冒して」います。それは、あなたをより幸福にしてくれる他人からの素振りです。

私たちが冒すべき別の「リスク」は、立ち止まって、日々の瞬間に感覚が伝えてくることに耳を傾けて、観察して、意識することです。それを思い出して楽しむために、常に起こっていることを意識しましょう。不安や恐れていることではなく、自分の目の前にある現実を生きるよう誘ってくれます。内面的な自分自身と調和して、つながりを感じるための機会です。

成長を求めて、心を動かして満たしてくれるものを達成するよう努力したら、わたしたちは頭から幸せに突っ込んでいく「リスク」をおかします。人は、より良く物事を行って、前に進み続けるために、継続的に努力しなければいけません。疲れていても、起き上がるときに笑顔を作りましょう! そうすることで、良い思い出や笑いを作り出せます。

他人を助けて、すべての中にポジティブなものを見出すように気を付けて、新しい方法や代替案を探すのをやめないようにしましょう。愛情を他人に注ぎ込みましょう(もちろん、やりすぎない程度にです)。自分の一日を整理して、仕事と楽しみや自分の時間もとれるようにしましょう。状況がどんなものであっても、笑顔を絶やさないでください。そうすれば、もっともっと自分が好きになります。

赤ちゃんの足
種を植えて、成長するのを見よう

土地がだめにならないように、種をまき続けましょう。失うものもあるし、それを嘆くかもしれませんが、だからと言って木を育てる種を植え続けるのをやめないでください。誰かが亡くなるたびに、世界の別の場所で新しい命が生まれます。この新しい命は、わたしたちが悲しんでいる亡くなった人の命と同じくらい価値のあるものです。

成長より多くの死があるように思えても、他人の成長や発展を助けるのは自分にかかっているということが分かっているはずです。ネガティブなニュースに囲まれていますが、ポジティブなものを探し続け、まだ生きているものの中の生命を感じ取りましょう。探せばそこにあるはずです。見つけられたら、「危険な幸福」の世界を見ることができます。

人生が与えてくれるものをよく見てみたら、取るべきリスクがあることがわかります。これらのリスクをとったら、他の人や自分を幸せで「感染」させる「リスク」を冒します。幸せになるためにこれらのリスクを冒す準備はできていますか?

Goodman, L. E. (2014). Happiness. In The Cambridge History of Medieval Philosophy. https://doi.org/10.1017/CHO9781107446953.041 Lyubomksky, S., Sheldon, K. M., & Schkade, D. (2005). Pursuing happiness: The architecture of sustainable change. Review of General Psychology. https://doi.org/10.1037/1089-2680.9.2.111 Dambrun, M., Ricard, M., Després, G., Drelon, E., Gibelin, E., Gibelin, M., … Michaux, O. (2012). Measuring happiness: From fluctuating happiness to authentic-durable happiness. Frontiers in Psychology. https://doi.org/10.3389/fpsyg.2012.00016