幸せになるのは怖いですか?

幸せになるのは怖いですか?

最後の更新: 17 1月, 2019

恐怖症があるというのは自然なことです。クモや高さを怖がる人を1人くらいは知ってるのではないでしょうか?しかし、幸せになることを怖がっているとしたら、それはふつうではありません。幸福に「嫌気」を感じると、その人の健康や幸福に深刻な問題を引き起こします。

幸せに対する恐怖には、様々な要因があります。異常に厳しいしつけ、過度な責任、孤独などが原因です。本記事では、この恐怖を乗り越えるための方法をご紹介します。

自分の幸福をないがしろにすることをやめるために

1. 自己破滅的な習慣を特定

まず、自己破滅的な習慣を特定しなくてはいけません。日常的に行っていることかもしれないし、時々行っていても長期の影響を及ぼすものかもしれません。

罪悪感を感じたり、特定の感情に圧倒されるとき、どんな状況でその感情が沸き上がったかをメモしておくと良いでしょう。こうすることで、その瞬間が過ぎ去ったあと、再度考えて再構築することができます。それができれば、心地よい感覚を台無しにするようなことがもう一度起こることがなくなります。

辛さ


2. 恐怖を助長させる自分と戦う

それが嵐かのごとく、穏やかな状態から逃げる人がいます。不安のない人生という考え方が理解できない人です。心配することがなかったら、望遠鏡を使って未来の不安を探し始めます。

平和、落ち着き、静けさを快適と感じない、もしくはそれに慣れていません。寝ているとき以外休むこともありません。常に大きな問題のために準備しているような状態です。

一般的に、「予防は最高の薬」という考えを極端に解釈しているような人達です。常に起こりえる危険の先を行こうと奮闘しますが、そうすること自体が危険です。このように生きるのは、自身の健康に対する絶え間ない攻撃であるからです。

3. 限界を避け拒否する

時に、自分自身に限界を設定してしまいます。その一つが、考えていることや感じていることを表現しないことです。自分自身にこのルールを課してそれに従ったら、他人があなたのことを知って手を指し伸ばすことが難しくなります。

さらに、感情表現の欠如は、怒りや悲しみなどのネガティブな感情だけではありません。多くの人は、ポジティブな感情ですら抑制してしまうのです。そうなると、幸せを見せることはもはや罪です。この考え方は、 ウンベルト・エーコの『薔薇の名前』の中心的なテーマでもあります。

4. 自分の幸せを満喫する

幸せは、あまり公平だとは言えないことを覚えておきましょう。一生懸命努力しても、落胆することはあります。一方、自分には「もったいない」くらいの驚きに巡り合うこともあります。重要なことは、自分に起こったことは何でも楽しむことです。

ジャンプ


幸せでいることを恐れていますか

この恐怖を乗り越えられると信じることができたら、その恐怖がどこから来るのか特定しましょう。この感情的な状態に巣食っているものは何でしょうか?これらを特定することが、基本的な目標です。

1. 恐怖を乗り越えるのにはカウンセリングが有効

この問題はブラックホールのようで、逃げることができないと感じていますか?幸せな瞬間を感じる度に、気分がより悪くなりますか?もし答えが「はい」なら、専門の心理士の助けを得て、問題の根っこを客観的に分析しましょう。

助けを求めることを恥じる必要はありません。肉体的な問題で医者にかかるときに恥ずかしさは感じませんよね?メンタルヘルスは、肉体の健康と同じくらい重要であることを覚えておいてください。

2. 愛する人からの助けを得る

家族と友人は、問題を抱えている時には大きな支えになります。解決策を見つけて、あなたの考えの共鳴板になって、新しい見方を切り開いてくれます。意見や心からの支援を得ることは素晴らしいことです。そのため、感情を友人や家族と共有することは、異なる視点から物事を見る素晴らしい方法です。

さらに、他人の支援や意見を得ることで、孤独を感じることがなくなります。そのため、幸せでいることに恐怖を感じづらくなります。助けを求めたら、他の人も助けを求めてくるようになるかもしれません。相互の支援関係を築くことになり、すべての人がその恩恵を享受することができるようになるでしょう。

こちらの記事もおすすめです。
幸せになるための7つの健康的なひまつぶし
こころの探検で読むことができます。 こころの探検
幸せになるための7つの健康的なひまつぶし

暇な時あなたは何をしますか?自分を現実から切り離し、リラックスできる趣味やひまつぶしがありますか?またはあなたはこういったことをする時間がとれないタイプの人ですか?趣味は時間の無駄だと思いますか?もしそうなら、そんなに結論を急がないでください。



  • Schopenhauer, Arthur (2018). El arte de ser feliz. Disponible en: https://books.google.es/books?hl=es&lr=&id=7H1JDwAAQBAJ&oi=fnd&pg=PT3&dq=miedo+a+ser+feliz&ots=wAUXF6GqKh&sig=gbENCQlJZP7yagkR26RPwR4Nbc8&redir_esc=y#v=onepage&q=miedo%20a%20ser%20feliz&f=false