舌が「噛み付く」時

2017年10月15日 in 心理学 0 シェア済み
噂話をする女性

舌は噛み砕くことはできないけれど、噛み付くことが多々ありますこれは言葉やトーン、そして誰かの背後で耳打ちされる臆病なフレーズを使ってなされるのです。心の力が乏しい人は舌が成し得る所業に事欠きません。そしていつでもすぐにその能力を発揮します。

言葉は脳の言語であり、人類としての進化の結果にも拘わらず、その言葉を使っていかに私達が相手を傷つけることができるかというのは不思議なことです。私達は未だに洗練された微妙な言葉と感情の世界を習得しておらず、より親密で、そしてより共感的な存在になることを学んでいません。噂や口撃、そして侮辱で壁を築くのではなく、共存できる人間になる方法を知りません。

私達は皆、舌が棒や石と同じくらいに相手を傷つける能力があることを知っています。もちろん、人間はずいぶんと進化してきました。それは疑いようもないことです。私達はより洗練され、より能力を身につけた生き物となり、先祖が生きていた時代と同等に変化に富み、厳しい環境下であってもより高い確率で生き残ることができるようになりました。しかし、そこには私達が反省し、もう少し自己認識ができるようになるべき事があります。

人類として大きな一歩を踏み出してから何年もの時が経ち、私達はデジタル時代への道を開いてきました。しかし、人間同士のつながりを最大限にするどころか、新しいテクノロジーはその真逆を達成しがちです。

こうした環境で、舌は難解な匿名性を利用して、たった140文字で十分なまでに言葉を通じたひどい害を及ぼします。こうした害は深刻な結果をもたらしますが、その責任の所在は曖昧になります。

私達はどうしてそんなことをするのでしょうか?どうして他人の命を破壊するまで「舌で噛み付く」のでしょうか?

赤い髪の少女と魚

ひどい痛みを生じさせる言葉

しばしば、私達は怒りによって疲弊してしまいます。そしてしばしば、瞬時の緊迫感が私達に間違った事を言わせ、愛する人の心を打ち砕いてしまいます。よく言うように、何百年も自分の発言で後悔して過ごすよりは、緊迫状態では沈黙を選ぶ方が絶対に良いのです。

間違いなく全員に舌で、そして言葉で害を及ぼす力があります。しかし、「害」という時、それは単なる比喩ではありません。なぜなら言語によって引き起こされた感情の痛みは現実であり、神経画像を通して見ることができるからです。

誰にも見えない痛み

カリフォルニア大学ロサンゼルス校では、神経学部が研究を行い、軽蔑に満ちた言葉を聞くことと批判や噂の打撃によって常時的に苦しむことが「社会拒否の神経回路網」として知られるものを作動させることを発見しました。

その人の脳内活動が変化して「断絶」の状態で停止し、怒りと鬱の間で揺れるのです。

赤の中の女性の顔

また、研究チームは口撃は身体的暴力よりももっと深く長引く効果を生むことも発見しました。その衝撃は子供の発達にすら影響します。多くの子供が学校で苦しむ威嚇や口頭での暴力といった要因は、脳内や記憶や感情と関連する器官である海馬にもある白質の量と相互関係があります。

立ち止まって考えてみよう―あなたの舌は武器である

私達は舌が相手を傷つけることを知っています。同様に、多くの賢い言葉が、薬と同じくらい治癒力があることも知っています。癒してくれる声、慰めてくれる目、聴いてくれる耳、そして心からつながってくれる言葉。ではなぜこうした行動を実践することがそれほどに難しいのでしょうか?

まずはじめに、皆がそうできるだけの知識や能力を持っているわけではないことです。多くの研究は、他者を威嚇しいじめる子供は深刻な感情的また精神的問題を抱えていることを明かしています。多くの子供は攻撃することが力と同義だと見ているのです。こうした行動は、尊厳と共感の教育が根本的に欠如している人にとって、自分を再確認する唯一の方法なのです。

箱の中で耳をふさぐ女性

次に、自らの舌の貪欲さや機敏さに流されてしまう人は、自分の思考や刺を和らげ、感情的管理やセルフコントロールを活発にする適切な精神的フィルターに通すことが不可能なことです。

私達は幅広い観客と表現するのに多様なチャンネルが舌に与えられた社会に生きています。事実、そうした社会は不利な個人や少数派のグループに反するグループを集合させることが可能です。私達は「多数派vs厄介者」という構図に落ちるのではなく、自分のために考えられる人へと自身を持ち上げられるようでなくはなりません。

最後に、舌は脳の手段以外の何物でもありません。舌をそれだけで動かしてしまえば、無知、最も原始的な本能、有毒で有害な言葉に声を与えることになるでしょう。

そんなことに価値はありません。喋ったり、ソーシャルメディアに投稿したりする前に、聞いて観察しましょう。気を付けて下さい、なぜなら、時にして、沈黙が後に後悔することになるどの言葉よりも好ましいこともあるのです。

あなたへおすすめ