出版バイアスとは?

2019年9月6日
ネガティブな研究結果はポジティブな結果よりも公表される可能性が低く、そのため、公表論文を集めるとポジティブな結果に偏りやすいです。

バイアスは研究や実験で発生する可能性のある体系的なエラーです。バイアスが存在する場合、片方の結果のみが選択されたり、他の結果よりも優先されます。興味深いことに、このバイアスは調査の大部分で多かれ少なかれ発生します。それでは、出版バイアスは何から成り立っていて、その背後にある理由は何なのでしょうか?

最も大事なことは、この概念を理解し、それを回避、最小化、または修正することです。バイアスは、研究プロセスのどの段階でも発生する可能性があります。特に、これらは計画、実行、分析、結果の提示、および公開の段階でよく見られます。

出版バイアスは、肯定的な結果を出した研究のみ情報を公開する傾向のことです。

肯定的な結果は、研究者がその発見を好む場合に起こります。これらの調査結果は、統計的に有意になる相関や差異が現れやすい傾向にあります。

一方、このバイアスにより、研究者は否定的な結果を公表しません。ご想像のとおり、否定的な結果は、統計的に有意な相関や差がありません。

出版バイアスのもうひとつの特徴は、研究者がより都合が良く人気のある結果や記事を公開することです。したがって、編集社が載せる可能性が高くなります。

スターリングは出版バイアスの概念を最初に導入した人物です。彼は、メディアが統計的に有意な結果を伴う研究を発表する可能性が高く、逆に重要でない結果の研究を公開しない傾向があること指摘しました。

出版バイアスとは?

出版バイアスの証拠

前述したように、出版の偏りをはじめに指摘したのはスターリングでした。スターリングは1年間(1955年〜1956年)に4つの雑誌のすべての記事をレビューしました。その後、研究者が有意性検定を行ったときに、記事の97%が帰無仮説を棄却されたことがわかりました。

また、公開された研究は未公開の研究よりも多かったことが明らかになりました。

こちらもご参考に:
認識バイアス:考えないとき、人は過ちを犯す

バイアスに影響する要因

マリア・カルメン・ローザガリドによると、出版バイアスに影響を与えるいくつかの要因があります。

  • 研究で統計的に有意でない結果を公開しないという著者の決定。
  • 雑誌編集者による否定的な結果を伴う出版研究の拒否または回避。これは、方法論の品質が結果の信頼性を検証するのに十分であっても起こります。
  • 他の研究者の書誌検索におけるこれらの研究の除外。

出版バイアスを排除または防止する方法

出版バイアスを防止または排除するために、一部の著者は以下のことを提案しています:

  • 仮説検定の廃止
  • 同僚、同業者による事前レビュー
  • サンプルが不十分な研究の公開はしないこと
  • 重要でない結果に対してもより積極的に情報提示する
  • レビューと出版のプロセスを改善する

ご存知でしたか?:
バランスの取れた思考:世界と調和をとる考え方

バイアスの評価

研究のサンプルにバイアスがかかっているかどうかを評価し、そのバイアスの影響を評価するために、多くの統計的手順が生まれています。一般的にサンプルサイズが小さいと、検出力が低くなり、大きな差があっても有意にならない可能性が高くなると言われています。一方サンプルサイズが大きいと,検定力が大きくなり,過誤が小さくなると考えられています。

 

出版バイアス

雑誌編集者と出版バイアス

出版バイアスはどこから生じるのでしょうか?医学文献では、雑誌編集者に大きな原因があると言われています。

これには根拠があります。 1980年、ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルは、彼らにとって理想的な記事とは「臨床診療に影響を与えたり疾患の予後を改善したり治療を簡素化する研究結果」であると述べましたた。これによって、意図せず出版バイアスに言及したのです。

出版バイアスを防ぐ最も効果的な手段は、すべての臨床試験を登録することです。前進するためには、予防することが非常に大切なのです。

科学界におけるこのバイアスの深刻性を強調することは非常に重要です。偏った証拠を使用する場合、あなたが下す決定は最適ではないかもしれません。これは、患者や科学界一般にとって最善でない不適切な治療法につながる可能性があるのです。

  1. ASALE, R. (2018). sesgo, ga. Retrieved from https://dle.rae.es/?id=XipMgHq
  2. Bonita, R., Beaglehole, R., & Kjellström, T. (2008). Epidemiologia básica. OPS.
  3. Manterola, C., & Otzen, T. (2015). Los sesgos en investigación clínica. International Journal of Morphology, 33(3), 1156-1164.
  4. Gómez-Restrepo, C. (2008). Acerca del sesgo de publicación en literatura sobre antidepresivos. Revista Colombiana de Psiquiatría, 37(1), 8-10.
  5. Garrido, R., & ª Carmen, M. (2016). Sesgo de publicación:¿ existe también en estudios de metanálisis?. Index de Enfermería, 25(1-2), 7-8.
  6. Vevea, J. L., & Woods, C. M. (2005). Publication bias in research synthesis: sensitivity analysis using a priori weight functions. Psychological methods, 10(4), 428.
  7. Dickersin, K. (1994). Sobre la existencia y los factores de riesgo del sesgo de publicación.
  8. “The editor regrets . ..” [Editorial]. Br Med J 1980;280:508.
  9. Sterling, T. D. (1959). Publication decisions and their possible effects on inferences drawn from tests of significance—or vice versa. Journal of the American statistical association, 54(285), 30-34.