例え心が傷ついていても、私はこの経験から学ぶ

2018年6月10日 in 好奇心 0 シェア済み
悲しい女性

心が傷ついていても、私はこの経験の中に意味を見つけるでしょう私は歩き続けるつもりです。私は必要なときは痛みを感じるでしょう。泣く必要があるときは泣くでしょう。私は自分がどんな気持ちでいるかを聞きたくない人ではなく、それを大切にしてくれる人と時間を共有します。

私の価値を理解してくれる人、私に良くしてくれる人と痛みを分かち合えるよう、自分を尊重します。私はそうできるだけの強さを身に着けます。この通過点は私の個人的なものなので、私はこれ以上苦痛を感じたくありません。しかし、私はこの経験の中に意味を見つけたいと思っています。

あなたにも覚えがあることかもしれません。もしかしたらあなたは、私の傷ついた心と同じような壊れた心を抱えていたことがあるかもしれません。もしかしたら初めてのこと、またはあなたのリストに追加されるもう1つの時間かもしれません。あるいは、あなたの心は、大切な人々に関してのみ傷つくのかもしれません。あなたがどこにいたとしてもです。

3つのハートのうち1つは割れている

傷ついた心の奥にあるものをよりよく理解する

人々は失恋に対して非常に異なる反応をします。その関係に対して持っていた期待、自分の人生の中での相手の位置、関係に対して作り上げたイメージ、そして関係そのものの深さなどに基づいて反応します。そこには、私たちの中で脈打つ痛みに影響する様々な詳細が何百万とあるのです。

関係の中にあるメカニズムを見ると、私たちのビジョンはより明確になります。例えば、あなたは知り合った人をすぐに理想化する人物かもしれません。あなたはその人に対して、実際には存在しない小道具で飾りつけて、それらを満たそうとします。

目を閉じた女性

多くの場合、私たちは相手を自分の見たいように見ています。私たちが最初にそれを見ないと、相手がどれだけ素晴らしく特別であるかを証明する証拠を探し出します。私たちは「理想像を作り上げる」ことを本当に上手くやっています。そういった要素を、あたかもおもちゃのように追加したり取り除いたりします。

自己欺瞞が同じ失敗を繰り返させる

実際には、現実は理想とは違うことを分かっていますが、その人への依存が関係を乗っ取ってしまいます。そしてそれは私たちを惑わせます。相手が私が理想とした人かどうかは気にしません。 「私は彼らなしでは生きられない」。そしてこの瞬間に、私たちにある「独りでいることの恐怖」が私たちを支配します。私たちが目を開けて、この迷路から脱出しようと思えるまでです。

こういった考えから脱出するには、私たちは、ふさわしくない人と関係を保とうとする自己欺瞞に惑わされずに、真実を見ることが大事です。私たちを同じ種類の間違った人に何度も何度も傾倒させていたのは自身の自己欺瞞でした。私たちが関係の中でどのように行動したかを理解すると、この苦しい経験の中に意味を見つけることができます。どのようにして最初の心の傷が始まったのか理解できるのです

私の心を最初に傷つけた力を特定することは、痛みが伴うものの、私の将来の人間関係を破壊しないために、しっかりと向き合うチャンスを与えてくれます。
シェアする

カップルとたくさんの蝶

一つの関係(もしくは儚い報われない愛)が終わる時に始まるこの期間は、非常に豊かな土地です。欺瞞や幻想なしに学ぶ機会でいっぱいです。私たちは間違いの責任を負い、その間違いから収穫を得ることができます。そのときだけ、悲しい結果につながった理由を理解することができます。私たちは、他人を責め続けて一生を過ごすことはできません。それは簡単ですが、非生産的です。

自分に正直になる

私たちはみな、誰かとの関係の中で責任を負います。重要なことは、それを取りつつ、必要なときにはそこから抜け出す方法を知ることです。他人を私たちの人生に合わせるために自らの自尊心を踏みにじると、良好な関係にはなりません。相手が去ってしまうのを防ぐことが最優先事項になってしまったら、人生の危険信号です。私たちは何か手をを打たなければならないでしょう。

だから、自分自身に正直になって、常にあなたの苦しい経験の中に意味を見つけようとしてください。私の傷ついた心には意味があります。自分自身をよりよく理解し、同じ間違いを繰り返さないようにしてください。1つレッスンが終われば、あなたは少し賢く、少し強くなれます。

あなたへおすすめ