朝9時までに済ませたい5つのこと

· 2019年1月1日

朝の大切さを十分に活かし切れていない人は多いもの。バタバタしたりイライラしたりと、ストレスフルな状態で一日を迎えるなんてこともよくあるのではないでしょうか。問題は、エネルギーをあまりに使いすぎてしまうこと。この記事では、一日を気持ちよく過ごすために、朝9時までに済ませておきたいこと5つをご紹介します。

仕事のルーティンを始める前に行う習慣が大切なのはどうしてでしょうか?もちろん、ポジティブで、生産的で、バランスのとれた一日を過ごすのに役立つからですよね。

「ベッドから出る前にすべき5つのこと―感謝する、一日の意図を設定する、深呼吸を5回、意味もなく微笑む、昨日の自分の過ちを許す。」

― 匿名 ―

朝9時までにやっておきたい5つのことはこちらです―エクササイズ、健康的な食事、瞑想、環境を整える、一日の計画を立てる。

一つずつ詳しく見てみましょう。

1.エクササイズ

そう、エクササイズは朝9時までにやっておきたいことの一つ。運動は朝にするのが最適です。健康に良いだけでなく、メンタルヘルスにも良い効果があります。

エクササイズは心の状態にポジティブに作用するほか、血行、筋肉、関節、脳も活性化してくれます。エクササイズが脳の機能を改善することは研究で証明されています。バッチリ目が覚め、集中力の高まった気分ほど、一日の始まりにふさわしいものはありませんよね。

ヨガをする女性

2.栄養のある食事

医師や栄養士のあいだでは、朝食は一日で一番大切な食事であると言われています。しかし、このアドバイスに耳を傾けない人は少なくありません。毎朝コーヒーに加えて何かをかじるだけの人も多いのではないでしょうか。

一日を栄養不足で始めるのは好ましくありません。朝食の時間を取り、栄養のあるものを食べるのが理想です。こうすることで、脳や身体に一日の最初の刺激を与えてあげることができます。

3.5分間の瞑想

食べ物で体に栄養を与えるように、瞑想をすると心に栄養を与えることができます。朝9時までに5分間の瞑想をすることで、日常生活に大きな効果がみられるはずです。1人で静かな時間を過ごせば、大きな変化を感じられるでしょう。

瞑想とは、呼吸を通して自分を理解し、身体を感じ、心をクリアにすること。瞑想をしているあいだは、心のバランスを崩しかねないネガティブで重い思考や感情を処理していきます。瞑想は、平穏な日々を過ごすためのギフトのようなものなのです。

森で瞑想する男性

4.環境を整える

環境を整えるとは、つまり日々のちょっとした家事をするということ。洗濯をしたり、散らかったものを片づけたり、犬の散歩を済ませたりすることです。こういった活動は、時間内にやり終えなければ面倒なことにもなりかねません。朝の早いうちに済ませておくのが一番です。

こういった日々のタスクを先延ばしにしていると、一日中そのことが頭の片隅に残ったままになります。細々した雑用を朝早くにやり終えてしまえば、日中はクリアな気持ちで重要なことに集中できるようになるはずです。

5.計画を立てる

一日の計画を立てておくのは良いものです。計画を書き出すときは、それに関わるその他の事柄についても一緒にメモしておくと良いでしょう。こうすることで頭の中が整理され、やりたいことを全てやるための時間配分もしやすくなるはずです。

一日の計画を立てることの最大の利点は、ストレスを避けやすくなるということ。何をどんな順番ですればよいのか混乱しているときほど、落ち着かないことはありませんよね。一度にいくつものことをしようとしたり、それほど重要でないことに時間を使いすぎてしまったりもします。計画を立てる際に大切なのは、優先順位を決めることと、やらないでいいことを決めることです。

今回ご紹介した朝9時までにやっておきたい5つのことは、ちょっとしたセルフラブ(自愛)の行為です。健康や心の状態を守りながらも、日々の物事をきちんと行うのに役に立ってくれるはずです。やってみる価値ありですよ!