クレバー・ハンス、算数の計算ができる馬

08 1月, 2021
クレバー・ハンスとは、20世紀の初頭に「才能がある」と話題になった馬の名前です。どうやらこの馬には驚異的な記憶力と知性が備わっていたようです。記事を読み進めて詳しく学んでいきましょう!

「賢馬ハンス」としても知られるクレバー・ハンスは、20世紀初頭にドイツ社会を驚かせた有名な馬です。この馬は、幾度となく公衆の面前でその賢さを披露してきました。人々が数学演算やその他の計算を行うよう頼むと、興味深いことにハンスは毎回正しい答えを導き出したのです。

さらに、クレバー・ハンスの名声はドイツ国外へも広まりました。事実、地球上のあらゆる地域で多くの人々が絶えずこの馬のことを話題にしていたそうです。全員が、脚を上げたり地面を叩いたりして計算問題に解答するハンスに深く魅了されていました。

複数のミュージシャンがハンスを讃える曲を書いたことからも、その人気ぶりをうかがい知ることができます。面白いのはクレバー・ハンスが子どもたちのヒーロー的存在になったことで、それゆえハンスをイメージしたオモチャまでもが制作されました。さらには、彼の名を冠したリキュールすらも作られています。そして、この馬にまつわる複雑な物語が解き明かされた後の現在では、「クレバー・ハンス効果」と呼ばれる現象の存在が知られるようになりました。

クレバー・ハンス 算数の計算ができる 馬

クレバー・ハンス物語の発端は?

1904年の夏、ドイツはベルリンの北部に位置する小さなカントリー・ハウスで、全てが始まります。この場所で、ある噂が広まり始めたのです。それは、「ヴィルヘルム・フォン・オーステンという退職した教師が飼っている馬は、人間よりも賢い」というものでした。そのことを証明するために、オーステンは定期的にこの馬のお披露目会を行い、ハンスという馬が優雅なだく足だけでなく計算までできることを人々に見せつけました。その馬は人の人数を数えたり、時間を伝えたりすることができ、年間カレンダーまで暗記していたのです。

何百人もの人々が、クレバー・ハンスの能力が本物であることを証言しました。ハンスは馬であり喋ることができないため、蹄で地面を叩いたり頭を傾けたり左右に揺らしたりして問題に解答したそうです。

人々は決まって、オーステンにハンスの能力が開花した経緯を尋ねました。すると彼はいつも、「教え子の一人に接するかのように育てたからだ」と答えます。黒板を使って数の数え方を教えたのだ、と言うのです。そしてそれと同じ方法で文字の読み方も教え、ハーモニカを用いて音楽をも教え込んだ、と彼は主張しました。

膨れ上がっていく疑念

オーステンを信用する人々もいた一方で、一部の科学者たちはクレバー・ハンスの驚くべき知性を信じてはいませんでした。ハンスへの関心が大いに高まったため、学者たちは「ハンス委員会」という評議会をベルリン大学で立ち上げ、ハンス現象の検証を試みようとします。

そしてオーステンのカントリーハウスを訪れた専門家たちは、その馬の能力が実際にはどれほど優れているのかを直接目の当たりにしました。そして13章から成る証明書に署名してハンスのスキルの正当性を証言し、オーステンがこの馬に対してカンニングに当たるような特別な合図を与えてはいないことを確約したのです。

ヴィルヘルム・フォン・オーステンは専門家らに対し、自分はアフリカに住んでいた少数民族コイコイ族に由来する教授法を用いたのだ、と説明しました。その場にいた全員がハンスの賢さに驚かされたと言っても過言ではありません。ある教育の専門家に至っては、「クレバー・ハンスには13、4歳の少年ほどの知能が備わっている」とまで発言したほどです。

クレバー・ハンス、算数の計算ができる馬

綿密な調査

心理学者カール・シュトゥンプは、この現象を科学的に検証すべきだという決意を固めます。そして自身の教え子であるオスカー・フングストにハンスの能力を詳細に調べるよう依頼しました。彼は個人的にテストを行い、偶然あることに気づきます。それは、クレバー・ハンスが正しい解答を出せるのは彼が数字を見ていた時であり、見ていなかった時の答えは間違っているという事実でした。

また、算術問題が耳元で囁かれた時にはハンスは計算をすることができません。そのためフングストは疑いを持ち始め、クレバー・ハンスは周囲から何らかのサインを受け取っているに違いない、それが算数の計算で正確な解答にたどり着く方法なのだ、と考えました。その後、別のいくつかの実験を通して、ハンスには人間の態度を「読む」能力があり、それが常に正しい答えを出すやり方だったことをシュトゥンプの教え子たちは発見したのです。

問題を出す人の些細な体の動きが、ハンスにとっては合図となっていました。まず、彼らはハンスが計算を始めるのを待つ間、蹄に注目しています。そして正しい答えの数字と同じ回数蹄が打ち付けられた時、体を傾けさせていたのです。つまり、ハンスは質問者の姿勢や表情の変化を読み取り、いつ地面を蹴るのをやめるべきか判断していたということになります。

簡単に言うと、これは条件付けの一種だったのです。さらに、この調査は調査員の立ち居振る舞いがいかに被験者の反応を条件づけてしまいかねないかが明らかになった調査でもありました。今日では、実験の場で生じるそのバイアスはこの美しい生き物の思い出にちなんでクレバー・ハンス効果と呼ばれています。

LA COMUNICACION, N. V. (1980). al campo de la comunicación no verbal. La inteligencia de Hans no residia en su capacidad para verbalizar o comprender.