“デジタル格差”とはいったい何?

2020年2月16日
デジタル格差は、その他の不平等さの形態と同様、仕事などの領域も示す呼称として使われ始めました。ではこの格差によって何がもたらされるのでしょうか?そして、その中でも最も早く現れる具体的な結果とは何なのでしょうか?

今回の記事は”デジタル格差”についてです。20世紀の終わりから21世紀のはじめに至るまで、テクノロジーは驚くほど進歩してきました。しかし、全員がこの潮流に乗れているのでしょうか?

元国連事務総長のコフィー・アナンはこう述べました:「情報通信技術は万能薬でも魔法の杖でもありません。しかし、この惑星にいる全ての人の生活を改善させられる可能性があります」

デジタル格差とは、情報通信技術(ICT)を使用する人々と使用していない人々との間に存在する分離を指す言葉です。彼らにはそれが不可能であり、やり方がわからないのでしょうがないことなのでしょう。今回の記事では、この概念について、これがはらむ問題や考えられる解決策についても交えながらお話ししていきます。

デジタル格差とは?

デジタル格差

技術革新は通常、政府によって広められるものではありません。つまり、全ての企業あるいは個人がテクノロジーの使用者となるわけではなく、進歩についていけていないユーザーも出てきます。そのため、文化面や経済面の格差が潜んでおり、発展途上国ではインターネットにアクセスできるのは人工のほんの10パーセントのみです。しかしその割合は先進国では58パーセントに上ります。

ご覧の通り、人口の大部分がこのようなプロセスに関する知識をほとんど持っていません。しかしこれが大きな発展への扉を開き、日々のルーティンのあらゆる側面を快適にさせてくれるのです。テクノロジーは人間の生活の発展と前進のカギとなるツールだからです。

格差は以下のような形で現れます:

  • 機器を入手できない。これは、一部の人々に第一のデジタル格差と考えられています。
  • 手の届く範囲にあるテクノロジーに関する知識の無さ。これが第二のデジタル格差です。

第一デジタル格差と第二デジタル格差

最も乗り越えるのが困難な障壁は機器を入手できないことに関連しているわけではなく、使用法に関わっているという点を理解することがカギとなります。これは技術革新が人々の生活への影響や人々がこれをどう使うかに左右されるためです。したがって、一人一人がそれぞれのニーズや関心に応じてテクノロジーを使用することが極めて重要なのです。

インターネットへのアクセスがあれば十分というわけではなく、デジタルスキルも身につけるべきでしょう。こういったスキルは個人的な生活においても職業面においても必要となります主に、情報や知識の成長の価値が高い社会ではそれが顕著です。

一点強調しておくべきなのが、デジタルスキルに関するジェンダー格差です。第一のデジタル格差には明確な世代的・教育的要因が含まれている一方、第二デジタル格差は主に女性たちに影響しています。そのため、コンピューターやインターネットの使用に関するジェンダーギャップ進んでいるのです。残念ながら、これは解決の難しい問題です。

デジタル格差に関連する問題

社会的な観点から言うと、人口の大部分が全ての重要なテクノロジーにアクセスできない状況では、新たな経済格差や社会的不平等が生まれてしまいます。さらに、これはすでに存在する格差をも助長することになります。

同様に、新たなテクノロジーには二つの対極が存在しており、これが労働市場に影響を与えていることは確実です:

  • あらゆるテクノロジーにアクセスできる人々。
  • やり方が難しい、高額すぎる、あるいは不可能といった理由でテクノロジーにアクセスできない人々。

この分断は不平等な国々では可視化されており、一つの国の中でも、そして一つの都市の中でも国民間あるいは市民間の格差がみられます。

したがって、情報通信技術(ICT)を活用できない国々は競争力を失っていきます。さらに、同じ国家内でのアクセスのある人々とない人々との差は、労働市場における新たな格差を生み出してしまいます。この状況では、ほとんどの場合アクセスという特権を得た人々が市場に入り込み、仕事を獲得します。

解決策はあるのか?

デジタル格差

良い面としては、テクノロジーの進歩によってたくさんのアドバンテージを得られる点があげられるでしょう。例えば:

  • 世界中のほぼ全ての人と素早く簡単にコミュニケーションを取ることができる。
  • 教育ツールとして優れている。
  • テクノロジーは尽きることのない娯楽の源を供給してくれる。

これらの理由およびその他たくさんの理由から、国々は公共政策を使用してデジタル格差を無くし、ICTへのアクセスを一般的なものに広めるべきでしょう。

デジタル格差を縮めることで不平等さが軽減され、より多くの人々が学習の機会やより良い仕事を得る機会を手に入れられるようになるはずです。

  • Mujeresenred, http://www.mujeresenred.net/spip.php?article1567
  • BBVA Openmind, https://www.bbvaopenmind.com/humanidades/sociologia/la-brecha-digital/
  • Definición.de, https://definicion.de/brecha-digital/