ギグ・エコノミーに順応するためには?

2019年11月16日
ギグ・エコノミーが広がりを見せています。上手く管理できれば適切な働き方となりますが、そうでない場合には職の安全が脅かされ、労働者としての権利を失うことになってしまう恐れがあります。

世界は、たくさんの変化を繰り返してきました。生活のあらゆる側面で起きる変革の早さに、私たちの理解は追いついていません。その中でも特に私たちを惑わせているのが、「ギグ・エコノミー」として知られるものです。

ギグ・エコノミーは、新しい働き方を指す言葉で、その主な特徴は、小さな作業に関する短期的な雇用を繰り返し用いる点です。

これにより安定した恒久的な仕事を見つけるのが困難になっているのは明らかです。また、もちろんこのような状況においては職に関する不安が大きいため、個人としての中・長期的な人生計画を考えることも難しくなってしまいます。

中には、これが職の不安定さが最も顕著に現れた形である、と考える人々もいます。実際、彼らがそのように考えるのも無理はありません。一方で、ギグ・エコノミーは近い将来まで続いていく止められない動力である、と考える人もいます。人生設計を修正せねばならなくさせるような後戻りのできない変化なのです。彼らの意見もまた間違っていません。

ギグ・エコノミー 順応

ギグ・エコノミー

ギグ・エコノミーは、雇用主にとっては理想的なモデルです。まず、この労働形態であれば労働者に対して社会保障関係費を支払う必要がありません。そして何より、この新たな働き方により、雇用者側は労働法規に定められている義務ではなく、需要と供給の法則にのっとって雇用を行うことができるのです。

しかし労働者にとってはこの図式はだいぶ異なってきます。この働き方によって労働者の独立性は高まるので、これが理想的な状態となる場合もあります。散発的な労働に対して公正に支払いを受けることができている限り、良いビジネスであると言えるでしょう。しかしそうでない場合、労働者の仕事内容や収入のグレードを下げてしまう可能性もあるのです。

現代社会では、労働は商品とみなされています。労働力が市場で売り買いされているのです。このような働き方は、テクノロジーの進歩に合わせて登場したもので、多くの労働者を驚かせました。この話題はいまだにたくさんの人々の間で議論の的となっています。

ギグ・エコノミー 順応

危機に晒される労働者の権利

ギグ・エコノミーに挑戦することを決めた人のほとんどは、無職になって破産するよりはある程度の収入を得る方がマシだと考えてその決断をしています。しかし、この新たな働き方に潜むリスクについて人々に警告し始める機関が出てきています。

国際労働機関では、この点に関してかなりの注意を払ってきました。彼らが指摘するこの働き方の主なリスクは、これが古い世代の人々が勝ち取ってきた労働者の権利がどんどん奪われていくような事態を引き起こしていく危険性がある、というものです。そしてそれだけでなく、労働者は労働環境の不安定さにまいってしまい、健康に問題が出てくる恐れがあることも示されています。

ここで問題なのが、ギグ・エコノミーはすでに一つの職業の形として存在感を増してきているという点です。もしギグ・エコノミーが存在していなければ、さらに失業者が増えていることでしょう。これはまた、労働者の生活にある不安定さが最悪な形で現れたものでもあります。つまり、解決策のない逆説のようなものです。

ギグ・エコノミー 順応

新たな働き方に順応する

あらゆるテクノロジーの進歩や新たな経済動向を考えると、我々が過去の働き方に再び戻る可能性は低いと言えるでしょう。雇用を生み出すために、企業は労働市場側にもある程度の安全性を備えた労働力の供給を求めます。こうして、企業はニッチ産業を狙うのをやめ、代わりに短期的プロジェクトを展開し始めました。そしてこれがもちろん、労働コミュニティの不確実性の悪化につながっています。

しかし、だからと言って必ずしもビジネスや企業の成長が労働者の労働環境を劣化させることによって成り立っているというわけではありません。最新テクノロジーの前進を考慮すると、両者ともにこれに順応していくためのプロセスを始めなければならないことは火を見るより明らかです。さらに、企業側が労働に関する法規を修正することも必須であると言えるでしょう。

その間、労働者は以下のような側面を踏まえて順応プロセスを行うべきです:

  • 散発的な仕事の増加に合わせて、報酬も高くならねばなりません。労働者がこの基準を厳守していれば、雇用者側も雇用計画を改め、報酬の増額を考慮に入れねばならないことになるでしょう。
  • 各仕事に最低報酬額を設定しましょう。労働者は皆、その仕事に求められる条件や能力を考慮した上で自らの最低時給を計算しなくてなりません。そしてそれを下回るような仕事は受けないようにしてください。
  • 自己管理。この働き方を選ぶなら、社会保障費や閑散期に備えるための貯金などを含む様々な出費に関しても計画しておくべきです。この働き方には、適切な金銭管理能力は必須です。

柔軟性を持ち、あらゆる機会を受け入れる準備はすべきですが、境界線を設けることも重要です。我々は今かろうじてギグ・エコノミーの始まりを目にしていますが、これは確実に時とともにより大きく広がっていくはずです。その意味で、全ての労働者はギグ・エコノミーについて分析し、この動力に順応してうまく活用するための健全な方法を考え出さなくてはなりません。

  • Pérez Díaz, A. M. La transformación del mercado laboral y sus efectos en el trabajo: Contratación de empleo atípica y economía de las plataformas en España.