不安は有害な人間関係の源

20 3月, 2018

私たちが有毒な人間関係について話すとき、心に浮かぶかもしれない最初のことは、感情管理が乏しいということです。これらの種類の関係は、友人や家族だけにとどまらず、あらゆる社会環境で起こるのです。

これらは不安に惑わされてしまった人間関係です。誘惑と欺瞞をする人、そしてそこから抜け出すのは非常に難しい毒性の人間関係に閉じ込められてしまうのです。

私たちはここで、毒性のある人々は自尊心が低く、不安定な精神状態につながると特徴付けることができます。

彼らは、ごまかし、人をとがめること、そして操作によって自分の不安を隠すのが非常にうまいです。彼らは常に自分に十分満足していません。彼らはこの自分に対する不確実な気持ちにうまく対処することができないので、自分に確信をもつために他人を使います。

また、有毒な人との関係は、パラノイアや社会的孤立の状態を引き起こす可能性があります。

一方で、それはまた、傲慢、ナルシシズム、または積極性のような行動を促すこともあります。

不安は、有害な関係の源になり得ます。 それは本当に人々を苦しめるのです。

見ざる言わざる

なぜ不安と嫉妬は同時に働くのか

は、極端な話、他人とつながる 「病的な」方法です。何かが他人にふさわしくないと感じても、正当な理由が見つからない時、嫉妬を感じます。または、自分にとって何かが十分ではない時です。

それは不安と自己愛の欠如を示唆しています。 だからこそ、いつでも自分の身を守ることが第一です。嫉妬はまた、自尊心が低いほど増加します。

嫉妬深く信用できない人々は、否定的な考えや感情のサイクルに閉じ込められています。しかし、彼らはそれが正しいと確信しているのです。したがって、彼らは弱さとナルシシズムの間にくっついてしまいます。それは人間関係において爆発的な組み合わせなのです。

だから彼らは嫉妬深い時に強い鎧をまとって自分を守ろうとします。しかし内部には、不安と恐怖によってもたらされた巨大な空虚を隠しているのです。

そのせいで、パートナーのことをどれだけ愛しているか絶えず伝えようとします。実際、彼らは説得力と操作力を使ってそれらをコントロールすることさえあります。それが彼らの関係を維持する方法なのです。

しかし残念なことに、それらの蔓延した劣等感の複合体は、すべて無意味にしてしまうような力を持っています。彼らが人間関係から得ることのできる安心感は、自分を守るために十分なものではないのです。

不安が及ぼす被害は非常に大きいので、人格が変化するほどなのです。

不安な人は他の人を不安にさせる

私たちは不安定な人々とどのようにつながるかを非常に慎重に吟味する必要があります。これは、それがロマンチックな関係であろうと、友人や家族との関係であろうと同じです。

もしくは、いつか私たちが自分の行動に疑問を抱く時が来るかもしれません。その時が来たら、私たちの周りに誰がいるのか自分自身に尋ねることが重要です。なぜ自分がそのように感じているのか観察してみてください。

落ち葉の舞う森の女性

今までなかったような不安感が現れたら、私たちは注意する必要があります。より自信を感じるために、不安定な人が自分自身の不安を私たちに投げかけている可能性があります。

これらの人々は、コントロールの一形態として、他の人たちに不安の種をまき散らす際の真の専門家かもしれません。彼らは操作、トリック、非難を巧みに操るのです。

不安な人々はパートナー、友人、家族を過度に管理しています。それは、彼らに起こるすべてのことに対して過度の責任感を感じさせます。このように、彼らは常に細心の注意を払ってあらゆる細部を見ています。

このように、不安定がもたらす危険性は多岐にわたるのです。不安定な人は時々、自分自身についての不確実性に対処する方法を一つしか持っていないことがあります。それは他人を不安にさせるということです。

「不信感は不安の源です」-アリストファネス-