本当のことを言う:人を傷つけないための5つのカギ

· 2019年3月9日

「本当のことを言う」と言われると、他人の気分を害することと即座に結びつけがちです。しかし、真実はポジティブであり、いつも本当のこととつながっていることは良いことです。それでは、なぜ、これが人を攻めるものになるのでしょうか?

私達が生きる世の中で、優しい人でいる(そう思われる)ための暗黙の了解がその答えになるかもしれません。人と調和したければ、嘘をつかなければならないようです。そのため、私達は、嘘をつかないためには、残酷なまでに正直でなければならないという結論に誤って飛び込んでしまいます

「真実は嘘と静寂により壊される」

-キケロ-

怒って本当のことを言うことがあります。また、「本当のこと」の対象である人が、それを聞いた時、例えそれが建設的な理由だったとしても、気分を悪くすることもあります。本当のことに関して、何ができるでしょう?

私達が好まない真実を、大きな衝突につながらないようにしつつ伝えたり聞いたりできることが必要とされます。次に、本当のことを言う時に、不快感や傷を減らすためのカギをご紹介します。

 

1.建設的に表現する

まず、本当のことを言う時、その意図を確かめることが重要です。建設的であるために本当のことを言うのか、反対に、誰かを傷つけるために不快な真実を使うのか、自分に正直になりはっきりさせる必要があります。

話している友達

真実の伝え方は、その意図により変わります。それがポジティブであれば、優しいコミュニケーション法をとります。欠点を指摘する時、それは摩擦を引き起こすためではなく、ポジティブな結果を生み出すために行います。正しい方法で伝えると、攻撃的になりにくいでしょう。

 

2.相手の話を聴く姿勢

不快な真実は、二者間で発生することが多いものです。本当のことを言えるのであれば、聞くこともできるはずです。誠実性のある会話は双方向に行われます。両者言いたいことがあります。

聞くことにより、相手の立場に心を開きます。建設的傾聴で、そこにいる皆にとって有用な結論を目指します。人の考えを理解するのに消極的であってはいけません。

 

3.相手の代わりに考えない

人の代わりになって考えようとするのは適切ではありません。これには二つのポイントがあります。一つ目は、真実に対する人の反応を想像することです。起こりうるダメージや悪い気持ちを予想しない方が良いでしょう。

本当のことを言う人

二つ目は、人が考えていることは明らかだと考える、相手の意図や隠された気持ちも分かっていると考え、そこから判断してしまうことです。どちらも、人のことが分かると考えることは、失敗につながるだけです。本当のことを言うのと、自分は分かっていると思うのとは同じではありません。

 

4.明確に、直接的に

怒りに任せ、荒々しい言葉でぶしつけに言うと、不快な真実は冷酷に聞こえます。しかし、遠回しな言い方もよくありません。どちらも、本当のことを言うという目的の中心をゆがめることになります。

正しい方法は、穏やかに、明確に真実を伝えることです。言葉でもて遊ぶと、状況を軽視し、人を騙そうとしていると相手は感じます。正確で、簡潔に、分かりやすいメッセージを伝えるには、どの言葉が適切か考えましょう。

 

5.目的をもって

本当のことを言うには、目的が必要です。話す前にそれをはっきりさせようとしないことはよくあります。これは大きな間違いで、それは、その理由がポジティブでなかったり、意味のないものである可能性があるためです。

よく聞く

ここで質問です。本当のことを言うことによって、達成したいことは何ですか?良い答えは、衝突の解決を目的としている、より良く理解する、関係の質を高めるなどです。

真実を伝えることの放棄は、人の侮辱と同等です。誠実であることは失礼なことを意味するわけではありません。関係する皆にとって、よりポジティブな結果を構築するという真の意図や尊重が伴う時、真実は受け入れられやすいものです。