正直な人:特徴と姿勢

正直な人:特徴と姿勢

最後の更新: 28 8月, 2019

正直な人は、誰かを喜ばせようと頑張ったりしません偽善を嫌います。だから、彼らが話せる唯一の言語、つまり「正直」という言語で話すことをためらわないのです。忠実で信念を曲げることもありません。さらに、友情の価値があると思える人と、強く意味のある絆を形成することができます。

常に真実を擁護し賞賛してきたという人がいます。しかし、誰かが正直になろうと決めた瞬間、他人を非難する結果になることが良くあります。人の行動は、必ずしもその人の思考と信念に合ってはいません。自分の感じていることを意識しているにもかかわらず、その逆を伝えてしまうことがよくあります。社交的な条件や他人を傷つけたり注目を集めたりする恐怖から、このような行動に出ます。

このことから、正直な人にどれだけ価値があるかがわかるかと思います。こういった人は、自分の考えと行動を一貫させる勇気を持っています。正直さほど、社交的・心理的要素を必要とするものはほとんどありません。トーマス・ジェファーソンが最も重要な知恵と考え、マーク・トウェインが失われた技として定義していたものです。

「正直さほど豊かな遺産はない。」

-ウィリアム・シェイクスピア-

心に留めておくべき正直さの側面があります。人はそれを他人に求めるということです。そのお陰で、人は信頼に基づいた人間関係を構築することが出来ます。愛する人がどんな時も正直で誠実であることを求めます。

男性


正直な人の見極め方

正直な人は、その定義を掲げるようなハッシュタグの付いたバナーやTシャツを身につけているというわけではありません。自分たちでこういった人を特定できなくてはいけません。良い方法は、聞いて、観察して、周りの人とつながって、正直さに正当化は必要ないと理解することです。これらの考えを詳しく見ていきましょう。

嫌いなものに時間を無駄にしない

ドイツのユリウス・マクシミリアン大学ヴュルツブルクは、この側面を掘り下げるための研究を行いました。発見した最初の側面は、正直な人は多くの会話で時間を節約しているということです。回りくどい言い方はせずに、好きではない人や自分と同じ価値観を共有しない人に時間を無駄にしません。アサーティブに、敬意をもってこういった人たちから距離を置きます

こうすることで、正当化をしたりそれを期待したりしません。長期的に見て良くない影響を生み出すような状況を長引かせるのは生産的ではないとわかっています。

嘘をつかないし、嘘を許さない

心理学の教授であるダン・アリエリー氏は、この問題に関して、自信の有名な著書『ずる―嘘とごまかしの行動経済学』で言及しています。アリエリー氏によれば、人は自分を正直な人間として認識しています。他人にうそをついたことを忘れることを好み、完璧な自己像を維持します。

本当に正直な人は、自分自身にも他人にもうそをつくことが許せません。自分のアイデンティティーや自己像を攻撃するような不快な認知不協和を引き起こすため、嘘に耐えられません。

「正直さとは、最高の政策だ。」

-トーマス・ジェファーソン-

笑顔


落ち着いた性質、落ち着いた精神

パリのノートルダム大学の心理学教授であるアニータ・E・ケリー氏によれば、正直な人はより幸福で健康です。この研究において、正直にいること、うそをつかないこと、自分自身と自分の発言に正直でいることが、より大きな幸福を生み出します。その人の健康が、直接内面的なバランスと精神の平安を反映するのです。

意味のある人間関係の構築方法を知っている

正直でないことや統一性がほとんどないことは、こういった人たちにとって非常に不自然です。この認知的不協和によって、不快に感じます。正直な人は、信頼に基づく人間関係を築けることを重んじます。本当の誠実な自己像を心からの敬意を持った方法で表現しようと心がけます。そして、日々の生活で周りにいる人にもこれを求めます。

正直な人が信頼できるような人に囲まれているのはこれで説明がつくかもしれません。友達の数は関係ありません。自分が信頼できる人で自分自身を囲むことのみを重要視しています。お互いに支えあう関係を築けるような人達です。

肩組


もう一つ、言及すべき側面があります。正直さとは、倫理的な原理、より統合的な健全な社会を作り出すための価値観です。しかし、これは常に本物の敬意のある形で適用されているわけではありません。人は本当の感情を隠したたわいない嘘を言ってしまうものです。

常に本当の考えを表現できるわけではありません。状況によっては、与える情報にフィルターをかけても構いません。しかし、正直さは自分自身や他人に対する信頼の柱としてやはり重要です。

「小さな問題における真実に対して不注意な人は、大きな問題に置いても信用できない。」

-アルベルト・アインシュタイン-

こちらの記事もおすすめ
どの花よりも美しい正直さ
こころの探検で読むことができます。 こころの探検
どの花よりも美しい正直さ

正直な人は、率直で偽りがなく、首尾一貫した思考と行動の間で生まれた幸福感を楽しむことができる人です。正直な人には虚偽という考えは存在せず。真実が存在する明瞭な心を持っています。また謙遜の心が、正直な人の意識という船を動かす風や原動力となります。