攻撃的な会話を避ける5つのテクニック

· 2018年12月3日

喧嘩には、そこに二人以上の人が存在して、お互いに衝突している必要があります。つまり、対立したいという思いが必ずしもあるわけではないですが、それを避けようとしない思いがあります。これは、受け身のふるまいでも起こり得るため、無実の行いのように見えるでしょう。しかし、気づかないうちに対立に巻き込まれることになり得ます。だから、攻撃的な会話を避ける方法を知っていることが得策です。

人はお互いを理解するために話し合います。しかし、情熱が焦点となり、お互いが距離のある立場をとっている場合、これが難しくなります。こういった場合、注意深くなって攻撃的な会話を煽らないことが重要です。

攻撃的な会話をどう避けたらよいでしょうか?いくつかの方法を自動化して、会話が熱を帯びてきた時に使用することで容易になります。

会話が中心からそれないようにする

このテクニックは、「壊れたレコード」として知られています。自分のポイントを何度も何度も繰り返して、それに近くない肯定はすべて無視します。これは会話の方向を修正して自分の位置を確かにし、相手の攻撃的な罠に落ちるのを避ける方法です。

このテクニックは、攻撃的な会話を避けるのに役立ちます。議論を理性的に保ってくれるからです。目標を心にとめておきます。これに焦点を当てることで、自分の感情に影響を及ぼし会話の目的をわい曲する別のメッセージを中和できます。

的
出来るだけ共有しない

わたしたちの気分を害すための遠回しなメッセージを相手が送り続けてくるとき、この方法が有効です。会話をできるだけ短くして、相手の人がよりはっきりと意見を言わざるを得なくさせます。

このテクニックのゴールは、大抵は攻撃的である嫌味を避けることです。嫌味は混乱と対立を引き起こします。もし自分を明確にして、相手の人が自分の言っていることを理解していることがわかったら、攻撃的な会話の回避に成功です。

自分が常に正しいわけではないということを忘れない

対立の中では、どちらの当事者も自分が正しいと思います。どちらも立場が弱いと感じなくて良いように、確信が取れていなくても肯定します。この傾向を念頭において、自分をコントロールするようにしましょう。これによって、対立の中で激しさを増す攻撃性の可能性を低くすることができます。

相手の人が正しいということを表現することで、対立は始まる前に対処することができます。これを行うと、会話が不一致に終わることを避けることができ、攻撃性も回避できます。

矢印
何に注意を向けるか選ぶ

このテクニックは、あなたを傷つけたり不快にすることをわざと無視する方法です。議論の中心のみに焦点を置くべきです。こういった意味で、相手があなたに対して不適切にアプローチしてくるときには、それを無視することが基本です。

相手は、自分の言葉があなたに対して何の効果もないということに気づいて、すぐに諦めます。すべきことは、会話が相手がおとしめようとしているネガティブな穴から抜け出せるようにポジティブなものにフォーカスすることです。

例えば、相手が「私に注意を払ってくれることがないじゃない。金曜日に映画に行くって約束したのに遅れたでしょう?」と言ったら、次のように答えましょう。「今日映画に行ってそのあとディナーに行くのはどう?埋め合わせさせてよ。

駒
問題を分ける

相手の人が何かに対してあなたを非難してきたら、このテクニックを使いましょう。ひとつの問題にフォーカスして、それから残りに取り掛かるようにしてください。すべての問題に一気に注目したら、正しい戦法を選び取るのが難しくなります。

気づかないうちに、相手の人は対立を作り出そうとしているかもしれません。あなたを巻き込むために何でもします。他の人を責めがちな人によく見られる傾向です。相手の人を考えずに反応させるために攻撃するのです。

大抵の意見の対立は健全で実りのあるものであるというのは事実です。しかし、自分の立場を擁護することにフォーカスするとネガティブなものに変えてしまいます。これは、攻撃的な会話へ導く間違いです。このようなタイプの会話から良いものは生まれません!