生きがい:あなたの人生の目的を見つける技

2018年3月26日 in 好奇心 0 シェア済み
黄色い蝶を見上げる女性

いきがいは「存在する理由」「毎朝起きる理由」と解釈される言葉です。

日本人にとっては、私たちはみな自分自身の「いきがい」を秘めていて、それを発見し理解することが不可欠だといいます。 そうすることで、困難を克服するのに必要なものを手に入れられるからです。

この言葉が含む意味ほど日々の生活の基本を表すものは、心理学や実存主義の理論にも存在しません。

自分自身の中に意味を見つける、生きる理由を持つ…それは絶望を遠ざけるための鍵です。そして今日の最悪の病の一つ、すなわちうつ病に対処するための基本でもあります。

「人生の意味とはあなたの才能を見つけること。人生の目的とはそれを与えることだ。」
-ウィリアムシェイクスピア-

私たちの精神的な問題の多くは、時に私たちの中に隠され、抑圧され、黙らされている生きがいを見つけることによって改善される可能性があります。生きがいには肺に空気を入れ、生きる意志を元に戻す力があります。

たとえば、かなりの数の気分障害が、自分自身のために献身し、好きなことをやっているだけで明確な改善が見られることが知られています。

そうすると、そのポジティブな思考と信念のセットが、自殺思考、恐怖、そして信念を制限するものから私たちを守ってくれる衝撃吸収材として働きます。

しかし私たちは、生きがいに自分自身を献身することが容易ではないことも知っています。

そのためこの言葉は、誠実さと生きることへの愛を持ち続けるという目標を達成する、忠実でエネルギッシュな戦士のようでなければならないことを私たちに思い出させてくれます。

生きがい、梅の花

生きがいが望む一つの事:あなたの受動性を揺さぶること

セバスチャン・マーシャルは、数年前、非常にシンプルなタイトルの本「Ikigai」を書いた有名な作家です。

このテーマについて書かれた書籍のなかで、この本が最もインパクトがあるものだということを言及しなければなりません。 また、自己成長に関連する過度に使用された言葉や概念を避けています。

これを説明する事実の一つが、世界は否定的な人でいっぱいだということです。社会は私たちを幸せにするために1日目から作用しています。 しかし、年を取るにつれて、次から次へと問題が現れるのです。

私たちが学ぶべき最初の教訓は、他の人が持っていると「推定される」幸福を目指さないようにすることです。 ほとんどの場合、それは現実的ではないからです。周りと同じことをしたり手に入れることに執着してしまうと、私たちは人口の他の99%と同じになってしまいます。

一方、夢、希望、人生の目的に沿って行動しようとするなら、私たちはユニークな存在になるでしょう。 本物の達成を目指す1%になることができるのです。

それを達成する方法は一つしかありません。受け身の態度を捨てて生きがいを見つけることです。一旦それを明確にして定義すれば、いくつかのことが起きます。

第一に、私たちはより社会の枠組みにこだわらなくなります。それは良いことです。

もう一つは、それを「ダイナマイト」へと変える私たちの可能性をついに認識することです。

侍

どうやって人生の目的を見つけるのか

この質問は読者の多くにとっては面白い質問のように思えるかもしれません。人生の目的が分からない人はいるのでしょうか? 面白いことに、それはいつも明確なわけではないのです。実際に、自分のものではない価値によって歪められたり含浸された目標、理想、目的を持っていることがあります。

私たちがどのように育てられたか、家族や社会環境からの圧力は、私たちがいつも完全に認識できない方法で私たちを形作っていることがあります。

時に私たちがそれに献身するのをやめることがあっても、いきがいはいつもそこにあるものです。しかし、誰も自分を理解できないと思って、私たちはそれを無視して黙らせることを選んでしまうのです。それにコ献身すれば、批判されたり誤解されたりするのではないかと心配しているのです。
シェアする

自分のニーズ、楽しみ、情熱を先延ばしにするのをやめなければなりません。それらが私たちを自分らしくし、私たちが進むべき道を最終的に決定するからです。それは簡単ではありませんが、しなければならないことです。

ここでは、生きがいの定義方法について説明します。

あなたの生きがいを形作る7つの鍵

あなたの生きがいは、あなたの情熱、あなたの職業、任務、人生におけるあなたの使命の4つの基本的側面の交差点によって形作られています。 これらの重要な側面のそれぞれを明確にするために、以下の戦略が役立ちます:

生きがい

  • 自動操縦的生活をやめる:自分がしていることが自らを幸せにしているのか、毎日自分に尋ねる。
  • 自分を誰とも比較しない: 他人と同じにしようとしない。自分自身の基準点を持つ。
  • 私たちはみな才能を持っている: 私たちは皆、他の人とは違う卓越した能力がいくつかあり、それを活用すべき。それらを自分ものにして楽しむ。
  • 生きがいは、人生の目的でもあり、願望でもあるだけでなく、今ここで感じるべき生き方でもある。
  • 生きがいは毎朝私たちにエネルギーを与え、毎日やりたいことになり、自分がより良くなるために投資したいことである。
  • ときには、生きがいにそって生きることは、私たちを取り巻くものの大部分を脇に置くことを意味する。したがって、勇気が必要でもある。
  • 生きがいに沿って生きるとは受け身の姿勢の真反対である。私たちにあらゆるものを要求する代わりに、生きていると感じさせてくれ、自由でエネルギーでいっぱいに感じさせてくれる。それはメンタル面であるため、年齢や身体的能力とは関係ない。

あなたがまだあなたの生きがいを見つけていないとしても、大丈夫です。 時には人生の旅の中で目を覚ますこともあるのです。

その時があなたにとってそれに従うこと以外に選択肢がない時です。

あなたへおすすめ