自分を責めないための3つの方法

2018年6月25日 in 感情 0 シェア済み
罪を感じる女性

皆がそれぞれ罪を背負えば、皆が有罪でなくなるでしょう。「ミスをした自分の性質を責めても、あなたの間違いの性質は変わらない。」恐ろしいキャラクター、ハンニバル・レクターを生んだトマス・ハリスの言葉です。罪の使い方を考えさせられます。全てにおいて、自分を責めないことがどんなに重要かも考えさせられます。

完璧主義も良いかもしれませんが、中間を見つけましょう。そうしなければ、自責が、完璧を罰に変えてしまいます。何かにつけて足りないところを見つけてしまいます。その結果、自分の成果に満足できなくなってしまいます。

度が過ぎない程度で、弱点を克服することが重要です。その危険なゾーンに入ってしまうと、罪悪感と不満に疲れてしまいます

「皆が有罪であれば、誰も有罪ではない。」

-コンセプション・アレナル-

全てにおいて自分を責めない

自分を責めるのはやめましょう。悪いことが起こっても、あなたのせいではありません。注意深く状況を見てください。たとえ、それが自分のせいであっても、罪悪感で時間を無駄にするのはやめましょう。

自責の悪循環を抜け出さなければ、負のスパイラルにはまります。心理学者アトゥール・トリスがこの悪循環を破壊する手助けをしてくれます。彼のアドバイスに従い、全てにおいて、自分を責めるのはやめましょう

自分を責める女性

全てにおいて罪悪感を感じるのをやめることができたら、ポジティブに、建設的に人生を見つめられます。自分の言動がどんな影響を与えるか考えなくても良いと言ってるわけではありません。また、起こっていることを無視するのとも違います。

責任を持ち、建設的な行動をとることがカギです。問題にとらわれすぎず、解決法を見出しましょう。自分の行動や周りとの関係を見直しましょう。

罪悪感と自責を最小限に

何か起こった時に責任を感じるのは当然です。しかし、罪悪感を感じ続ける必要はありません。しばらくの間、罪の意識があるかもしれませんが、苦しみ続ける必要はないのです。学ぶ機会だと捉えましょう。自分を罰さず、同じミスを繰り返さなければ良いのです。

 自分のミスから学びましょう。自責の念を最小限にし、ミスから学び、自分のものにしましょう。自分を責め続けることは何の役にも立ちません。何の意味もなく、非合理的です。次に、何が起きたか、何がそうさせたのか分析しましょう。どうしたら良かったのか、次はどうしたら良くなるかを考えてください。

罪を学ぶ機会だと捉える。非難し続けてはいけません。一定期間、落ち込むこともありますが、一生そう感じるべきではありません。

長所と短所を分析

完璧な人はいません。お決まりの言葉のようですが、これが事実です。自分の長所、得意なことを知っておくことは重要です。反対の弱点も同様です。失敗しやすいところが分かるようになります。

全てを完璧にこなせるはずはありません。これもまた決まり文句のようで、真実です。現実を受け入れましょうー早い方が良いです。それを念頭に置き、上手くできることとできないことが分かっていれば、それが自分の責任であるか、そうでないかも分かります。もっと努力が必要なところも認識できるようになります。

人生で、何か複雑なことに出会ったとしましょう。もし、それに関して分かっていれば、避けることができます。完全に避けることが難しくても、それに対し何ができるか考えることができます。プライドや見栄が邪魔して、行動できないのであれば、その責任もあなたにあります。

短所を考える男性

周囲に対し自分がどうあるかに関して、自分を責めない

罪悪感を感じやすい人は、人前に飛び出し自ら責任を背負いにいく傾向があります。ほとんど関わっていない事でも、自分を責めてしまいます。その結果、他の人の罪も受け入れることになるのです。自己主張に欠け、従順になっています。人間関係でよくある動きです。

過去の出来事を振り返ることも重要です。その場にいた一人ひとりを思い起こし、責任のレベルを測ってください。言いがかりをつけた人はいませんでしたか;それを受け入れてはいけません。自尊心が低い人は自責の念に駆られやすいものです。これは、周りの人にとっても、責めやすいということになります。

“皆がそれぞれ罪をおえば、罪のある人はいなくなる”。

-アントニオ・ポルチカ-

ステップさえ分かれば、自責の悪循環を止めることは、そう難しくありません。自分の状況を分析し、問題を解析、状況を見直しましょう。自分のミスで自分を罰しても何もなりません。他の方法を探し、成長できる道を進みましょう。

あなたへおすすめ