失敗によって成功する方法

· 2018年6月10日

失敗のコンセプトはわたしたちの社会でかなりの汚名です 。子どもの時から、失敗したり間違いを犯したときに受けるその視線には、無作法を働いた時受けるものと同じものがあります。間違いの道を見つけてそれを避けられたことを喜ぶのではなく、自分自身に怒りを感じます。自分たちをののしって、それがいま正しい感情であるかのように悲しみが溢れます。

このように失敗を処理すると、よりしくじります。ネガティブな思考が間違いから学ぶ余地を残してくれないからです。

さらに、失敗をポジティブなものとして理解しません。たいてい自分の思考を閉じて、手の中にあるプロジェクトを諦めて、自分は使えないと言い聞かせます。このように反応してしまったら、間違いが教えてくれようとしていることをどうして学べるでしょうか? 起こったことすべてを消したら、どうやって学んだらいいのでしょうか?

失敗を受け入れない人や、失敗からメリットを受ける方法を知らない人は、低い自己受容の持ち主ですすることすべてに完璧性を求め、自分は完璧ではなく期待は満たされないと気づいたとき、すべてをただ諦めて完全な絶望に陥ります。

このような姿勢にはあまり目的がなく、高いポテンシャルやいいスキルを持っているのに、失敗を恐れて挑戦をやめてしまうことを意味します。この姿勢はその人をコンフォートゾーンに留め、成長することはありません。

鏡

失敗から成長する

絶対失敗しない人は、全く挑戦しない人です。リスクが低いとわかっているところに留まります。しかし現実には、このような人は挑戦と達成すべきゴールがあるワクワクする人生を渇望しています。実際には達成したり成功したりする必要もない夢を見すらするのです…。

…目標より必要なものは、道そのものです。毎朝ゴールを達成するために必要なモチベーションをもって目覚めることです。

失敗する恐怖から挑戦することをやめてしまったら、すでに失敗を受け入れてしまっています。こうすることで、自分の能力に挑戦するときに感じる不安を感じないため、わたしたちの痛みとストレスを軽減します。喜んで挑戦と不安を経験したら、人生はもっと鮮やかな色を帯びてきます。

失敗は夢の放棄へのドアからほど遠く、わたしたちが成長していることを教えてくれるシグナルです。わたしたちが新しい道を探求するインディケーターであり、このお陰で能力を改善し、成熟、発展させていきます。

失敗がコントロールできないというのは事実です。もし成功したいなら、その過程で自分がミスを犯すことを心得ていておいてください。自分でコントロールできるのは、起こりえることに耐えられる能力です。それが自分のエネルギーを投資して、ポジティブな結果を得ることができるときです。

どうやって失敗に対応するか

失敗は終わりではありません。それは中間のステップです。それは、人生の特定のエリアにおける成功や勝利への明白な動きです。だから、失敗はデメリットよりメリットのほうが多いのです。失敗は自分を定義することはできないということに気づくことです。それはただ単に、次の時は別の方法でしなければいけないというだけのことです。

崖ジャンプ

よりよく自分の失敗を処理する方法を学ぶことは、複雑かつ重要なことへの第一歩です。変えられないことを受け入れることです。自分に割り振られたカードに対して文句や愚痴を言い続けるべきではありません。もう一度配りなおされることはありません。もう一度「ゲーム」をスタートさせればいいだけの話です。結果に関わらず、持ち札はわたしたちを定義することはありません。いつも同じカードでプレーすることもありません。わたしたちは自分の思考や行いによって定義されることはありません。 わたしたちはそれ以上の存在です。複雑な生き物で、常に変化し、学び、改善する機会を探しています。

ミスをしたってわたしたちは価値のある存在です。自分の持つ価値はあなただけのものです。

期待を調整する

次のステップは、自分の期待を調整することです。「現実の自分」と「理想の自分」をはっきりさせなくてはいけません。「現実の自分」は、あなたというひとでそれ以上でも以下でもありません。自分の特性、能力、徳、欠点、限界によって形成されています。自分がどんな感じかわかっています。自分が何ができて何ができないのか、何が達成できて何ができないのかわかります。

「理想の自分」は自分だと思い込んでいる自分です。でも現実は違います。自分に対して高い期待を抱いていて、「現実の自分」より「理想の自分」を信じていたら、現実を突きつけられた時に苦しみます。これらの期待は修正されなければいけません。

こうするためには、他の人より良くも悪くもないということを念頭に置き、自分という人間を知ることです。

最後に、人生が運んでくる挫折を容認しましょう。わたしたちのプロジェクトや夢は、いつも思うようには行きません。だからと言って負けではありません。自分のミスを含め嫌なことを受け入れればいいだけです。ミスから学びましょう。そこから得られるものは、期待への燃料となり前へ進み続けることができるからす。