女性の睡眠時無呼吸症候群について

06 12月, 2019
女性が睡眠時無呼吸症候群を発症すると、疲労、片頭痛、うつ病、不安障害、動悸などに苦しむ傾向がありますが、正しい診断を行うのは簡単ではありません。

女性の睡眠時無呼吸症候群は、すぐに診断が行われない病気の一つです。これは、睡眠時無呼吸症候群と聞くと、中年や老人がいびきをかいているイメージを持つ人が多くいるからです。

これは間違いではありませんが、睡眠時無呼吸症候群には様々な症状があります。若い世代も睡眠時無呼吸症候群を発症する可能性がありますし、男女のどちらにも起こるのが一般的です。また睡眠時無呼吸症候群を発症している人全員がいびきをかくわけではないことが、診断を難しくする一因となっています。

ある調査によると、25〜70歳のうちの30%が、睡眠時無呼吸症候群に苦しんでいることがわかりました。男性は女性の8倍も発症率が高いと言われていますが、男性に発症するのが一般的というわけではありません。

それでは、女性の睡眠時無呼吸症候群では何が起きているのでしょうか?女性の場合は様々な症状を伴うため、医師は他の病気と混同することがあります。一部の研究では、睡眠時無呼吸症候群は、男性よりも女性が発症した場合に、より深刻な影響を及ぼすことが示されています。

女性 睡眠時無呼吸症候群

女性の睡眠時無呼吸症候群の症状

閉塞性睡眠時無呼吸症候群が最も一般的な睡眠時無呼吸症候群であり、具体的な症状が現れます。喉の筋肉が弛緩して軌道を閉塞するため、睡眠中に実際に数秒間呼吸を停止します。

ほとんどの人は、無呼吸状態になったことを覚えていなかったりその瞬間気づくことはありませんが、いびきをかく、窒息をする、または息切れをするなどの症状が現れます。

これらの症状が出れば簡単に診断できるのではと考える人もいますが、女性においては必ずしもこれらの症状が男性ほど顕著に現れるとは限りません。女性は、一般的に男性ほどいびきをかきませんし、いびきをかいても男性ほど大きな音を立てることは多くないからです。

また無呼吸の時間が短いため、たとえ一緒に寝ている人がいても、無呼吸状態になっていることに気づかないことがほとんどです。症状は軽度に見えるかもしれませんが、最終的には深刻な結果を引き起こす可能性があるのです。

こちらもご参考に:負のスパイラル:睡眠不足と不安の関係

女性の睡眠時無呼吸の影響

  • 倦怠感とエネルギー不足
  • 記憶の喪失と集中力の低下
  • 片頭痛、再発性頭痛、めまい
  • 動悸、頻脈、息切れ
  • むずむず脚症候群
  • 気分障害:アリソン・シムズ博士は、シドニー大学で睡眠時無呼吸症候群が、しばしば不安障害とうつ病につながることを示す研究を実施しました。

これらの症状を発症した女性が病院に行くと、症状の原因を見つけるのではなく症状の治療だけが行われることが多くあります。

女性 睡眠時無呼吸症候群

女性の睡眠時無呼吸症候群の危険因子

  • 肥満、メタボリックシンドローム、体重の増えすぎ
  • インスリン抵抗性
  • 座りがちな生活
  • 高血圧
  • 妊娠:妊娠中は、子宮のサイズがおおきくなり、横隔膜が上昇し、肺の機能がわずかに変化するためです。
  • 老化:睡眠時無呼吸は55〜70歳の女性によく見られますが、多くの場合は閉経後と時期が一致します。
  • PCOS(多嚢胞性卵巣症候群):睡眠時無呼吸症候群を発症するリスクがわずかに高くなります。

ご存知ですか?:感情と高血圧:思わぬ関連性

睡眠障害と脳卒中

近年、科学者たちが女性の睡眠時無呼吸症候群を研究しています。これは、疲労感、気分変化、頭痛を訴える女性患者を医師が正確に診断できるようになる可能性が高いことを示す素晴らしいニュースです。

様々な症状の根本的な原因を理解することは、女性が自分の健康をコントロールできるようになるために大切です。また、未治療の睡眠時無呼吸症候群がどのような結果をもたらすかについて、より多くのことがわかっています。

例えば、スペイン呼吸器外科学会は、2014年に若い女性の睡眠時無呼吸症候群と脳卒中の関係を示す研究を実施しました。この研究の結果からわかるのは、これらの症状を発症している女性は、睡眠時無呼吸症候群を治療するために、睡眠障害を専門とする医師の診察を受けることが大切だということです。

CPAP(持続的気道陽圧)装置による治療は非常に効果的です。 CPAP装置は、患者の生活の質を向上させるだけでなく、脳卒中や心血管の問題に苦しむリスクを軽減する効果があります。

結論として、睡眠時無呼吸症候群のリスクについて、理解を深めることが大切です。治療せずに放置すると、十分な睡眠を取ることができないだけでなく、深刻な結果を引き起こす可能性があります。

睡眠時無呼吸症候群について、医師に相談することは私たちの命を救うことになるかもしれません。

  • Alison Wimms, Holger Woehrle, Sahisha Ketheeswaran , Dinesh Ramanan (2016) Obstructive Sleep Apnea in Women: Specific Issues and Interventions. American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine123 (2 I), 308–333 doi 10.1155/2016/1764837
  • Bixler, EO, Vgontzas, AN, Lin, HM, Ten Have, T., Rein, J., Vela-Bueno, A., y Kales, A. (2001). Prevalencia de la respiración con trastornos del sueño en mujeres: efectos del género. American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine163 (3 I), 608–613. https://doi.org/10.1164/ajrccm.163.3.9911064
  • Krishnan, V., & Collop, N. A. (2006, November). Gender differences in sleep disorders. Current Opinion in Pulmonary Medicine. https://doi.org/10.1097/01.mcp.0000245705.69440.6a
  • Vgontzas, A. N., Bixler, E. O., & Chrousos, G. P. (2005, June). Sleep apnea is a manifestation of the metabolic syndrome. Sleep Medicine Reviews. https://doi.org/10.1016/j.smrv.2005.01.006