睡眠不足が感情を狂わせる

2017年11月3日

睡眠は誰もが楽しめる贅沢です。 情緒の不安定さは、通常まず睡眠に反映されます。 同様に、睡眠不足は様々なリスクをもたらし、あらゆる種類の問題を悪化させます。

世界保健機関(WHO)によると、普通の大人は、身体的および精神的に最適な量の安静を得るために、毎晩7時間から8時間眠るべきです。 そして、睡眠不足の影響は非常に深刻なものになります。 その中でも特にWHOは、一晩でも睡眠を取らずに過ごすと脳組織が失われる可能性があると警告します。

「私の幸福は健康を享受し、恐れなく眠り、不安なく起きることである」

-フランソワーズ・サガン

十分な睡眠を取らない、または十分に深く眠らないと、あなたの神経は文字通り緊張の上に置かれます。非常にイライラしやすい、またはあらゆるタイプの刺激に対して特に敏感であるということが一般的です。 これは多くの研究で証明されています。

睡眠不足は感情のハリケーンを作り出す

後にJournal of Neuroscienceに掲載されたテルアビブ大学の最近の研究によれば、十分に眠らない人は、日常生活を違った方法で知覚することが示されました。

頭が緑の球体の女性

この研究では、よく眠った夜の後にテストを受けた大人18人1グループの研究対象者と、その後寝ずに夜を過ごしたもう1組のグループを起用しました。 テストでは、「感情的にポジティブなもの(テディベアなど)」、または「感情的にネガティブなもの(切り裂かれた体)」、または「ニュートラルなもの(器具、椅子など)」の一連の写真を見せることを行いました 。

すべての参加者の脳波をモニタリングし、脳活動を観察しました。 そして彼らは、睡眠をとらなかった場合、参加者の脳は基本的に感情的にイメージを区別することができないと結論付けました。 ポジティブ、ネガティブ、ニュートラルのイメージに対する反応は基本的に同じでした。 研究者によると、このすべてが感情のコントロールの欠如を示しているのです。

非合理な、原始的な行動

カリフォルニア大学バークレー校による別の研究では、2時間以上の睡眠を失うことは、感情を規制する前頭前皮質に深刻な影響を与えることが明らかになりました。 その結果、睡眠不足は、より非合理的で、原始的な反応につながることがわかりました。

サイの背中から飛び降りる人

この研究の責任者であるマシュー・ウォーカー氏は、「睡眠不足は、精神的健康の重要な要素を規定する脳の仕組みを破壊する」と指摘しました。彼は睡眠は感情循環を回復させ、日々の課題に、より適当に直面することができると付け加えました。

ウォーカー氏はまた、ほとんどの人々は睡眠不足が鈍さと受動性につながると信じているが、それは実際には反対であると語りました。 十分に眠れていない人は、より受動的になるのではなく、むしろ60%がより反発的になりるのです。言い換えれば、より暴力的で制御不能になります。

睡眠不足の代償

睡眠不足はまた、他の問題を引き起こします。 あなたの感情のバランスが損なわれ、刺激に反応する能力が低下します。 これは、あなたがうまく眠れていないときは、事故に遭うリスクが高いことを意味します。 睡眠不足の間の運転は飲酒運転と同等であると推定されています。

さらに、思考パターンも睡眠不足により変化します。 情報を処理して意思決定を行うことははるかに難しくなります。 1つの研究によると、24時間のシフトを行う医療従事者の医療ミスが400%急増することを示しました。 また、必要以上に眠らない人は記憶の問題を引き起こす可能性があるとの結論に達しています。

女性の破片と鳥、木の枝

脳は、睡眠不足によって深刻な影響を受ける唯一のものではありません。 睡眠不足はまた、病気を発症する可能性を高めます。 例えば、免疫システムは睡眠不足の影響を受けるます。 また、睡眠不足が糖尿病、癌、肥満の発症に影響することを示すデータもあります。

このように、あなたが十分な睡眠を取っているかどうかを評価する価値はあります。 睡眠は誰もが気にかけ、保つべき貴重なものです。 間違いなく、精神における大きな柱の一つです。