子どもの問題行動を防ぐ7つの方法

2019年7月3日
予防よりも優れた方法はありません。しかし、子供の問題行動を防ぐには時間と労力が必要です。

子供や若者の問題行動は、多くの場合、親、教育者、教師にとってストレスの原因となります。直接経験していなくても、悪い行動や反抗的な態度は悩みの種になります。しかし幸いなことに、子供の問題行動は予防し修正することができるのです。

子供の問題行動の予防は時間と努力を必要とします。しかし、予防に献身的に取り込むことで、長い目で見て多くの時間を節約することができるでしょう。また、はるかに幸せで健康的な家庭生活につながるでしょう。

「子供たちを教育すれば、罰する必要はありません。」

-ピタゴラス-

子供の問題行動を防ぐための秘訣

子供や10代の若者はさまざまな理由で行動します。子供が何を望んでいるのか、なぜそのような行動をとるのかを理解しようとする事は、問題行動を防ぐための重要なステップです。

問題行動が発生する原因を突き止めて、それをどのように修復していくか考えることも重要です。それぞれの子供には異なるニーズがありますが、一般的に問題行動を防ぐのに役立ついくつかの対策があります。

子どもの問題行動を防ぐ7つの方法

健全な関係を築く

子供や若者と健康的な関係を持つことは、問題行動から遠ざけるのに役立ちます。愛され尊重されていると感じると子供たちはルールに従い、問題を起こさない傾向があります。

健康的な関係を築くために、大人は子供に多くの注意を払う必要があります。あらゆることについて彼らと話をし、冗談を言って一緒に笑うことが必要です。子供が悩みを打ち明けるときには、真剣になって耳を傾けてください。また、楽しいことを一緒にして、重要なことを決定する際には子供も参加させるべきです。子供との関係が強ければ強いほど、子供はただ耳を傾けるだけでなく、公正な規則に従おうという気持ちが高くなります。

こちらもご参考に:
10代の子どもと話し合うのは大変、でも必要不可欠

ルールと結果

最良の規則は、明確で正当なものです。正しく振る舞うことだけでなく、子供たちが自信を育てるのを助けるガイドラインとしても非常に役立ちます。子供たちは、これらの規則を使って自分たちに何が期待されているのかを正確に理解するべきです。

また、ルールを破った場合どんな結果が待っているのかは、前もって説明されるべきです。ルールを破った結果が復讐と同じではないということを知っておくことが重要です。結果はポジティブなものになるはずです。

適切な行動を教える

特定の状況でどうやって行動すべきか、子どもたちはその方法を知らないこともあります。したがって、特定の状況で何が起きているのかを分析することが重要です。子供は緊張しているでしょうか? ストレスを引き起こすような状況にどう反応するのか知っているでしょうか? 子供たちが自分で対処するのが困難な状況ではないでしょうか?

問題が特定されたら、子供たちに自分の感情を理解し管理するように教えることが重要です。行動する方法や社会的に受け入れられる方法があることを教えることも重要です。さらに、子供たちが自分の気持ちを理解したときには、よりよく振る舞う可能性が高いことを忘れないでください。

子どもの問題行動を防ぐ7つの方法

ルーティーンを確立する

自分のニーズや能力にふさわしい明確で整然としたルーティーンを持つことで、問題行動を抱えた子供に改善が見られます。勉強する時間、休む時間、スポーツをする時間、自分がしたいことがなんでもできる自由な時間、十分な食事時間が必要です。また、親も自由な時間を持てるよう、子供の睡眠スケジュールをしっかりと確立することが大切です。

子供たちが信頼していると大人と一緒に様々なことを楽しんだり、明確なルーティーンが確立されている場合、問題行動を起こすことが少なくなります。

ご存知でしたか?:
思春期の子供に手を差し伸べる方法

ポジティブになる

悪さをする時、子供の良い面がしばし見落とされがちです。子供たちの良い行いにも注意を払い、よくできたときにしっかりと褒めてあげることが大切です。子供たちを教育し、ガイドラインを与え、自尊心を高める良い方法になるでしょう。

何かを上手にした時、それを認めしっかりと褒めてあげなければなりません。それは物質的な報酬を意味するのではありません。笑顔、ハグ、褒めながらキス、あるいは単なるキスでさえも、その特定の行動を積極的に強化し、子供が何が許されることなのか理解するのを助けます。

問題行動を無視する

このテクニックはあなたが根絶したい問題行動を無視することです。うまくくことが多いですがすべてのケースに役立つわけではありません。問題行動によっては、即時な対応が必要なためです。

ネガティブな行動に反応するとき、私たちそれを強調し助長してしまいます。子供たちが問題行動を起こすとき、それはたいてい注目を集めたいからです。したがってそれらを無視することが大切です。なぜなら、最終的に子供は疲れてその行為を止めるからです。

問題は、このテクニックを適用し始めると、望ましくない行動が悪化する可能性があることです。効果を発揮しているうちに、問題行動をしっかりと修正することが大切です。また、ただ単に無視して終わらせるのではなく、代わりの行動を教えるなどして補完する必要があります。

携帯電話やビデオゲームの使用を制限する

携帯やビデオゲームを使いすぎると、若者の攻撃的な行動を助長する可能性があります。子どもをまわりの環境から隔離し、望ましくない行動だけでなく中毒性の行動も促します。

これは非常に敏感な問題なので成り行きに任せるべきではありません。責任を持って携帯やゲームを利用するように教えてください。こうすることで多くの問題行動を未然に防ぐことができます。

子どもの問題行動を防ぐ7つの方法

ストレス管理の重要性

問題行動を起こす子供たちには多くのストレスが見られます。とりわけ、疲労、過剰な刺激、過剰な仕事と責任、運動不足、そして自由時間の不足は、子供たちにストレスをもたらす可能性があります。

まわりの環境、特に両親や先生たちとの接し方によって、ストレスが増える場合があります。衝動をコントロールし感情を管理する方法を知っている大人に囲まれ、落ち着いた環境で育った子供たちは、それほど多くの問題行動を抱えていません。

  • Building the Brain’s “Air Traffic Control” System: How Early Experiences Shape the Development of Executive Function
    National Scientific Council on the Developing Child, Center on the Developing Child Harvard University
    Center on the Developing Child at Harvard University, vol. /Working p (2011) pp. 1-20
  • Effects of Authoritative Parental Control on Child Behavior
    Baumrind D
    Child Development, vol. 37, issue 4 (1966) p. 887