共感が関係を良くしてくれる理由

30 4月, 2018

愛する人と幸せでかけがえのない瞬間を過ごしている時、時計は動いていてもその時間は止まっているように思えます。それは良い日々や悪い日々を意味するものではありません。

しかし、大切な人とこのような時間を過ごすと私達は満たされます。一緒に過ごした時間を考えた時、大切な人からのハグは愛で満ち溢れ、心臓も愛情と一緒に鼓動していると感じるなら、その人はあなたの心に存在している人達です。

大切な人達は私達に愛されることや必要とされること、生きている実感を与えてくれます。そして、その間を繋げているものが共感です。今回はその共感がどのように関係を良くしてくれているのかを一緒に発見していきましょう。

私達の大切な人は共感を与えてくれます。この共感は私達や相手の中で何が起こっているのかを理解させてくれる感覚のようなものです。

また、共感は私達と周囲の世界を繋げてくれます。それは個人間で始まりますが、後に共有を与えてくれます。では、このテーマについての詳細を見ていきましょう。

バンダナの女性

共感はあなたの中で始まる

共感は自分自身のことをよく知ることが出来ると生まれます。自分の感情に気づくことが出来ると、自己制御が行えるようになっているのです。

また、特定の状況に対しての感情に気付くだけでなく、自分の感情に押し潰されるのを避けなければいけません。誰かに共感を与えたいのであれば、自分の気持ちに圧倒されてはいけないのです。

精神分析の精神科医で有名なフロイトは、「人は秘密を守ることが出来ない。なぜなら、人は口を閉ざしていても、指先で喋ったり、毛穴から裏切りが漏れることがあるからだ。」と述べました。

「誠実さや真の愛情を示す感情のシグナルを認識することは、私達が社会的な経験から得られるプレゼントです。」

作家のダニエル・ゴールマンが指摘したように、私達は共感を社会的な架け橋のようなものとして考えています。他人の経験と繋がる能力は、私達の人間関係を機械的にしないように保つのです。

お茶する三人の少女

共感が関係を良くする理由

カリフォルニア大学のロバート・レヴェンソンは恋人たちはお互いどのようなコミュニケーションとっているのかを研究しました。そして、その実験に参加したカップルには2つのタイプの会話がありました。1つはニュートラルなもの(「今日はどうだった?」など)、そしてもう一つは意見の不一致でした。

この実験の中で、レヴェンソンと彼のチームは心拍数や表情などの観察も行いました。そして、カップルがお互いの気持ちに共感した時、彼らの体はお互いをマネするように動いたのです。また、心拍数や表情も同じように一致したのです。

つまり、本当の共感がある状況では、感情的にお互いを模倣しているような状態なのです。そして、この一致や調和が関係の成功へのカギとなるのです。

コテージのカップル

自分を勇気づけてくれる人、理解してくれる人、そして自分も理解出来る人がいるということは素晴らしいことです。しかし、忘れてはいけないのは、その共感が私達の中で始まり、私達の感情を冒険することです。