犬の共感力にある治癒の力

· 2018年3月20日

科学はわたしたちの多くが知っていることをやっと証明してくれました。犬は共感することができるということです。は、人間の感情的な状況とすぐに繋がることができます。しかし実は、この興味深いコネクション以上の能力を犬は持ってます。慰めたい、感情的な不安や悲しみを和らげてあげたいという利他的な願望です。

1匹以上の犬を飼っている人なら、ロンドン大学における犬のヒーリングパワーに関する研究結果に同意してもらえると思います。わたしたちは湿った鼻と忠実なまなざしを向けるこの4足歩行の友達が、すぐにわたしたちの喜び、苦しみを感じ取ってくれることを知っています。あなたの手を舐めたり、お気に入りのおもちゃをあなたの足元に投げたり、笑顔が欲しいだけの愛情表現に満ちた子供のようにひざの上にのってきます。

「犬は天国にいないと思う?いいかい、わたしたちよりずっと前から犬は天国にいるよ。」

–ロバート・ルイス・スティーヴンソン–

犬にあるヒーリングの力

わたしたちのムードを読む素晴らしい能力、犬の共感力は、上記の研究によってさらに驚きの意味合いを持つことが明らかになりました。次のような例に見られます。

ベンジャミン・ステップさんは、美しいラブラドール・レトリバーのアーリーと暮らすイラク戦争の退役軍人です。この若者は外傷的な脳の傷をおっており、毎日足を動かなくさせる痛みの発作が突然起こります。

アーリーはこれらの発作が起こりそうなことを察し、はっきりとした目的をもってすぐに飼い主のところへ向かいます。 彼にサポート、愛を与え、不安を軽減し、呼吸をコントロールし、痛みができるだけ早く収まるようにするためです。2人の関係はとても興味深く、動物行動学者のNatalia Alburquerqueさんはこのケースを研究しています。

犬が体内の代謝の変化を「嗅ぎつける」ことができるのは知られています。例えば、体内の糖質レベルの低下、てんかんの発作、このケースで言えば痛みの表われなどです。

しかし、最も素晴らしいことは、これらの動物の忠実さと利他主義のこころです。お返しに何かもらおうとなんて期待していません。保護と忠誠の感覚が非常に高く、ちょっとした軽減や幸せを与えることで、犬は十分幸せと満足感を得るのです。

イヌと男性

犬の感情的な伝達は、共感力の原始的な形

動物界に特化している動物行動学者や心理学者は、とても重要な側面を指摘しています。人間の共感と犬の共感を同じように比べてはいけないということです。犬の共感は、「感情的伝達」を好みます。オタゴ大学の心理学者、Ted Ruffmanによれば、とても原始的な共感の形であり、3歳の子どもの共感力に相当すると考えることができるとしています。

共感はとても複雑な心理学的領域であり、とても洗練された認識プロセスが働いていることを考慮する必要があります。わたしたちがイヌの共感力について考えるとき、特に目に付くのはわたしたちの表情、声のトーン、人間の感情的な状態から影響を受けていることを読むことができる能力です。しかし、感情がネガティブな場合、犬は故意に姿勢を変え、助け、サポート、慰めを与えてくれます。

最後の面は、間違いなく専門家が興味をそそられるトピックです。犬が人間と強い絆を持つ理由は、私たちの先祖の時代にさかのぼります。人類が最も原始的な状態だった時のことです。エドワード・オズボーン・ウィルソン氏は、アメリカの動物行動学者・ 生物学者で、研究から導き出した面白い側面に関して説明しています。

イヌと花

犬と人間:古代の絆

人間は、古代からとても親密な感情的絆を犬を築いています。生き延びることが最優先だった時代からです。ウィルソン博士の説によると、犬を持つ社会的グループに属していた人間は、そうでないグループに比べ、生存の確率が高いことがわかりました。

1匹以上の犬を持つことは、もっと自然とそのサイクルとのコンタクトを持つことを意味します。また、生き延びるための資源をもっと見つけることができることを意味します。水、狩るべき動物、食べられる植物などです。このような関係を見ることができる洞窟の絵画も多く発見されています。

古代の時代から、相棒としてこのような動物もをっていることは、満足感を与え、生物学的自然との絆を形成しました。

犬の目を見つめることで脳が愛情、ケア、親密さを促進するホルモンであるオキシトシンを分泌することがわかっています。

この古代からのコンスタントな関係は、犬がわたしたちの感情をすぐに感じ取り、人間は犬を社会グループのメンバーとして認めるという洗練された関係を強めました。犬の共感力は、わたしたちを常に取り巻く現実なのです。

犬と人間の壁画

犬を一瞥するだけで笑顔になる

わたしたちの犬は、力を抜くように言いません。仕事を変えるべきだとも言いません。パートナーにもう一度チャンスを与えるべきとか、いいことよりトラブルを引き起こす友達から距離を置くべきだとかも言いません。何かを提案してくることはありません。あなたのどんな決断も判断したり非難することもありません。あなたの犬の唯一の目的は「そこにいること」です。何も求めずできる限りのことを与えてくれます。犬の共感の最も素晴らしい証です。

不思議に感じるかもしれませんが、わたしたちの祖先と暮らしていた時から、犬はずっとこのようにしてきたのです。ヨーロッパの狩猟採集者が食料を求めてやってきた最も大人しいオオカミの子どもたちを飼いならしてからずっとです。この素晴らしい関係の中で、彼らはわたしたちの仲間になり、わたしたちは彼らの仲間になりました。だから、犬に目を向けると笑顔にならずにはいられないのです。

お互いを認識し、お互いの本能がポジティブな感情を生み出すために交流します。彼らは過去の同盟で、今ではヒーリング的な味方です。平穏をもたらし、笑顔を運び、わたしたちの体内のエンドルフィンとオキシトシンを活性化させ、さびしさを軽減し、痛みの感覚を和らげます。

最後に、犬の感情的パワーやその共感力を信じない人はかなり誤解しています。この4足歩行の匿名のヒーローからわたしたちはかなり助けてもらっています。盲導犬、障害を抱えた子どもや日々サポートを必要をするお年寄りを助ける介助犬、そしてわたしたちの家族に欠かせない素晴らしい愛すべき友人です。

 

「僕に寄りかかって」:ベラとジョージの素敵な物語