天職をみつけるための5つのカギ

2020年7月16日
天職をみつけることは、クオリティオブライフに大きく影響する要素のひとつです。

自分の天職をみつけたいという思いは、常に人の心の中にあるようです。幼い頃から子ども達は、「大きくなったら」何になりたいか考えます。学校を卒業する時が決断の時ですが、自分が何をしたいか分かっていない子どもの方が多いでしょう。

自分が何をしたいかはっきりさせることの難しさに、労働市場の圧力が加わります。自分の好みや関心について考えるだけでなく、今ある様々な仕事の特徴についてもきちんと考えなければなりません。

それだけでなく、複数の仕事に興味を持っていて、何に焦点を当てるべきかわからないこともあります

そしてこのために、たくさんの興味の中からどれを選び、どれを捨てるべきか決めるのが難しくなります。今回の記事では、天職をみつけるため、あるいは見直すために役立つ5つのツールやストラテジーをご紹介します。

「仕事は、人生の柱である」

-フリードリヒ・ニーチェ-

天職

天職をみつけるための5つのカギ

1.自分を知ること

天職をみつけるのに役立つ要素に自分を知ることがあります。これには仕事で行うタスクと自発的に行う活動の類似性が関係します。

例えば、お金に興味がある人、あるいは投資などうまくお金を稼ぐ方法を求める人がいます。ここでこの人が行っているのは、管理です。そこで、経営者や銀行員が選択肢に入ってくるでしょう。では、苦しみに特に敏感で、痛みを緩和したいと願う人はどうでしょう。このような人は、医療従事者になるといいかもしれません。

天職を知るためには、当然自分が好きなことを分析する必要があります自分をよく知ることから始めましょう。自発的な行動や傾向の中で、人生においてどれが優勢か分析してみましょう。

2.集中力の高さ

自分の仕事や関心を測る上で間違いない指標の一つが、特定の作業を行う時の集中力です。言い換えると、それ以外の世界が存在しないかのように感じる物事をみつけたのであれば、きっとそれがあなたの天職でしょう。

その反対も起こりえます。例えば、集中できず、始めたばかりなのにやめてしまいたいと感じることがあります。これはつまりあなたの天職ではないということです。しかし、疲れも関係してきます。好きなことであっても、興味がもてない日もあるものです。

3.鋭い勘:天職のカギ

それがいかに関単にできるかということも、あなたの天職を示すカギになります。特定の分野や課題に対し、優れた勘をもつ人がいます。そしてタスクを行う時、すべてが自然と流れるように感じます。

これは単に仕事ができるということではないようです。活動の真髄をとらえ、気楽さをもちつつ、大きな妨げがない状態です。これは、あなたの考えと遂行されるべきタスクの間に親和力があることを意味します

4.自動的

天職に関するもうひとつの間違いないサインは、その分野に関し自発的に知りたいと感じることです。頼まれることなく、また必要性がなくてもより詳しくなるよう努力します。そして答えを見つけると、また自分で疑問点を探し続けます。

興味は、その分野におけるあなたの本当の関心を示します。自然と自分から調べたい、読みたい、知りたいと思う分野や課題を意識することが重要です。あなたの天職はその分野の中にあるかもしれません。

5.疲労感

疲れは大きく関係してきます前にも触れたように、特定の物事を行う時、時間が経つのが速く感じることがあります。一方で、他のことをしている時は時間がなかなか進みません。

同様に、活動によってはすぐに疲れを感じやすいものがあります。異常に疲れるのであれば、その仕事はあなたに向いていないのかもしれません。特定の物事に何時間も費やすことができるのであれば、それはあなたの天職だと考えられます。

天職を見つけることにより、平穏や幸福をもたらすことが重要です。天職によって人生が満たされます。また成功の機会も高まります。

多くの人が、1日何時間も仕事に費やしています。そのため、天職をみつけることが非常に大切なのです!

Sánchez, J. E. G. (2011). El cine y la vocación profesional. Cuadernos de Bioética, 22(3), 543-556.