子どもの集中力を高める食べ物6つ

· 2019年3月7日

脳を最大限に機能させるために、必要とされる栄養を摂ることは欠かせません。子どもの脳には食べ物がより重要です。子どもとなると、脳の機能性だけでなく、脳の発達にも影響があるからです。潜在能力を発揮するために、子どもの集中力を高める食べ物についてお話しましょう。

集中力が欠ける原因は多数あります。ひとつは、疲労です。疲れている時、人は集中しづらく、注意(集中)を持続することができません。ストレスやエネルギー不足も原因で、人が集中する能力の決定要因になります。体のバランスを整え、精神の集中を促す食べ物があります。一例を次にご紹介します。

「食物を薬とし、薬を食物としよう。」

-ヒポクラテス-

 

子どもの集中力を高める食べ物

バナナ

フルーツ全般は子どもやあらゆる年齢の人にお勧めです。柔らかいものが多く、未加工、低カロリー、食物繊維と水分が豊富です。また、味も様々です。中でも、脳のエネルギー源として完璧ですばらしいのが、バナナです。

バナナには、カリウムやマンガンが多く含まれます。これらは、良い食生活のカギです。さらに、ノルエピネフリンやセロトニンを促すビタミンB6が豊富であると、トーマス・クラークソン・コミュニティカレッジの調査で明らかになりました。この2つの神経伝達物質は、集中において非常に重要な役割を果たします。

 

ピーナッツバター

一般的に、ナッツ類は体に良いものです。ピーナッツ、特にピーナッツバターは強力な抗酸化作用をもつビタミンEが豊富だということが分かっています(ただし、全て適量が基本。ナッツ類は高カロリーです)。

抗酸化作用は、神経を保護し、神経間の接続の形成を促進します。さらに、ピーナッツの脂肪はチアミンを豊富に含みます。チアミンは、中枢神経系の発達や機能を促す、もう一つの物質です。集中しやすくしてくれます。

 

ヨーグルト

一般的に、子どもはヨーグルトが大好きです。子どもの集中力を高めるのに良い食べ物のひとつです。また、注意力にも貢献する、とクリーブランド・クリニックの研究で発表されています。

ヨーグルトは、アミノ酸の一種であるチロシンが豊富で、注意力に極めて重要な2つの神経伝達物質、ドーパミンとノルエピネフリンの生成を促します。また、適切に記憶する機能にも大きく役立ちます。

集中力を高めるヨーグルト

卵は、良い食生活に必要な栄養を多く含むため、スーパーフードと呼ばれています。中でも一番は、代謝を適切に機能させる9つの必須アミノ酸が含まれていることです。

さらに、記憶と集中に必要な2つの栄養素、ルテインとコリンが豊富です。それに加え、たんぱく源、エネルギー源でもあります。そのため、子どもの発達、成長に、卵が重要なのです。

 

オーツ麦

オーツ麦は、どんな年代の人にも欠かせない食物のひとつです。満腹感が得られるだけでなく、大きなエネルギー源になります。食物繊維に富み、カリウムや亜鉛も多く含まれます。

さらに、ビタミンE、ビタミンB群も豊富です。どちらも子どもの集中を促します。脳に欠かせない栄養で、認知活動に必要なものです。

オーツ麦

チョコレート

チョコレートを我慢できる子どもはいないでしょう。チョコレートは美味しいだけでなく、エネルギーを高め、もちろん、脳機能を促進します

一日一杯のホットチョコレートは、脳への血流促進につながるという研究結果をオハイオ州立大学が出しました。記憶や集中を促進します。ダークチョコレート、ビターチョコレートの方が良いですが、少しの甘さは差し障りないでしょう。

これらはすべて子どもにとって素晴らしい食べ物です。一番嬉しいのは、どれもおいしくて子どもに良いことです。今日から、子どもの食生活に加えましょう!