30分の沈黙と孤独の効果

06 4月, 2018

モチベーションを保ち、本物で居続けるには、孤独、沈黙、遮断が必要です。それは、リセットボタンを押すような感覚です。わたしたちの人生のピース一つ一つが意味をなすように、一緒によりフィットするようにします。

孤独は、人をより良く理解し、優先順位や個人的なゴールを決めるための精神的な明瞭さを与えてくれます。

 

有名なジャストランペット奏者で作曲家のマイルス・デイヴィスは、彼の卓越したオリジナリティレベルに到達したいと思っている若いミュージシャンに次ようなアドバイスをしました。沈黙が存在しなければ、今の音楽はなかった。若者たちが忘れることのできないアドバイスです。

「人の価値は、その人が耐えられる孤独によってはかられる。」
-フリードリヒ・ニーチェ-

ディヴィスは、人生は楽譜のように、アクティビティーの時間と孤独・沈黙・内省の時間が一緒になってリズムを見つけると伝えました。そうして初めて自分の中にインスピレーションとメロディーを見つけることができます。沈黙がなければ決して聞こえなかったメロディーです。

間違いなく賢いアドバイスです。しかし、論理的に思えるかもしれませんが、わたしたちは効果的に実践することができていません。わたしたちの現代社会では、孤独はたくさん存在するのに、 孤独の時間(本物で健全なもの)はごく稀です。

ここでお話ししているのは、我々が今日生きている活発性過度、生産過度、刺激過度の世界です。仕事をし、テクノロジーにつながっていて、課題をこなし、目標を達成し、他人を満足させ、環境のノイズに没頭します。

この絶え間ない音やアクティビティーは、それらが生み出す不安やわたしたちから奪った時間にメリットを及ぼしてはくれません。

わたしたちの人間関係は幸福より孤独感を増すこともあるということを考えれば、毎年鬱や類似した病気が毎年増えていることが理解できるかと思います…

コーヒーカップの中の森

脳にいい孤独の時間

まず初めに、重要な事実をお伝えします。孤独はわれわれにとっていいもので、肉体的・心理的健康を回復してくれます。

しかし、これらの孤独や隔離の時間が、その後世界との繋がりにつながるものである場合のみ言えることです。その音、リズム、色、感覚、重要な社会関係などです。

人は、完全な永遠の孤独に生きるようにできていません。この代表的な例は、ミネアポリスにあるオーフィールド研究所の無響室です。

このスペースでは、異なる団体が自社製品の音を研究しています。電話、バイク、洗濯機などです。極端に静かなこの部屋では、99.99%の音が鉄とファイバーガラスの壁に吸収されます。心理学的実験もここでは行われます。

平均して、30分以上無響室に入れた人はいません。だいたい、パニックを起こして出てきます。空っぽで苦しい静けさに耐えられないからです。

極端に静かなため、自分の心臓の音や血流が聞こえると言います。わたしたちの脳はこれに慣れていません。わたしたちの本能、遺伝子的なプログラミングに反しています。

結局、わたしたちは環境とのつながりが必要な社会的生き物です。刺激が欠落するとパニックを起こします。

完全な隔離はネガティブな影響も及ぼしますが、時折のコントロールされた孤独はたくさんのメリットがあります。科学者によれば、一日の中に散りばめられた孤独の時間は「電気ショック」のようなもので、再スタートし、エネルギー、意味、インスピレーションを取り戻すことができます。

無響室

孤独の時間を決めて健康的メリットを得る

私たちは、自立を好み、活動過剰の文化的規範に従い強める社会に生きています。新しいテクノロジーは、わたしたちが他人とつながることをより容易にしています。

わたしたちの街は、人口過多になってきています。人工的な光の下で過ごす時間がますます増えています。都合よくできるものがたくさんあるため、運動することが減ってきています。

医者、神経学者、心理学者は、100年前と比べわたしたちの脳がかなり違って配線されているとみています。たくさんのソースから一日の中で刺激をかなり受けます。この感覚的なカオスをどうにかするよう強制されています。

必要なのは落ち着くことです。沈黙と孤独が時には必要です。そうすることで、情報の洪水を統合できます。自分の人生の意味を見つけられます。

崩れる男性

しかし、孤独がなぜいいのか理解できず、恐れる人すらいます。自分の思考と一人でいることが、無響室に30分いることと同じくらい怖いものに思えるのです。

自分の体の音が無響室で聞こえるように、孤独の時間は自分の存在の空虚感を感じさせるかもしれません

もっと快適な場所でも、孤独は自分の恐怖、苦しみ、不安のもつれに気づかせます。

勇気を出しましょう。毎日孤独の時間を作りましょう。自分自身とクリアな思考でコーヒーを楽しみましょう。不安の潮が満ちるのをゆるし、何がされるべきかを見てみましょう。セルフケアとして、孤独の時間をつくりましょう。