クッキングセラピー:その効果とは

2019年5月13日

これは、体にエネルギーを与えるために食べ物を口にするだけの話ではありません。料理には、ストレスと不安を軽減してくれる力があります。料理にはどんな効果があるか知りたいですか?テレビの料理番組やオンラインのレシピを考えれば、料理は手が届きやすくなりました。準備をしながら、料理の技術やチームとしてどう協力するかを学びます。しかし、なぜ料理が癒しになり得るのでしょうか?

料理と創造力

1週間分すべての食事を計画したとします。突然、火曜日、作ろうと思っていた料理の材料が足りないことに気づきます。しまった!材料を手に入れる時間はありますか?ご近所さんから借りることは出来ますか?ここで解決策を提案しましょう。創造的になってください

作ろうとしている料理は、自分が思い描いているもの通りにはいかないかもしれません。あるいは、初めて作った時には塩の量を間違えてしまうかもしれません。しかし、食材を合わせて、食感や味で遊んでみることは、脳にとってとても良いことなのです。

躓きだと思っていたことが、機会に変わります。計画をぎりぎりで変更することで、革新的になる機会を得ます。想像力を解き放って、創造的になってください。これによって、より決断力がつき、統制して、効率的になれます。新しい能力がたくさんですね!

自分のコンフォートゾーンから出て、その場の流れに身を任せることで、自分にもっと自信が持てます。 

カップケーキ
料理で成長する

料理は、忍耐を試してもくれます。どんなに急いでいても時間がかかり、その事実を変えることは出来ません。望む結果を得るために、待って必要なだけの時間をかけなくてはいけません。

筋肉の動きと感覚的意識も必要になります。つまり、自分の感覚を使わなくてはいけません。嗅覚、味覚、視覚から、料理過程のどこにあるか、必要であればどう正していくかを考えます。

小麦粉をこねるとき、手の感覚も使います。オーブンの中のものがキツネ色になっているか確認するために、視覚を利用します。そのため、感覚的な統合は、料理に置いて必要な部分です。これは、今という瞬間に集中することでもあります。

料理は協力とコミュニケーション

グループで料理をすることは、楽しく得るものも大きいでしょう。例えば、仕事でうまく統制が取れていないときに、家族で料理することは癒しとなります。また、独立して物事を行うことに慣れている人は、理解を示して、寛大でいることを学べます。

仕事を分けることは、人生の様々な分野の基本です。家事、仕事のプロジェクト、友達とのパーティーでもそうです。良い交渉スキルを持っていることが重要です。

料理は、個々の役割が目標にたどり着くためにどれだけ重要であるかということを教えてくれます。つまらないものはありません。すべてが重要です。どんな人も、料理をする過程に関わります。

腕
料理と鬱や不安症

メンタルヘルスの専門家は、鬱、不安症、ストレスを抱える患者に対して料理を勧めます。一から料理の仕方を学ぶ人もいるでしょう。どんなステップも逃さないよう先生の指示に従ったり、たくさんの料理の技を身につけることで、問題から頭を切り離すことができます。

自分の病気ではなく、料理に集中します。セラピーといって台所を思い浮かべる人はあまりいないため、「心理的な援助」に対する別の視点を見せてくれます。料理は、認知行動療法の効果的な方法でもあります

料理は学び

何歳になっても、学びには終わりがありません。神経回路を活性化させればさせるほど、アルツハイマーのような退行性の病気になる可能性が軽減されます料理をして、健康を維持しましょう!

新しい食べ物について学び、新しい調理法を使って、友達や家族のレシピを試して、新しい料理を生み出して…どれも脳を活性化させてくれます。これらの利点に加えて、料理は人を一つにしてくれる素晴らしい方法でもあります。