クリエイティブな人だけがわかる7つのこと

· 2017年10月25日

自分はとてもクリエイティブな人間だと思っていますか?そのせいで他の人と違うように感じていますか?心配しないでください。それはごく当たり前のことです。神経科学によって、クリエイティブな人は脳がユニークに配線されており、そのため他の人と違うように考え行動していることが証明されました。

ここで正直になりましょう。– 創造力はとても素晴らしい才能です。ただ、他の人と交流するときにその才能が問題になる場合があります。クリエイティブな人は、自分の小さな世界に取り残された全く異なる人間であるかのように、自分がおかしいと感じる瞬間を経験するかもしれません。

私たちを変えようとする人が私たちを理解してくれたらどんなにいいでしょう。

クリエイティブな人の見方を理解できないひとは、それを違う目で見るきっかけにしてください。

そしてもっと理解されたいと思っているクリエイティブな人もそのまま読み進めてみてください。

 

クリエイティブな人の特徴

クリエイティブな人はユニークなレンズで世界を見ています。それぞれ異なるレンズですが、そこには共通の特徴や姿勢などが見られます。

好奇心旺盛で考えることをやめない

私たちの精神は興味でいっぱいです。常にインスピレーションを得ています。貪欲な探求心は、もっと新しいものを見つけ、すでに知っているものは改善させてたいと思わせます。何をしているかに関わらず、私たちの心は止まることはありません。 そのため、ボーとしてしまったり、新しいプランを練るのに夢中になってしまったりします。

アートな男性

ルールに従うことが苦手

自分で時間と仕事をコントロールするクリエイティブな精神を持っている人にとって、ルールは道にできた大きなこぶです。クリエイティブな人は常に現状に挑戦し、なぜ野心を限定してしまう規範に従わなくてはいかないのかと疑問を投げかけます。反抗心はクリエイティブな人の特徴です。それこそが彼らの人生を再定義してくれるからです。

 

時々一人になる必要がある

クリエイティブな人には、孤独を楽しみ、自分の考えに耽る時間が必要です。そうやって自分をチャージし、人生や決断を振り返ります。

自己反省は、いいパフォーマンスをしたり、問題を解決したり、より良いアイディアを得るために必要です。孤独と沈黙はクリエイティブな精神を養ってくれます。

 

お金より情熱

クリエイティブな人は、自分の心に正直です。他の人が言うこと考えることとは関係なく、情熱を追い求めます。クリエイティブな人たちにとってお金より情熱が大事だということを、ほとんどの人は理解できません。クリエイティブな魂を養ってくれない仕事なら、たとえ給料が良くてもしたくありません。お金では満たされないのです。そのため、クリエイティブな人は無責任と思われがちです。

自分が「すべき」ことに縛られたくないと思うことは、その人が無知で子供っぽいからではない、ということを人は理解できません。むしろ、縛られたくないと思うことは勇気があります。

電球

ムードが安定しない

クリエイティブな人にはダークな面があります。ムードが変わりやすいためです。落ち着かない精神の中で起こることによってムードは左右されます。創造力はクリエイティブな人を敏感にさせます。高い感度があるがために素晴らしいものを作り出すことができますが、それは苦しみの原因でもあります。

 

直感的で勇敢、リスクも恐れない

クリエイティブな人たちは本能的に行動します。彼らはとても直感的です。そのため、リスクをかけ、新しいものにトライし、新しい人に出会うことを好みます。

リスクにはたくさんの機会があります。新しいアイディアや可能性への道を開いてくれます。学ぶ機会や得る機会は、リスクをしのぐものです。ただ、それは他の人にとってはそれほど当たり前のことではありません。

「想像力は才能ではない。動作方法だ。」
-ジョン・クリーズ-

機会は自分たちで作り出す

クリエイティブな人にとって、待機やルーティーンの余地はありません。欲しいものがなければ探すまでです。寝る時間を惜しんででも、愛する人と過ごす時間を放棄してでも、義務を後回しにしてでも構いません。クリエイティブな人はコミュニストではありません。常に新しい感覚・経験を求め、こころを新鮮に保つのです。