対立の恐怖:恐怖によって自分の擁護ができないとき

· 2018年8月14日

対立を恐れる人は、黙っていることを選びます。そして、対立を避けて平和に生きるのに「過ぎ去るのを待つのがベスト」だと思い込みます。しかし、対立を避けたりすると、不快感、いらだち、それ以上に尊厳の喪失が積み重なっていく状況になります。

 

恐怖は、進化の機能を全うします。つまり、恐怖は生き延びるための助けであり、危険に俊敏に反応することができます。しかし、現代社会の問題は生き残りを脅かす捕食者に直面することがないということです。 脅威は現実的ではなくなり、もはやただの恐怖症です。それはわたしたちの成長、社会的・感情的安定を制限します。

精神分析医のスケジュールは、対立の恐怖を抱える人で溢れかえっています。このデータは多くの人を驚かせるかもしれません。しかし、これが現実です。こういった人の思考は、「怒らせるかもしれないからこれは言わないほうがいいかも」「傷つけちゃうかもしれないから言わない」「この人がしたことを正しく思わないというのをどうやって伝えたらいいかわからない」などの言葉に現れます。

極度の不安の境界線の上を生きるのは、人生とは呼べません。行動しないことで起こった不公平を生きることは健全ではないのです。気に入らないものに反応し自分の権利を守ることは、幸せと健康の基本です。時に対立を受け入れ、効果的に対応することで成長できます。

対立の恐怖を抱く人は、沈黙したまま怒りといらだちで少しずつ世界をいっぱいにします。痛みを飲み下し、屈してこのような感情が起こることを許します。最後まで、遅すぎると気づくまでです。最終的には、風船が自分の手の中で爆発します。

ボトル

対立の恐怖を抱える人:恐怖の裏にあるものとは?

時期を得た時に引き下がると、対立を回避できると言います。これは理解できるし、良い結果をもたらしてくれるということもわかります。しかし、常に引き下がっていることはほとんどの場合適切な反応ではありません。不平等があったり、自分を擁護する能力に影響を及ぼしかねない場合は特にそうです。常に回避することは、ゆっくりと自分を苦しみのサイクルやひどい保護壁の中に自身を引き込んでしまいます。

気づかないうちに、好ましくない状況を受け入れてしまいます。そのような状況に力を与え、個人的な境界がコーヒーの中の砂糖のように溶けるのを許してしまうのです。対立の恐怖を抱える人は、臨床的なまたは健康的な問題を抱えています。これを改善するために専門家の助けを求めることも多いようです。いらだちがあまりにもつのって肉体的な問題を引き起こすことすらあります(筋肉の痛み、消化問題、潰瘍、節々の痛みなど)。言うまでもなく、不安症障害などの精神障害も発症しがちです。

対立への恐怖の原因を特定することは容易ではありません。しかし、いくつか共通の特徴があります。それらをご紹介します。

  • 心の知能を欠いている人たち。(自分の感情が理解できない。感情を隠そうとする。アサーティブネスや社会能力に欠ける。)
  • 考えや感情を本気で表現することで、他人との関係を失うことを怖がる。正直さを脅威と見なして、そのせいで誰かを失うかもしれないと考える。
  • 自分自身の社会的イメージを異常に心配する。間違いや意見の不一致を嫌う。
  • 対立があるとき、いつも回避するわけではないが、多くの場合、自分が責任を取って調和を崩さないようにする。
  • 誰とでも仲良くできることに注力するお手本を演じるようになる
    ジャンプ

対立に関する考えを変えることが重要

戦場を視覚化するために、「対立」という言葉を口に出してみてください。言葉が飛び交いぶつかり合う敵意に溢れた環境です。意見の不一致は侮辱です。違いは大きな距離を生み出します。しかし、これではすべてを失ってしまう可能性があります。状況を変えて、この考え方に対して新しい見方をすることが重要です。

意見恐怖の人は、いくつか理解しなければいけないことがあります。まず、対立はポジティブな結果を生み出すことがあるということです。対立を解決した時、アイデンティティーと自尊心に影響を及ぼします。人間関係や毎日体験する社会的な状況を改善します。対立とはどんなシチュエーションでも起こりえることを覚えておいてください。パートナー、子ども、同僚など様々です…

対立を避けていては、受け身でいることに徹するか、自分の社会的な役割を捨てるかいずれかです。どうお互いに理解し、会話し、問題を解決し、自分のニーズを満たすために交渉するのかを学ばなくてはいけません。こうすることは悪いことではありません。ただし、努力、忍耐、適切な社会的スキルのトレーニング、アンガーマネジメント、自己認識を必要とします。問題を解決して、幸せを手に入れるため人生と向き合いましょう。