なぜ人と話すことに疲れるのか

15 11月, 2018

人と話すことに疲れていませんか?社交の場は時間の無駄だと思いますか?あなたにとって、人と繋がりをもつことは難しいですか?答えがイエスであれば、是非この記事を読んでみてください。ここで、人と話す時なぜ疲れるのかを解説していきます。

人と話すのが苦手であること=問題ではありません。その人の性格により、話好き、またはそうでない人がいます。必ずしも、そこに心理学的問題が隠れているわけではありません。人前で話すことが恐いという悩みを抱える人がいますが、それとは別の話です。すべてに関連性があるわけではありません。

人と話すこと、話しかけることが難しい心の障害も存在します。例えば、うつや不安障害を抱える人は、社交の場を苦手とします。また、彼らにとって人と関係を築くことは非常に困難です。

 

人と話すことに疲れる理由

なぜ、人と話すことにより疲れを感じるのでしょうか?

頭痛

世の中には、様々な性格の人がいます。その分類の方法もたくさんあります。内向的と言う言葉を聞いたことがありますか?人は、皆、内向的な部分をもっています。100%内向的という人は存在せず、100%外向的な人もいません。人は、内向的か外向的かというものではなく、その程度がどのくらいかと表す方が適切だといえるでしょう。

「人と話すのが苦手であること=問題ではない。その人の性格により、話好き、またはそうでない人がいて良いのだ。そこに、必ずしも心理学的問題が隠れているわけではない。」

 

内向的・外交的

内向的や外交的という表現は、性格を表す良く知られた表現です。個人がどの程度内なる生活を楽しむかを表します。内向的な人は、少人数のグループを好みます。プレッシャーを感じることなしに自分のペースで感情を表現したがります。

その反対が外向的な人です。ここで忘れてはならないのが、皆、内向的な部分と外向的な部分をもちあわせているということです。異なるのは、その程度です。どんなに社交的な人でも、人と話したくない日はあるものです。人との会話により、疲れを感じることもあります。

また、内向的な人の脳は、人と話すことに多くのエネルギーを要します。そのため、疲れを感じることがあるのです。人と話すことが困難なわけではなく、脳が創造性、内省、反映、分析などを優先します

そのため、内向的な人は社交的な時間と一人の時間を交互にもつと良いと専門家は言います。また、そうであっても良いと理解しておくことが重要です。

「内向的な人は、内に目を向ける傾向がある。それが原因で、人と話すことに疲れを感じることもある。」

 

気分やモチベーション不足

あまり社会的になれないのは、気分やモチベーション不足が原因かもしれません。例えば、落ち込んでいる時は、人との関わりや仕事、家事などを負担に感じます。

このような時、人と話したくないのは当然です。自分がこのような状態にある時、人と話すことで楽にはならず、誰も助けてはくれないと考えてしまうためです。自分の時間が奪われるだけだとさえ感じます。

「落ち込んでいる時、モチベーションが上がらない時、人と話すことに疲れやすい。」

矛盾するようですが、人と話すことで気分が高まることもあります。これには、ちょっとしたポイントがあります。話す人を選ぶことです。自己中心的で、自分の悩みばかり話す人は避けた方が良いでしょう。それにより、あなたの気分が良くなることはなく、ネガティブな思いが増すだけです。

人と話す

 

時間を共に過ごす人を選ぶ

人に話すことに疲れるもう一つの理由も、気分に関係があります。自分の思いを誰に話して良いか分からず、不安になっているのかもしれません。落ち込んでいる時、社交的な活動に参加したり、集中することが難しくなることも覚えておくべきです。あなたの気分は、人とつながること、話すことに大きく影響します

「自分の悩みばかり話す人とは、コミュニケーションがとりづらい。このような人は、人の話を聞くのではなく、自分の感情を人の肩に載せようとする。」

最後に、人と話すことにより疲れることもありますが、生きる上で、人と話すことは欠かせません。人は社交的な生き物で、孤独は孤独を呼ぶのみです

できることがあるとすれば、話す人を注意深く選ぶことです。例えば、内向的な人が、いつも外向的な人といるとします。この場合、社交の場で積極的であることが「強いられる」ため、あまり気が進むものではないでしょう。