思春期ー反抗的な10代の子供をもつ親へ7つのアドバイス

2019年2月19日

思春期は、人の成長にとても重要な時期で、アイデンティティの基礎を築く時でもあります。思春期の子どもが自律していくプロセスを受け入れられない、または、しぶしぶ受け入れるという家族が多くあります。子供はいつまでも子供だと考えているのです。

一方で、ティーンエージャーは、自分には力があり、主導権を握ることができると考える傾向があり、「家族を遮断」しようとします。これは、独立や自律における道で、止めることができないものです(Lamas, 2007)。しかし、この道には石がたくさん転がっていることもあり、また、自律への思いにより、反抗的になることもあります。

こうした中で、思春期の子どもと家族の間に摩擦が生じることがよくあります。この期間に、子どもは、自分の不快感を家族のせいにします。不満を抱え、人と理性的に関わることが難しくなります。

ここで、ティーンエージャーが人生における自分の場所を見つけるのを、家族が助けることが重要です。子どもが外の世界との関係を築けるよう、効果的な方法を見つける手助けをしましょう。思春期の子どもが複雑になっていくばかりの世界と関わろうとする時、そこにはまだ子供な部分もたくさん残っていることを大人は忘れることがあります。しかし、私達は彼らを子どもとして扱うべきではなく、まさにそこに難しさがあるのです。

 

子どもに寄り添う

やり方をひとりで見つけたいという興味から、思春期の子どもは少し変わった行動をします。彼らは、少しずつ開こうとしている世界における、自分の場所を探しているのです。この年齢では、外の環境とどう付き合ったらよいか、彼らはまだ知らないということを忘れてはいけません。自分が迷子であるかのような感覚を覚えつつも、助けを求めないのは、一生懸命到達しようとしている自律へ妥協することになる、と思っているためです。

子どもは、家庭の戦略に対応して「製作済み」の思春期の子どもになることもあれば、突然、教わったものから逃げ出し、自分のアイデンティティを求めようとすることもあります。このプロセスで、子どもに寄り添うことは、ティーンエージャーが子どもから大人への階段を上るために欠かせません。このプロセスに家族が関わろうとしなければ、ティーンエージャーは反抗的な態度を示すでしょう。

「問題のないティーンエージャーがいる;それは単純に苦しみながら成長した子供たちだ。」

思春期の息子と母

家族の構成と思春期

思春期の問題の継続と起源に対する家族の影響を見る時、反抗的な思春期についてのFishman(フィッシュマン)の記述がよく使われます(Lamas 2007)。境界線や制限の曖昧な家族で育つと、反抗的な子どもに育ちます。これは、お互いの関係がとても密接な家族で、見られる状況です。

このタイプの家族は、皆が皆をよく知っています。制限が曖昧だということは、外からのアドバイスを家族が良く聞くことを意味します。この家族構成の特性である上下関係の低さが問題を悪化させ、子どもが家族の中で力を持ちます

時に、ティーンエージャーは不満に過剰な怒りをもって反応したり、仲間やパートナーとの関係を築くと、それは情熱、激しい恋、嫉妬、別れに満ち、そして最後には大々的な和解を成し遂げるようなものになります。この不満への狭量が、反抗的で対抗的なティーンエージャーを生むのです

様々な学習理論、特に行動学習において、健康的でうまく反応できる思春期の子どもを育てるには、幼少期に成功だけでなく、チャレンジや不満を経験することが一番良いということが分かっています。親が目標を達成させない、不満を知らないような子どもを育てると、それは自己中心的なモンスターを育てていることになります。ただ自分であるだけで、何でも手に入れる権利があると考えるようになります。これが、時に、反抗的なティーンエージャーを作るのです。

けんか

 

より多く=より良い、ではない

このタイプの子育ては、核家族で増えています。子どもにすべてを与えることが、より良い両親だと思い込んでいますが、これほど事実からかけ離れた誤解はありません。子どものために何でもしてあげる状況で育った子どもは、思春期になった時、私達が求める新たな要求を理解できず、問題視されるようなわがままな子どもになるかもしれません

「若い人はいつも同じ問題を抱えている;どうしたら反抗的でいながら従うことが出来るのか、ということだ。」

-クエンティン・クリスプ-

 

子どもとつながる

これからご紹介する7つのアドバイスは、ある種の「専門的なアドバイス」をおくることが目的ではありません。むしろ、親が子ども、ティーンエージャーとつながる方法を探し、結びつくことを応援するのが目的です。すべてのアドバイスが、同じ家族や同じ思春期の子どもに効果的なわけでもなければ、同じ子どもや家族に同じように応用できるというわけでもありません。そこで、個人の状況にあったアドバイスの応用法を考えなければならないのです。

思春期の娘と母

まず、思春期の息子や娘とポジティブな関係であれば、ポジティブな効果を得るのも簡単です。しかし、アドバイスを正しく使わなければ、この影響はネガティブにもなりえます。忘れてはいけないのが、ポジティブな関係ではないからといって、遅すぎることはない、ということです。挑戦し、関係を築きましょう。そのためには、子どもの興味やクセを知っておかなければなりません。これが、子どもとつながる方法です。シンプルに言うと、私達は、彼らの世界を歩き、そのためには、その世界がどうあるかを理解する必要があるのです。

 

あなたを助ける7つのアドバイス

反抗的なティーンエージャーと向き合うのに役立つ、一般的な7つのアイデアを見ていきましょう。

  • ルールを作る。家族で一緒に暮らすには、ルールが必要で、それは守られる必要があります。また、ルールを守らなかった時どうなるかを子どもが理解することも重要です。
  • 時間とエネルギーを費やす。子どもの育て方を良くするためです。これができれば、問題になる状況を解決するチャンスが増えるでしょう。
  • 決断はかたく、説教は練習しておく。例を挙げ、それに従うチャンスを与えましょう。
  • 比較をさける。兄弟や友達との比較は、自己概念を傷つけ、それにより、反抗的になります。
  • 不必要なプレッシャーをさける。ティーンエージャーに自分のゴールをもたせるべきです。大人はその決断に寄り添い、また、自分が若いころ果たせなかったゴールのためにプレッシャーをかけてはいけません。
  • 子どもは完璧でないことを受け入れる。子どもが何か間違ったことをしたのであれば、それが親の心を痛めたり子供を守ってやりたくなるようなときでも、結果を受け入れさせなければなりません。
  • 誠実でいる。普段子どもにあまり使っていないのが、誠意です。家族は階層であるため、ティーンエージャーと向き合う時、最も効果的なテクニックを無視してしまいがちなのです。

 

ただティーンエージャーと過ごす

まとめると、思春期の子どもは、疑い深く、ナイーブで、希望に満ち、無関心で、コミュニケーションを取りたいけれど閉鎖的で注意深く、リスクをおそれません。多くのティーンエージャーが様々な色合いを併せ持った矛盾だらけの存在です。そのため、私たちを混乱させるのです。

ティーンエージャー

自分の社会的なイメージを多くの子どもが気にしています。これを直接的に示すか、自分は人の意見を気にしないと主張しようとします。子ども達は、私達の助けに感謝しますが、彼らがもっとも求めているのは、私達の信頼と、ミスをしても良いというチャンスです。これらをすべて含め、子どもを心配したり理解することより、ただ子どものために、そこにいることが重要なのです。

思春期の子ども達は、教えることはとても難しくみえるが、それが上手くいけば、その教えは一生ものである。

Barkley, R. A., & Benton, C. M. (2000). Your Defiant Teen: 10 Tips to Resolve Conflict and Build a Better Relationship with your Child (Vol. 48). Planet Group (GBS).

Céspedes, A. (2007). Children with Tantrums, defiant teenagers. How to best manage behavior disorders in children (5th ed.). Santiago de Chile: Unlimited SA.

González Barrón, R., Montoya Castilla, I., Casullo, M. M., & Bernabéu Verdú, J. (2002). Relationship Between Styles and Strategies for Psychological Well-being in Adolescents. Psicothema, 14 (2).

Lamas, C. (2007). Understanding Problematic Adolescence. Revista Redes, 18, 63-85.

Quiroga, S., Paradiso, L., Cryan, G., Auguste, L., & Zaga, D. (2004). A Therapeutic Approach for Pre-Teens with Problematic Behavior: Challenging Negativist Disorder and Dissocial Disorder. In the 11th Research Conference. School of Psychology, University of Buenos Aires.

Quiroga, S. E., & Cryan, G. (2007). Manifestations of Violence in High-risk Adolescents. The 14th Research Conference and Third Meeting of Researchers in Psychology of Mercosur, School of Psychology, University of Buenos Aires.

Rizo Ruiz, A. B. (2014). Cognitive-behavioral Intervention in a Case of Defiant Negativist Disorder in a Teenager. Journal of Clinical Psychology with Children and Adolescents.

Selekman, M. (1996). Open Roads for Change: Brief Therapy Solutions for Adolescents with Problems. Editorial GEDISA.