人生の展望を変えるポジティブな言葉を使おう

2019年4月7日

ポジティブな言葉を使うことは人生を変えてくれます。他人とのコミュニケーションや関係を改善するだけでなく、自分自身の世界の見方にも影響します。さらに、物事の感じ方を変え、幸せの道を歩けるようにする潜在的な力を秘めています。

人は、日々の生活で気に障ることについて文句を言ったり非難したりしがちです。寒かったり、雨が降っていたり、列に並ばなくてはいけなかったり、食べ物が気に入らなかったり、いろいろです。こういった意味で、人はすべてのエネルギーを嫌いなものに注ぎすぎています。物事のネガティブな部分に注目して、一日を楽しむことを難しくしています。

しかし、ポジティブな言葉を使えば、その可能性が開けて、脳にも良い影響があります。ポジティブなメッセージを脳に送り込むと、脳は不快な発言を受けるときと異なる反応を見せます。だから、ポジティブな思考を持っていれば、幸せな人生を送れる可能性は高まります。

ポジティブな言葉の力

言葉には力があります。気分に速攻の影響を及ぼして、精神や心に一生残ることもあります。例えば、誰かが自分をすごく幸せにしてくれる言葉をかけてくれた時のことを考えてみてください。どれだけ良い気分になれたか今でも覚えているはずです。 さて、自分が気にいらならいような言葉を誰かがかけてきたときのことを考えてみてください。悲しみや怒りの感覚は消えずに残りますよね。

ルイス・カステラノスは、ポジティブな言葉の研究の先駆者です。毎日の生活に神経科学の発見を応用しました。そういった意味で、彼は人の人生に素晴らしい変化を起こす、革新的な方法、ツール、実践的な解決策を作り出せる人だと言えます。

スマイル

主なツールとして、彼は核磁気共鳴画像法と脳波検査を通じて得た臨床実験の結果を利用します。この研究を通じて、脳のシナプスの接続が、ポジティブな言葉を使ったときとネガティブな言葉を使ったときでどんな反応の違いを見せるか観察することができます。さらにルイス・カステラノスは、教育におけるポジティブな言葉の影響も証明しています。

ポジティブな言葉を使うための5つの指針

次に、ポジティブな言葉の力を人生に応用するための5つのカギをご紹介します。早速見ていきましょう。

言葉を調整する

まず、話しかけている人に自分は何を伝えたいのか知りましょう。それを伝える時には、ネガティブで、軽蔑的で、屈辱的な言葉を使ってはいけません。

相手の人が適切にふるまっていないなら、非難したり気持ちを傷つけたりせずに、ポジティブに伝えることができます。もう一度やってみるように提案し、努力に感謝している旨を伝えましょう。「全部間違ってる」や「お前は馬鹿だ」などは口にしてはいけません。どんな人も人間で、敬意を払われるべきです。

気分を変える

やる気を出してくれるような言葉(喜び、優しさ、発見、感謝、幸せ、笑顔)を書き出して、自分の感情を制御する必要があるときには声に出して読みましょう。これを実践すると気分が向上します。

笑顔の女性

重要なことは、訓練で言葉を調節できるようになることです。結果として、ポジティブにコミュニケーションすることが習慣になります。さらに、経験している感情に気づくようになることで、それをもっと簡単に適切に表現する方法を見つける助けになります。

ネガティブな分類を避ける

誰かに「まぬけ」、「使えないやつ」などのレッテルを貼ることは、相手の自己認識に直接的な影響を及ぼします。他人に言われたことを信じ始めた結果、自分のことをそのように認識し始めることが人にはあります。

「レッテルとは、おしゃべりな人が考えるのを節約するための道具だ。」

-ジョン・モーリー-

レッテルは、人が他人に抱く判断を条件づけます。未来に達成できるかもしれない目標まで条件づけてしまうこともあります。もし誰かにレッテルと貼りたいと思っても、しないでください。それでもどうしようもなくする必要がある場合は、ポジティブに行いましょう。

感情を通してコミュニケーションする

ちょうどお話ししたことに関係しています。自分自身の感情を意識している必要があるだけでなく、他人の感情を意識することも重要です。相手の感情に興味を示すだけでも、相手の気分を向上させて、彼らの自分自身への感情を改善することが出来ます。結果、相手は夢を達成して新しい挑戦を乗り越える力を得ます。

言葉があれば、人を笑わせたり、笑顔にしたり、泣かせたり、叫ばせたり、苦しめたりすることができます。自分の人生への見方や他人の人生の見方を改善するためにも、ポジティブな言葉を使いましょう。

ポジティブな言葉と楽観主義

ポジティブな言葉は、人の良いところを引き出します。ポジティブに話すことで、どうしようもないような状況でも少し気分を改善できます。さらに、ポジティブな言葉を日々の生活に組み込むことで、世界の認識の仕方がポジティブに変わります。

カステラノスが言うように、すべての人が良い人生を送って良いストーリー持つ機会を与えられるべきです。より良い未来、心の健康を手に入れるための一番のツールが言葉です。だから、自分自身や他人にかける言葉には気をつけなくてはいけません。

「言葉。それはとても強力である。心を砕くことも、癒すこともできる。辱めることも、自由にすることもできる。夢を砕くことも、夢に力を与えることもできる。つながりを破壊することも、作ることもできる。防御壁をつくることも、それをとかすこともできる。言葉は賢く使わなくてはいけない。」

-ジェフ・ブラウン-