立ち止まること:不快感に耳を傾ける

2018年5月2日

不快感を感じたときに立ち止まることは非常に難しい場合があります。それが不快なら、解決策を求めずに感じていることについて考えるのは無駄だと思います。

そして、わたしたちは不快感を聞く必要も、認識する必要も、受け入れる必要もないかのようにふるまいます。かわりに、隠してしまうか押し込めてしまいます。辛い感情を受け入れられないからです。

感情はこっそり忍び込んでスペースをとるということを忘れてしまいます。音を出さないかもしれませんが、たくさんの情報が含まれています。それに耳を傾けることは、自分を認識しより良く知るための助けになります。

 

覚えていておいてください。感情にいいも悪いもありません。世界のありがたみを感じ、自分自身であるためには、どの感情も必要です。

でも、自分の感情に耳を傾けることを学ぶことは、無条件で起こることを受け入れることを意味します。何も誰も非難できず、今を生きることを学ばなければいけません。

どれも簡単ではありません。だから、不快感を受け入れ、今を生きるためにマインドフルネスをツールとして利用する方法を紹介します。

抜け出せない難しい状況は、それを乗り越えるわたしたちの能力を試しているだけです。

感情はあなたの一部、感情に耳を傾け認めて

感情に耳を傾け、受け入れ、認めることは、現実に屈することではありません。屈するということは、負けることを許すということです。起こっていることに対して自分は何もできないと自分に思い込ませることです。

 

逆に、感じていることを受け入れ認めることは、起こっていることを理解する助けになります。それを感じ、自分の感情宇宙の一部として受け入れます。

チェック柄シャツ

こうすることで、自分の思考、感情、内面の言語の力を意識するようになります。わたしたちが言うことや考えることはすべて(誰か相手に伝えるかどうかは別にして)起こっていること自体よりわたしたちに害になり得ます。事実、このダメージは感じていることを拒否するときに増幅します。

自分の不快感に耳を傾けることがどれだけメリットのあることか驚くと思います。カウンセリングで患者に感情に注意を払うようにいうと、多くの場合顕著な変化が見られます。

例えば、不安症を感じたときにそれを止めようとすることをやめた患者がいます。それから、不安症は子どもの死による痛みから来ていたものだと気づきます。その原因がわかった時、不安症の発作は減り、最終的になくなったのです。

感情が隠している知恵は、それに耳を傾け不快感に注意を払った瞬間に現れます。

不安症に適用されたことは、ネガティブな感情を処理するのにも役立ちます。悲しみや怒りなどです。これらの感情と共存するのは難しいですが、感情はこのようにしてはなし、わたしたちは耳を傾けなくてはいけません。

シンプルなアイディアを紹介します。痛みを伴う感情と共に過ごしてください。すぐに消し去ろうとするのではなく、感情のメッセージに耳を傾けてください。 それでいっぱいいっぱいになったら、専門家の助けを得てください。

聞くことと受け入れることのツールとしてのマインドフルネス

自分に耳を傾け不快感を受け入れるためのシンプルな方法のひとつは、マインドフルネスにあります。自分の感情に耳を傾けるのは、自分の精神を観察するともっと簡単です。だから、瞬間瞬間に考えていることに気づくのは、そうしなければ気づかなかった感情の詳細を理解する助けになります。

ヨガ

それが観察の力です。もっと気を付けて観察したら、自分の経験の詳細にもっと注意を払うはずです。わたしたちの聞く力を利用するときです。

だから、考え、感じ、感知することを観察することが重要です。それに、この観察をいかすためには、自分の前に現れるかもしれない経験に流されることなく行うことが必要です。その為には、次の方法を試してください。

  • 出発・合流ポイントとしての呼吸呼吸は自分がいる瞬間に意識を持っていく最も簡単な方法です。マインドフルネスを行う際には、呼吸にフォーカスすることは必要不可欠です。数秒フォーカスを失い、思考に躓くこともあるかもしれません。しかし、呼吸に戻ることで今に意識を戻すことができます。
  • 何かがよくなる間にはすべてが悪くなる。感情に耳を傾け、起こっていることを受け入れることで、不快感は増すかもしれません。でも、その低迷期は続きません。きちんと行えば、良くなるまでに時間はかかりません。
  • きちんと自分の体を知るためによく精査する。わたしたちのにはたくさんの情報が含まれています。自分の感覚や緊張を意識することで、自分をよりよく知り、感情を開放します。
  • 自分と経験にやさしくなる。自分に対して最悪の判断をしがちです。わたしたちはすべてのネガティブな経験を非難することで感情を増幅させます。起こったことは良くも悪くもありません。受け入れ手放すことは、経験の一部です。非難することは助けにはなりません。

不快感を与える考え、感情、感覚を無視するのをやめるためのツールを学びました。これを使えば、ネガティブな感情を避けようとすることで不快感を養うことなく生きていけるはずです。

不快感と痛みが伝えようとしていることに耳を傾けて下さい。それには乗り越えるためのカギがあります。不快感と痛みから学んでください。