恋人との関係が上手く秘訣とは?

03 1月, 2020
長く続く幸せで満足できる関係には、運が大切だと思いますか?実は、他にも私たちがコントロールできる要素が色々あります。それが何なのか、この記事で見ていきましょう。

上手くいっているカップルを見ると、多くの人がその二人はラッキーだったんだと考えます。ですが、必ずしもそうとは限りません。恋愛も最初の内は簡単です。それほどの愛情も献身も必要ないと言えるでしょう。しかし、最初の情熱的なステージはそう長くは続かないもので、関係が上手くいくためには努力が必要なのです。

長く続く関係を保っているカップルの間には、関係を満足できるものにしてくれる共通の特徴、習慣、パターンが存在するようです。

一つ目を引くのが、長い関係にある人々はより健康的であるということでしょう。多くの研究が、幸せな関係を保っている人々は長生きし、心臓病の割合が低く、独身者や離婚者と比べてガン生存率も高いと証明しています。

これには、上手く機能しているカップルに見られる、お互いのケアが関係しているようです。つまり、長く一緒にいても愛情をキープして、お互いをケアしあうことが出来ているカップルです。どのすればそれが可能なのでしょう?恋愛関係をうまく続けることは、実は私たちが思うより簡単なのでしょうか?健全な恋愛関係に共通してみられる特徴について、ここで深く見ていきましょう。

良いコミュニケーション

関係を終わらせてしまう多くの問題の原因となるのが、コミュニケーション不足です。だからこそ、はっきりと気持ちを伝えあうコミュニケーションが大切です。これは独話でも、批判でも、欲しいものや必要なもの、希望するものをただ繰り返すことでもありません。はっきりと気持ちを伝えあうコミュニケーションは、双方向であるときにだけ可能になるものです。

結局のところ、離婚の60%以上がコミュニケーション不足が原因で起こるものなのです。関係を上手く機能させるには、コミュニケーション上での敬意と相手を理解しようとする姿勢が求められます。

この意味で、自分自身を的確に表現すること、良い態度でパートナーの話を聞くこと、そしてパートナーを理解するために最善を尽くすことは、人生の様々な側面に共通する良いコミュニケーションの特徴の例です。

恋人 関係

健全な関係を保つカップルが持っているのは、共通の趣味だけではない

ほとんどのカップルにとって終焉を決定づけるのが、共依存です。これが健全な関係の要素になり得ないことには、疑いの余地がありません。関係を上手く続けることとは、それぞれの情熱、興味、関心を保ち続けることです。チームワークを大切にしながらも、同時にそれぞれの個人のエッセンスを保つことなのです。

お互いが個人のスペースと時間を持ち、それを尊重しあうことは、必要不可欠な要素です。もしもそれぞれが独自の生活をもっていないと、二人の関係にプラスとなる要素が無くなってしまいます。恋愛関係とは、必要以上に執着したり相手に息苦しい思いをさせることなく、愛し合って素敵な時間を共有することです。

二人で一緒に楽しめることを見つける一方で、自分だけで楽しめることも忘れないようにしましょう。自分自身にも目を向けるのです。あなたのキャリア、創造性、個人の興味は、どれも大事なものです。お互いが相手の功績を認識して評価し、お互いのスペースを尊重しなければなりません。

良い性生活の重要性

近年、カップルの性生活と幸福度についてのある研究が行われました。被験者の数は3万人以上で、定期的にセックスがあるカップルは満足度も高いという結果が出ています。

また、セックス以外の体での愛情表現も、関係が上手くいくか否かの決定要因であることが分りました。手を握る、抱きしめる、キスするなどと言った、大切にされていて愛されていると感じられるジェスチャーが大切なのです。

恋人 関係

公平な責任分担

使い古された言い回しの繰り返しのように感じますよね。しかし、責任と権利のバランスが取れないカップルは、悲惨な別れを経験する傾向にあります。このようなカップルは、片方が相手の責任を背負うようになり、パートナーではなく親になったような感覚になってしまいます。

お互いをケアするとは、まさにお互いの責任と権利を確立してそれを尊重することです。関係を機能させるには、バランスが必要不可欠な要素であるということを思い出してください。二人の関係はどちらにも公平であるべきで、だからこそ中間点を見つけることがとても大切なのです。

関係を機能させることは、意見の相違を尊重すること

時にパートナーと意見が合わないのは普通のことです。共存はいつも完ぺきとは限りません。誰かと関係にある時には、自分らしくいることも大切です。自分のエッセンスを失わないためにも、時にパートナーと意見が相違することは良いことなのです。

成功の秘訣とは、いつもパートナーと同じように考えることではありません。正直なところ、それはほぼ不可能です。私たちはみんな違っているもので、だからこそ、違う意見を尊重することが最善の方法です。お互いが注意深く相手に耳を傾け、お互いの立場に立って考えなければなりません。

自らの感情に責任を持ち、それをうまく管理することを学びましょう。パートナーの意見を尊重することに加えて、自らのコントロールが出来ていて、感情的知能があることを示すことが出来ます。もちろん、これは双方向でなければなりません。もし片方が努力していなければ、もう一方が必死になっても意味がないのです。

  • Carr, D., Freedman, V. A., Cornman, J. C., & Schwarz, N. (2014). Happy Marriage, Happy Life? Marital Quality and Subjective Well-Being in Later Life. Journal of marriage and the family, 76(5), 930–948. doi:10.1111/jomf.12133
  • Lavner, J. A., Karney, B. R., & Bradbury, T. N. (2016). Does Couples’ Communication Predict Marital Satisfaction, or Does Marital Satisfaction Predict Communication?. Journal of marriage and the family, 78(3), 680–694. doi:10.1111/jomf.12301
  • Grover, Sean (2019) How to Make Love Last. Why do some couples remain madly in love, while others see love fade fast from their relationship? Recuperado de http://www.seangrover.com/how-to-make-love-last/