頻繁なセックスでよりよい交際を

· 2018年9月20日

頻繁にセックスするカップルは、愛情と忠誠を育てます。頻繁にセックスするともっと安定した関係が築けるということを示している研究もあります。この現象には2人の間の相性が関係しています。

頻繁にセックスすると、カップルは純粋に科学的に親密になることがわかっています。興奮状態やオーガズムの際に脳が分泌するオキシトシンのお陰で、カップルはお互いをより近く感じます。ドイツのボン大学の研究によれば、このホルモンは恋人とのふれあいを促進するそうです。セックスによって、オキシトシンのレベルも上がり、感情的な関係を高め、誠実でいるための絆を強めます。

 

オキシトシンを愛と愛着のホルモン、と呼ぶのも納得できますね。セックス専門家のホセラ・ランダロイタハウレギ(Joserra Landarroitajauregi)氏は、「進化のお陰で、絆にとって重要であるこのホルモンが生まれました。出産や授乳では母親と子どもの関係を強め、性的な快感では恋人同士のつながりを育てます。」と言います。

「セックスが人生で最も大事なことでなかったら、天才など生まれない。」
–チェーザレ・パヴェーゼ-

幸せなカップル

頻繁にセックスしたほうがよい?

様々な西洋の国の調査によれば、一般的なカップルは週に2,3回セックスするといいます。セックスが頻繁で満足のいくものであればあるほど、感情的な絆が強まり、お互いにコミットします。

専門家は、セックスには3つの基本的機能があると考えています。エロス、生殖、コミュニケーションです。セックスが頻繁な関係のほうが良いというわけではありませんが、性的な親密性によって愛着と愛が高まります。セックスは、快楽を生み出すだけではないんです。相手との親密さを求める感情を高めるんです。

「エロチシズムは、自己認識の基本的な方法だ。」
-アナイス・ニン-

情熱だけの愛では、関係はいつか終わってしまう

頻繁で満足のいくセックスに関してお話してきました。これによって、感情的な絆と安定した関係を続けるコミットメントを強めます。しかし、セックスと情熱だけが素晴らしいカップルを生み出すのではありません。

セックスは恋愛関係の基本的な柱のひとつですが、すべてではありません。お互いの尊敬も必要です。尊敬は、どんな人間関係に置いても中心となる要素です。しかし、特に恋人関係においては、機能するために最も重要な要素のひとつです。

ハグ

健全で、刺激があり、満足のいく喜びにあふれた関係のためには、お互いへの敬意が必要です。親密感とこの感情によって、ユニークで偽りのない絆が生まれます。この絆が、他の人間関係にはない欲望やニーズを満たしてくれます。

ロマンチックな関係におけるほかの基本的な柱は、会話とコミュニケーションです。パートナーとの良い会話には敬意が必要です。アクティブリスニングを心がけましょう。個人的な批判や文句は避けるほうが無難です。さらに、会話に大事なのは誠実さです。自分にもパートナーにも誠実にいましょう。

さらに、自分の個人的な興味より2人の関係を大切にすることも重要です。しかし、自分のアイデンティティーを犠牲にしてはいけません。性的な関係は、頻繁に行って満足のいくものにすべきです。同じようにコミュニケーションや会話も同じくらい重要です。この2つを合わせたら、健全な恋愛関係のレシピの出来上がりです。